• 2009年10月 の記事一覧

2009年10月31日(土) 記事No.156
郷の家が完成しました。

1階は両親の住まいと美容室で2階は独身の息子さんが住みます。

玄関は別々で玄関ホールで行き来します。

1階部分は工事が少し長引き先に荷物が入ったために室内の写真が撮れていません。

テーマは無機質と有機素材の融合です。

北を閉ざし南を開放して、1階のウッドデッキの上が2階のバルコニーになっています。

雨があたらず光を通すためにバルコニーの床はファイバーグレーチングを使い、屋根はポリカーボネートにしました。

2階リビングは開放感を持たせるために最小2.5mから最高5.5mの勾配天井にしています。

2階寝室にはロフトを設け広々とした空間になっています。

西から見た外観
西外観


北西から見た外観
北西外観


南から見た外観
南外観


南のウッドデッキ
ウッドデッキ

2階バルコニー
バルコニー

北側ポーチの階段とスロープ
ポーチ階段

2階リビング
リビング2

リビングから見たバルコニー
バルコニー

ロフトから見た寝室
寝室

寝室からロフトを見る
寝室からロフトを見る



階段
階段

1階和室の床の間
和室床の間



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
作品紹介(住宅) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年10月19日(月) 記事No.155
今年は17日に本郷と澤津、松神子と阿島が喧嘩をして、18日の八幡神社宮入前に町と田の上が喧嘩をした為に17台から6台減って11台の太鼓台が宮入りをしました。

東浜太鼓台
東浜太鼓台

新田太鼓台
新田太鼓台

白浜太鼓台
白浜太鼓台

又野太鼓台
又野太鼓台

楠崎太鼓台
楠崎太鼓台

下郷太鼓台
下郷太鼓台

松の木太鼓台
松の木太鼓台

東雲太鼓台
東雲太鼓台

山端太鼓台
山端太鼓台

浮島太鼓台
浮島太鼓台

左端宇高太鼓台に神社境内でちょっかいを出した浮島太鼓台
宇高太鼓台

昔私が小学生の頃に新居浜太鼓祭りはまだ川東地区は13~15日、川西地区は16~18日、上部地区は19~21日と分かれていました。

そして祭りが寂れていて太鼓台の数も川東が7台、川西が8台、上部がたぶん8台くらいまで減っていました。

かき夫の数も観客も少なかったのです。

その当時からずっと参加していたのは澤津、宇高、町、本郷、山端、松神子、田の上でした。

そのうちの5台が今年の喧嘩で宮入りができずに来年も出場停止になります。

自分の部落(一般的には使われなくなりましたが祭りでは使います)の太鼓台が見れないのが一番寂しいですが、昔から親しんできた太鼓台が見れないのも実に寂しいものです。

2009新居浜太鼓祭り 松神子VS阿島 動画

2009新居浜太鼓祭り 町VS田の上 動画
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年10月17日(土) 記事No.154
今日は中日、朝8時より国領川河川敷に向かって宇高から東雲へ行き松之木入りして河川敷でかき比べの予定が、

松之木を出て地元太鼓台の澤津が、幕を外しはじめました。

喧嘩の前触れです。

澤津

一昨年喧嘩して澤津の太鼓を割った本郷へのリベンジです。

本郷は私の地元太鼓台で父親の代から澤津とはよく喧嘩をしていました。

戦いを挑まれて引き下がったら嘗められる。(ヤクザみたいですが)

本郷も幕を外して澤津へ突っ込んで行きます。

本郷

いよいよ喧嘩が始まりました。

喧嘩開始

ガシャンと大きな音を立てて鉢合わせです。

本郷VS澤津1

何度か鉢合わせをした後で本郷が澤津を押して行きます。

本郷VS澤津2

絡まったかき棒を一度外して、また鉢合わせです。

本郷VS澤津3

本郷がまた澤津を押して行き新高橋の手前まで来ました。

この後、橋の中央まで押して行きまた鉢合わせ後、本郷は帰って行きました。

両太鼓台は喧嘩両成敗により解体され来年は出場停止になります。

本郷VS澤津


2009新居浜太鼓祭り 本郷VS澤津 動画

2007新居浜太鼓祭り 本郷VS澤津 動画
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年10月16日(金) 記事No.153
今日から新居浜太鼓祭りが始まりました。

今日から3日間、新居浜は50台の太鼓台で祭り一色です。

仕事場は八幡神社の真前にあるので仕事をしながら祭りを楽しめます。

朝から八幡神社へ垣生校区の3台の太鼓台(左から町、本郷、山端)が氏参り

16日垣生3台


地元の本郷太鼓台です。

生まれてから54年間ずっと地元です。

図柄は先代、先々代を踏襲して高欄幕は青龍、白虎、朱雀、玄武で上幕は新羅攻めの絵巻物です。

一昨年は澤津と喧嘩をしたので去年は出られませんでした。

やはり地元の太鼓台がいないと淋しいものです。



16日本郷

仕事場がある地区の浮島太鼓台です。

と言っても、自宅との距離はわずか100mほどです。

みどり保育園児を乗せて浮島小学校のお祭り集会へ向かう途中です。

16日浮島


続々と太鼓台が氏参りにやってきます。

16日松ノ木


左から松ノ木子供太鼓、松ノ木、宇高、宇高子供太鼓、東雲

16日高津











徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年10月13日(火) 記事No.152
初めてアリスのコンサートに行きました。

アリス

会場では写真撮影ができないので

アリス2

27年前にアリスが松山へ来た時、

その2年前からコンサートに行きたかったのですが、平日だったので当時勤めていた設計事務所の所長に「アリスのコンサートへ行きたいので休ませてください」と言ったら「アホか」と言われて一度は諦めていました。

それが、日曜日にコンサートがあると知り 今度は行けると思いチケットの発売日に買ってもらうように松山に在住の後輩に頼んでいました。

ところが、発売日の3日前に「アリス解散」の報道が流れて、後輩が買いに行った時にはすでに売り切れていました。

その後、アリスは解散しました。

3年後に自分で独立して事務所を出してからは、何度か谷村新司のコンサートへ行き、堀内孝雄のコンサートにも一度行きました。

今回、チケットを購入した友人が誘ってくれて念願のアリスライブに行きました。

松山市民会館でPM5時半から始まり8時10分までライブを満喫できました。

観客席は満席で平均年齢は55歳くらいでしょうか。

最初はアリスの初期の頃の歌から3人で歌い始めて、途中からバックバンドが入り、後半からは売れてからの曲を歌い、平均年齢55歳のおじさん、おばさんが総立ちで、まるで27年前に返ったかのようでした。
もちろん、私も立って手拍子を打ちました。

思えば20代後半からはスナックやカラオケボックスで歌うのはほとんどがアリスの曲でしたが、この数年はあまり歌っていませんでした。

しばらくは、仕事中のバックミュージックとカラオケはアリス三昧になりそうです。

アリスの三人合わせて180歳、まだまだ元気で歌い続けてほしいです。

ライブで歌った曲(順不同&抜けている曲も2、3)

1.もう二度と
2.アリスの飛行船
3.走っておいで恋人よ
4.愛の光
5.誰もいない
6.黒い瞳の少女
7.秋止符
8.今はもう誰も
9.冬の稲妻
10.涙の誓い
11.ジョニーの子守唄
12.遠くで汽笛を聞きながら
13.帰らざる日々
14.夢去りし街角
15.狂った果実
16.チャンピオン
17.さらば青春の時






















徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年10月10日(土) 記事No.150
今日は10月10日で大安。

45年前の今日、東京オリンピックの開会式がありました。

当時9歳だった私は小学校で、この開会式を見ていました。

10月10日は最も雨の降る確率が低いということで決定されたと聞いていましたが、本日も晴天の中M邸の地鎮祭が行われました。

今日は一宮神社の神主さんでしたが、地鎮祭が6件あるとのことで大忙しです。

いつもは終わってから長い講釈を聞かされるのですが、今日は朝6時から1時間おきに後がつかえているため短くてよかった。(毎回言うことが同じなので)

地鎮祭1


地鎮祭2

地鎮祭3

地鎮祭4









建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年10月07日(水) 記事No.149
  建築基準法改正「来年の通常国会で」、前原国交相

 前原誠司国土交通相は10月2日、民主党がマニフェスト(政権公約)で掲げた建築基準法の見直しについて、改正案を「来年(1月召集)の通常国会に提出したい」との意向を明らかにしました。


 建築基準法の改正の狙いは、実務環境の改善と景気対策

1.建築確認日数の短縮

2.提出資料の簡素化

3. 違反をした建築士の厳罰化

 現行の建築確認制度をベースに、手続きに関する規制を緩和し、違反があった場合の罰則を強化する方針で現在、検討を進めています。

 2007年6月の改正建築基準法の施行によって、実務の現場に混乱が生じ、“建基法不況”を招いた経緯を踏まえ、「現場で混乱が生じないようにしっかりと検討したい」とも述べました。



 姉歯元建築士の構造計算偽装事件以来、3度に渡る建築基準法や建築士法の改悪で、
建築士を以前の性善説から性悪説へと自己防衛のために方向転換をした国交省へやっと政治家主導で介入し始めました。

 元々、建築基準法という法律は建築士の責任で設計と監理を行うものでしたが、罰則が緩すぎました。

 だから姉歯元建築士のような不心得者が出たのだろうと推測しますが、そんな不心得者はほんの僅かな一握りの建築士です。
そのような建築士は厳罰を与えられて当然だと思います。

 特に建築基準法による不況を招いた2007年6月の建築基準法改悪で建築業界は1年間大混乱を起こし、倒産する会社も多く出てきました。

 これは一定規模以上の建物に対して2重の構造計算チェックをするもので、構造計算適合判定というものを別の審査機関で受けなければいけないのですが、法律の施行が先行しすぎて構造計算判定員が極端に少ない状態で行われた為に半年以上も建築確認がおりない状況になり、建築会社やその下請けが予定していた工事ができない状態に陥り金が回らず倒産して行きました。

 もちろんクライアントも多大な迷惑を被り、いつ建築確認がおりるか分からない状態で、その怒りは建築士や建築会社に向けられました。

 まさに現場を知らない国交省の官僚が原因であり、官僚にまかせきりの自民党の責任でもあります。

 1年余りして、やっと落ち着き始めた時にリーマンショックによる世界不況です。

 現在も不況の中ですが、今回の建築基準法改正への動きは建築士にとって明るい話題です。

 
建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年10月04日(日) 記事No.148
今年6月に着工していた郷の家がもうすぐ完成です。

5日に美装をして床の塗装をして、諸々の取り付けおよび外構工事をすれば、祭明けには完成します。

外観1

外観2

バルコニー

階段

寝室1

寝室2

リビング1

リビング2
建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年10月04日(日) 記事No.147
ちょうど20年前に西和泉の家を設計させてもらったのですが、今回急にご両親との同居が決まり増築とリフォームの依頼がありました。

2階に3部屋あるうちの1部屋を少し広げてリビングとキッチンに改装とのことで、久々におじゃましました。

元々、同居の予定で建てた家なので73坪あまりの広い家ですが、長い間松山勤務でしたのでご両親が2人で住んでいました。

数奇屋風に仕上げた家です。

南外観

南外観

東外観

東外観

北外観

北外観

玄関吹抜

玄関吹抜下

吹抜格天井

玄関吹抜天井


作品紹介(住宅) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年10月03日(土) 記事No.146
以前からずっとしたいことがありました。

新居浜市民文化センターの前に「萩の茶屋」という名の美味しい蕎麦屋があって、もり蕎麦を食べに行くといつも酒のメニューにある〆張鶴の吟醸酒を飲みたい。

でも、酒を飲むと車の運転が出来ないので、いつもがまんをしていたのです。
それに、なかなか昼から酒を飲むわけにもいかないですから。

バスで行くとなると、バス停から歩くには店は遠すぎるし、1時間に1本の便の悪さですから・・・

タクシーで行くには食事代と比較すると不経済ですし、なにせ営業時間は夕方の5時までなので、どうも思い付きが悪い。

昨日は何か変な日で朝から雨が降るし、午前中市役所に申請書類を出しに行くと、FDには申請内容が入っていないと、また大雨の中 午後からFDを市役所へ持って行き帰ると しばらくして別の書類に不備があり、週末なので今日中に片付けとこうと夕方の4時に再提出をしました。

庁舎を出ると雨のせいか、あたりはうす暗くなっています。

よし、今から蕎麦屋へ行こう。

市役所からは車で2分の処だし、うす暗いせいか酒を飲むに罪悪感もない。

まだ、4時過ぎだから蕎麦を食べて酒を飲むには5時の閉店まで間に合う。

帰りはタクシー代行で平八へ行こう。

タクシー代行は時々拒否されるから、その時はタクシーで平八へ行って、帰りに代行を呼べばいい。


思いついて約2年後にやっと決断をして、萩の茶屋へ入る。

閉店前なので他に客は誰もいない。

注文を取りに来たので「もり蕎麦と〆張鶴」

すると店員は「すみません、〆張鶴は切らしているんです」

じゃあ何があるのと聞くと、奥へ入って普通酒の1升瓶を持って来て、これの燗酒しかないという。

〆張鶴は今切らしているだけかと聞くと、ずっと前から切らしているという。

そんならメニューから消しとけよ

蕎麦だけ食べて半年ぶりに平八へ行くと、開店は5時からなのに20分前にカウンターに座り

とにかく吟醸酒

今年初のふぐざくを食べて、松茸の土瓶蒸しを食べて酒は出羽桜の大吟醸2合と久保田の純米酒1合と久保田の本醸造1合の計4合飲んで代行で帰りました。

帰ってからチュー太郎で赤のグラスワインを3杯飲んで9時に帰宅した後、平八の大将夫婦に「店が終わったらチュー太郎に来ない?」と誘って、また2分歩いてチュー太郎へ行き、ウイスキーを飲みながら待つこと1時間半して、やってきました。

それから話が盛り上がりワイワイと3時間。

帰りは午前2時前なので、9時間もの間飲んでいました。

こんなに長い間飲んだのは、数年前に素敵ハウス樅へ昼ごはんを食べに行って、そのまま居座り12時間シャンパンを7本飲んだ時以来です。

たまには変な日もあります。


グルメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |