• リフォームとリノベーション カテゴリーの一覧

2017年03月06日(月) 記事No.1629
最初に和室の床をリフォームして、開け閉めが困難な建具の調整と一部敷居の入れ替え

そしてガラスをアクリル板に入れ替えをしています

これでずいぶんと住みやすくなります

建具


次にぼよぼよしていた廊下の床を一部張り替えて手すりを付けます

ビフォー
廊下現況

アフター
廊下手すり引き戸

次に便所の床と入り口ドアを引き戸へと入り口の段差解消、そして壊れている便器の取り替え

ビフォー
便所床現況

アフター
便所床

ビフォー
便器現況

アフター
便器

ビフォー
便所現況

アフター
便所手すり2

便所手すり

当初はここまでの予定でしたが、玄関ホールの床も追加で工事

ビフォー
玄関ホール現況

アフター
027.jpg


市役所からの補助金は手すりと便所の床だけが対象になりました

要介護のレベルで床の段差解消や引き戸なども対象になりますが、今回は除外されました

少しの補助金をもらうのに手間がかかります


このような改修工事はほとんどリフォーム屋さんがしていますが

粗利益を結構とるので建築士事務所が設計監理と補助金手続きをして

良心的な工事業者で施工をした方が安くてよい改修ができます


にほんブログ村
リフォームとリノベーション |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年02月21日(火) 記事No.1604
今回の依頼は80歳を過ぎたお年よりの夫婦が2人で暮らしている家のリフォーム

県外で暮らしている息子さんからの依頼で

定年退職で実家に帰れるまでの間、両親が住みやすいように

出来るだけ予算を抑えてリフォームをしたいとのこと


築50年以上は経っているので

ご両親が主に過ごしている和室の床と廊下の床がボコボコしている

10年くらい前にトイレの便器をウォシュレットに替えたけど壊れているので

和室の床と廊下の床、トイレの床の段差解消と便器の取り替え

和室からトイレへ行く廊下の手すりの取り付けとトイレの手すりの取り付け

ガタガタになっている建具の調整がご要望


おそらくは数年で建て替えられるので予算を抑えたい

なので、今回はデザインではなく実用重視の低予算リフォーム

家を見て、全体をリノベーションしたいなあ

という願望はあるけど、建築主さんの要望が全て

ご両親は2人とも軽い認知症があるので、なかなか難しいかなあと思っていたら

工事期間中、ご両親は介護施設で預かっていただけたので

生活をしながらのリフォームよりは工事が捗る


まずは和室から

ボロボロになったタタミを除けて床板を剥ぐと

案の定シロアリに食われている

和室改修工事20211

昔の家の大引きと根太はタイコ丸太を使用していた

和室改修工事10211

シロアリに食われている所を取り除き補強をして

レベル調整して針葉樹合板に張り替える

現在シロアリはいないけど、シロアリ防除をしますか?と聞いてみたが

何年かだけ生活が出来ればよいとのことなので

工事費が上がるのを止めて防腐剤処理にした

和室床板0216

そしてタタミを新調して、入り口の引き戸がひどい状態だったので

ガラスを軽いアクリル板に交換して敷居の一部を取り替えて和室部分は完成

和室タタミ敷き後0220

これから廊下に取りかかる


にほんブログ村
バナーの写真はリビングとキッチンをリフォームした別の家

リフォームとリノベーション |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年02月04日(木) 記事No.1312
5日前に家内の実家の外回りの掃除に行った時に

亡くなっている家内の両親と祖父に線香をあげようと家に入って

蛍光灯を点けたまま消し忘れていた

近くの親戚から電話がかかってきて思い出した

それで蛍光灯を消しに行った

こうやって見ると屋根は日本瓦で外壁は白ペンキが剥げている

実家0204


なかなか風情があって、何となく擬洋風を思わせる

古くなった外壁に白ペンキを塗って、それが剥げているだけだが

こんな風なイメージが今風に流行っていて

ダメージ加工された家具や印刷された壁紙を好む人がいる

実家の外壁0204


私に余分な金があるならリノベーションをしてみたい建物だ




家内からずっと言われている大きな樫の木

大きくなりすぎて近所に迷惑がかかるので切ってほしいと

樫0204


まだ草も生えているし、きれいにするにはまだまだの状態

それよりこんな大きな樫の木、私1人じゃ手に負えないよ


にほんブログ村
リフォームとリノベーション |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年02月01日(月) 記事No.1308
梅のつぼみが綻び始めた2月1日

梅0201


予ねてから思っていたことに取りかかった

創業当時から外壁に取り付けていた箱文字の看板はアルファベットなので

これでは何をしている所か分からない

当時はそれでよいと思っていた

入り口には建築士法で義務づけられているステンレスの表示板で

ようやく建築設計事務所と分かる

しかし、住宅を建築しようとする人は設計事務所に直接依頼が来る場合は少ない

ハウスメーカーもしくは工務店に行く人がほとんどで、なかなか認知されていない

新聞折り込み広告や地方情報紙などはハウスメーカーや工務店の広告で溢れている

しかしここには設計事務所の広告はほとんど皆無


まずは近隣の人に知ってもらおう



そんな折に助け船が現れた

以前からお世話になっている先輩に誘われて去年の暮れに忘年会をした

ひょっと仕事場にやってきて、2人で忘年会をしようとご馳走になった時のこと

「あれじゃあ、何をしとるのか分からんぞ」と先輩

「分かるような看板をしたいんですけど看板代がないもので・・・」

「わしが余った材料で看板を作ってやるけんプランを考えて見ろよ」と暖かいお言葉を頂いた

年が明けて先輩に催促を促されて作ってみた

それをメールで送り、余っているアクリル板の寸法に収まるように修正してくれたのがこれ

実はかなり文章がカットされているが、多くの文言を書いても読まれないらしい

プレゼン0201



そして今日、看板を持ってきてくれた

早速、仕事場の外壁に取り付けた

看板0201


やっと足を踏み出した

まだ看板を取り付けたにすぎない

カットされた文言を何かの形で伝えたい


私は建設業の許可を持っている訳ではないので、工務店とのチームで対応する

目標は市場よりも安い工事費でクライアントが満足できる設計主力の住宅



にほんブログ村






リフォームとリノベーション |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年01月25日(月) 記事No.1290
最近リノベーションという言葉が出てきた

それまではひっくるめてリフォームと言っていた

もっと昔は改装と言っていた(今でも使っているが)


では、リフォームとリノベーションの違いは何か

リフォームとは老朽化して汚れたり壊れたりした建物を新築の状態に戻すこと

つまり、新築時をゼロとした場合に痛んでマイナスになった部分をゼロの状態に戻すこと

クロスの貼り替えや床の張り替え、外壁の塗装などがリフォームにあたる

某大手ハウスメーカーの新築そっくりさんはリフォームを意味している


リノベーションとはマイナスをプラスに変えて住環境をより向上させる

部分的にサッシのガラスを単板からペアガラスに取り替えたり

トイレをウォシュレットに替えたり、古い浴室を快適な浴室にしたりするのも

住環境を向上させるが、リフォームだろう

リフォームとリノベーションの境界線は比較的曖昧だ


もっと大規模に住宅の間取りを変えてデザイン性の高い快適空間にしたり

大幅に断熱効果を向上させたり耐震性を向上させたりすることがリノベーションだろう


リフォームに比べてリノベーションは費用がかかるが、新築するよりは安く出来る

それに、新築するよりも優れているところがある

数十年前によい材木を使って腕の良い大工さんが建てた家

建て替えをする時に壊す人が多いが実にもったいない

木や煉瓦や瓦は古びて美しくなる

わざにそういった風合いに似せて家具を造ったり、古びた風な塗装をしたり、壁紙にもある

ファッションの世界でもダメージ加工を施した衣類もたくさんある

いわば、これらは偽物である

古い建物には本物がある

それを活かしたリノベーションはなんて素敵だろう


ただし、昔の家は耐震性に劣っているため耐震補強にはそれなりに金がかかる

断熱性能も大幅に劣っている 冬は寒くて、夏は暑いのがよいという人にはそのままというのも有りだが、あまりいないだろう


住んでいた人が亡くなって、その子供達は遠くに住んでいて売りに出されている空家

たぶん全国にはゴロゴロしている

これは近所で売りに出されている築50年の家

建物自体はしっかりしている

しかも建物代金はたぶんゼロ

土地代だけの相場よりも安い金額だ

空家0125

リノベーションのお奨めは平屋

平屋は2階建てに比べて耐震性があるので構造的に無理をしなくて済むので

その風合いを活かしやすい

リノベーションをするための中古住宅を購入する場合は入念に調査をしておかないと無駄な金がかかる

地盤沈下していないか、シロアリの痕跡がないかは重要なポイント

古い建物なら何でもよいというのではない


にほんブログ村




リフォームとリノベーション |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年01月24日(日) 記事No.1295
今日は西日本で記録的な寒さ

そこで最近リフォームでガラスだけペアガラスに替えた2軒の人に聞いてみた

この寒さでダイニングキッチンに結露が出来たとのこと

特にアルミの既設枠に結露が出来ている

やはりアルミ枠だと結露が出来るのか


そして新築した2軒の人に聞いてみた

こちらもアルミ枠だが、浴室のアルミ枠に結露が出来た以外は

他の部屋では出来ていないとのことだった


同じアルミ枠でも昔の枠は結露しやすくて、新しい枠は結露が出来にくい


山間部で新築やリフォームをする時には値段が高くても樹脂サッシを検討した方がよさそうだ


にほんブログ村
リフォームとリノベーション |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |