• 気になる建物 カテゴリーの一覧

2016年02月04日(木) 記事No.1311
以前からずっと気になっていて去年の12月に初めて入った大衆食堂

私が外食をするのは家内が弁当を作らない日だけなのでめったにないし

大抵は冷凍うどんを自分で作って食べている


行こうとするのは昼ごはんを食べそびれた時にその場所を通った時だけ

そして、昼飯代が財布に入っているのが条件

たまたま条件が合った時に店の前を通りかかった

昼の時間帯を過ぎていたので他の客は2人だけで食べ終わっていた

そこでオムライスを注文した

20分くらい待ってやっと出てきた

なんと遅いなあと思いながらオムライスを食べたら美味い

これなら遅くても文句ない

それから2週間後、今度はカツ丼を注文した

10分も待たないうちに出てきた

味付けは悪くはないが

肝心のカツが・・・たぶんレンジチンか?

大体カツがこんなに早く揚がるはずがない


それでもオムライスは美味しかった訳だし

今度はなにか他のものをたべてみようかと思いながら

通るのだが、いつもシャッターが降りている

大衆食堂0204

料理を作っていたのは年輩の人だったので体でも悪くしたのかもしれない


この大衆食堂だが、交差点の角にあって、そつの無い建て方をしている

屋根瓦がセメント瓦でなく日本瓦なら、もっと風情があるのにもったいない


にほんブログ村

気になる建物 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年04月17日(金) 記事No.867
今日は葬式で丹原へ行く途中の

川沿いの道で電車の踏切で止まった

ふと見ると

屋根に太陽光発電が

太陽光0417


あまりにもひどい景観

たぶん後から付けたのだろうが

そこまで景観を犠牲にして付けたかったのだろうか?


こちらはすぐ近くの太陽光発電

太陽光20417

まあ許せる範囲だが




太陽光発電は付けて決してきれいな物では無い

しかし、どうしても付けたいのなら

トータルのデザインを考えないと

ぶざまなものになる



家相でいう便所や車庫のように

便所や車庫は良い位置がない

悪いかそうでないかだ

だから悪くない所に配置する



太陽光発電ありきで考えると

パネルに合うデザインは考えられる

トータルデザインができる専門家に任せるべきだな


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
気になる建物 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2014年11月13日(木) 記事No.621
伊予三島の国道11号線沿いに古くからあるレストラン グリーングラス

初めて行ったのは18歳の運転免許を取り立ての時

父親の軽トラを借りて、高校時代の友人とドライブをした時だった

三島公園へ行く途中、きれいな建物だなあと思っていて、帰りに寄った

当時大学の建築学科の学生だった私は

こんな建物を設計したいと憧れた

あれから40年余り経つが今もって健在だ

デザインは少しも古さを感じさせない

最後に入ったのは、もう20年くらい前になる

今度は寄ってみよう



グリーングラス1113



この当時にいいなあと思った建物がもう一つある

新居浜市の市役所通りにあったイブ・ハタダ

菓子店舗と併設してレストランがあり

今の自分にはこんな設計は出来ないなあと憧れて

いつかはこんなすてきな建物を設計したいと思った



残念ながら今は取り壊されて空き地になっている





にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
気になる建物 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2014年11月07日(金) 記事No.612
この建物は数年前まで洋服屋だった

学生服を扱っていたから

商売としては成り立っていたと思う

年をとって引退したのだろう

その後、売ったのか

それとも貸したのかは分からないが

壁を白く塗ってしまった

カニを専門で売る店になったのだが

2、3年で閉めてしまった

残ったのは白く塗った外壁だ

実は白く塗っている下には大谷石があり

経年変化でよい風合いを出していた

それが軒先の青い釉薬瓦と微妙にマッチしていた

あれだけの風合いを出していた大谷石にペンキを塗るべきではなかった

大谷石は世界の近代建築家3大巨匠であるフランクロイド・ライトが

日本での作品の外壁に好んで使っていた材料だ

旧帝国ホテルや旧山邑邸の外壁材に使っていた

ただ、吸湿性が高いため

旧山邑邸ではカビがよく生えて掃除が大変だと言っていた

それはともかくとして、外装に失敗した例だと思う

古くなった素材の美しさを安易に消さないでも

方法はあったはずだ

残念なことに、この美しい外壁が消滅した

まさに覆水盆に返らずのたとえ通りだ

白い部分が年月を経た大谷石だと想像してほしい

なぜこのような暴挙に出たのだろうか?

おそらく設計者はいなかったのだろう

工事発注者と工事業者に美的感覚がなかったせいだ

うさぎ屋跡1106




にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
気になる建物 |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2014年11月06日(木) 記事No.611
以前から近くを通るたびに

気になっていた煉瓦造りの

たぶん倉庫跡だろう

年月が煉瓦を風化させてよい感じになっている

昭和初期に建てられたものだろうか

再生してワインバーにでもしたい

田舎でその需要があるかどうかだが

三浦綿業煉瓦倉庫1103



こちらも年月は経っている

昔はふとんを作っていた作業場跡だ

壁はブロック造で屋根はスレート

ブロックやスレートの素材でも

年月がよい風合いを出している

これだけ古いとスレートには

間違いなくアスベストが入っているだろう

煉瓦倉庫がワインバーなら

こちらはお洒落なレストランに変身できる

どこかに腕のよいイタリアンのシェフがいないかな

構造補強に金はかかるが

経年が醸し出す本物の雰囲気は

新築では出すことができない

三浦綿業工場跡1103




敷地内の民家だが

たぶん昭和初期に大工だった祖父が建てたと思う

途中で改修をしている

窓をアルミサッシに入れ替えたかな

木製窓の方が雰囲気はよいのだが

台風の時に雨が吹き付けると不便だから

サッシにしてしまうんだねえ

028.jpg




にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
気になる建物 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2014年11月04日(火) 記事No.606
ずっと前から西条へ行く時に通る道から見ていた

ずっと気になっていた古い事務所跡

外壁は小波鉄板で屋根はルーフデッキの

金のかかっていない事務所跡

新築時はたぶん

単に安作りの建物だったのだろう

何十年前からあるのか分からないが

風化することによって美しさが出てきた

フォルムがなかなかよい

特に屋根勾配の具合がよい

事務所跡1103


再生してみたいと思うが

構造的に無理なような気がする

崩壊寸前かな?

これをただの古く汚い建物と思うか

美しいと思うかは

人それぞれだが

私はこの古い建物を見て

美しいと感じる人をクライアントにしたい

工業地域の古い事務所跡1103


再生するにはコストパフォーマンスは低いが

通る度に、ええなあと思う

構造体さえしっかりしていれば

再生したい建物だ



偶然だが▽と似ている

決して影響を受けたのではありませんから

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
気になる建物 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2014年11月01日(土) 記事No.601
私が小学生の頃に行っていた散髪屋

店を閉めて何十年か経つ

なかなか味のある建物

本物の素材を使っているから古くても味わいがでてくる

今の、特に住宅はどこを見ても個性のないものだらけ


トンボ1030




にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
気になる建物 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2014年10月31日(金) 記事No.599
近所に古くからある建物で

私が小学生の頃は1階は下駄屋だった

昭和初期の建築かな

屋根は半切妻で菊間瓦だろう

壁は塗り壁で窓枠は漆喰、木製の上げ下げ窓

1階はともかくとして、2階部分は味わいのある建物だ

いずれ壊されるのがもったいない

再生してみたい


下駄屋11030



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
気になる建物 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |