• 2012年03月 の記事一覧

2012年03月31日(土) 記事No.241
M7.3の首都直下地震が起きれば震度7の地域が多数あると報道されました。
私の弟が住んでいる川崎市も危険地域で30年以内に起きる確立が70%です。
震度7になると古い木造建物は倒壊し、新しい建物でも相当な被害を受けると思います。

30年以内に地震が起きる確率が県別に出ていましたが、太平洋側は確率が高くて九州と山陰は低かったです。
愛媛でも50%を超えていました。

日本列島のほとんどの地域で何時大地震が来てもおかしくありません。

紺屋の白袴で私の家も仕事場も震度6強で倒壊です。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月30日(金) 記事No.240
三上博史主演のそれが答えだ1話と2話を観ました。

仕事を干された天才指揮者が田舎の別荘で暮らし始めていて、何気なくラ・ターシュの飲みかけのボトルがコルク栓をしたままで転がっています。
机の上にはヴーヴクリコ・イエローラベルを無造作に置いてあります。

このあたりまでは結構いいなあと思っていたのですが、

マネージャーが仕事が入ったからと、仕事先からもらったシャンパンがドンペリ・ロゼで、それを常温で飲んでいます。
季節的には初夏なので、冷やして飲めよ。

このドンペリ・ロゼで昔を思い出しました。
ドンペリ・ロゼは買ったことが一度だけあって、意外と今治大丸洋酒売り場でした。
何故か酒屋より安くて買ったことがあります。

それからたまに今治大丸へ行くと洋酒売り場を覗いていました。
ある時に贈答品用で陳列に並んでいたのがCHベイシュベルとCHプジョーの2本詰め合わせで結構安い、これは買いだと買って帰りました。

帰ってから開けて見ると、2本とも全く別の安いボルドーワインが入っているので何かの間違いだと思い今治大丸へ持って行き訳を聞きました。

すると、とんでもない答えが返って来ました。
「これは○千円の贈答用なのでワインの種類がその時によって変わります」

これには呆れましたので即返品して二度と行きませんでした。
ヴィンテージが少々変るのならまだ許せますが、これは詐欺ですよ。

今は閉店しましたが、かなり前の実話です。

そして、同じ頃に今治国際ホテルの和食レストランを予約して、ついでにワインリストからプイィ・フイッセを冷やしておくように注文をして2時間後に行きました。
ワインクーラーからワインを抜栓しようとするのを見て「注文したワインと違うじゃないか」と文句をつけると黒服がやってきて「ご注文のワインは在庫を切らしていまして、こちらのプイィ・フュメをご用意させていただきました」

これにもまた閉口して「プイィが同じというだけでブドウの品種が違うものを出すなよ」
当然キャンセルをしましたが、代わりにコルトン・シャルルマーニュにしたので高くつきました。

でも、ワインを出すなら少々は勉強してほしいと思いました。
ホテルはサービス料まで取るのですからねえ。

横道に反れたので元に戻しますが、第2話では机の上に置いていたヴーヴクリコ・イエローラベルを常温で飲んでいましたが、初夏に常温で飲んで美味いか?

ただ、このドラマはクラシック音楽とワインや日本酒が出てくるので楽しみです。

今治の悪口になってしまいましたが事実ですよ。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村


ワイン |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2012年03月29日(木) 記事No.239
ずいぶん前のテレビドラマですが、DVDにもなっていないので観ることができませんでした。

たまたまFC2ブログの動画を見ていたら三上博史というキーワードがありクリックしてみると「それが答えだ」9話、10話がアップされていたので久しぶりに観ました。

三上博史演じる天才マエストロが楽団員の1人をクビにしたために楽団員全員からボイコットされ、詫を入れなければ音楽界から追放されるが、自分は間違っていないと頭を下げなかったため追放されてしまい、あるきっかけから田舎の中学校の音楽部のコーチになるという話です。

生徒の中には深田恭子、藤原竜也がいて、まだ売れる前の藤原紀香も出ていました。
小栗旬はチョイ役で出ていました。

昔このドラマを観た時に深田恭子がかわいいなと思っていたら売れましたね。

最初から観たいので早速に友人枠に入れていただきました。
今夜から観るのが楽しみです。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月28日(水) 記事No.238
日本一の富士山を眺めながら

富士山


四国の田舎者が東京へ行きました。
表参道ヒルズがどこかわからなくて3組の人に聞きましたが2組は東京に住んでいないので分かりませんと、あと1組は若い兄ちゃん2人組みでしたが「サー、知らない」と一言。
見上げれば真前でした。
東京は嫌いじゃ。

表参道ヒルズ


20年前にも来た事があるポールスチュアートです。
石積みの洋館だったそうですが、いい感じです。

ポールスチュアート


東京から横浜中華街へ行きランチ。

横浜中華街


源氏ゆかりの鎌倉鶴岡八幡宮へ行き

鶴岡八幡宮


鎌倉の大仏様を見て帰りました。

大仏様



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2012年03月27日(火) 記事No.237
今日は体調が悪く真冬並みの寒さの中屋外での焼き鳥バーベキュウ。
ダウンを着込み早速開始ですが、何故かかっぽ酒係になりました。
青竹の筒に日本酒を入れて火の中にいれておくと竹のエキスが出てきてまろやかな美味しい燗酒になるのです。
これは当日に竹を切ってきて準備をするのでとても手間がかかります。
さすがに、安酒が美味しい酒に変ります。

かっぽ酒


炭火の焼き鳥です。
色々な種類が出ましたが、やはり炭火で焼くと美味しいです。

焼き鳥


こちらは七輪で野菜焼きです。
焼きトマトが美味しかった。

野菜焼き


8本のかっぽ酒が終わった後で豚汁をいただきました。
豚汁を食べながらの赤ワインもけっこういけますよ。
焚き火のそばにいると暖かいですね。

豚汁


総勢6人でしたが、風邪ひきに燗酒はいいですね。
今日は私は早めに帰りました。

全景



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
グルメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月26日(月) 記事No.236
たぶん気持ちの問題だと思います。

2週間ほど忙しくて徹夜をしたり半徹夜も何度かありました。
それでも突然に入ってきた新しい設計計画に没頭しながら、他の仕事をこなしていた毎日だったのですが、何度かの変更の後、基本プランも決まり、1500坪の敷地内に建っている建物との配置計画の為、いびつな土地の測量をする予定でした。

打ち合わせを終えて仕事場にいると、「飯でも食いにいかんか」と電話があり、他に仕事を片付けないとと思いながらも断るわけにもいかずに指定された割烹へ出かけました。
その割烹は数年前に設計監理をさせていただき、今でもご夫婦と建築をした大工さん夫婦と私とで親睦会をしています。

カウンターにはすでに施主さんが来ており隣には常連さんが座っていました。
「好きなものを頼まんかい」と言ってくれたのですが、ご馳走になるのにそんな好きなものは言えんだろうと迷っていると、隣の常連さんが「社長と同じでええじゃろ」と助け舟を出してくれました。
それで最初にいただいたのがフグの白子焼きです。
これがとろける美味しさです。

白子

少しして隣に座っていた常連さんが帰り、話をしている中で県内でマンション経営をしているMの事になり、「Mがビルを建てると言うとったけん紹介をしたろ」「今から呼んだるけん」と電話をして呼びました。
私もMは知っていたし、良い噂を聞いていなかったので、あまり乗り気ではなかったのです。

続いて鯛のアラ炊きが出てきました。
しばらく食べていなかったけど、やっぱり美味しい。
ビールが終わり冷酒をいただきました。
ちょっと遠慮して久保田千寿ですが久しぶりに飲むと美味しい。

鯛のアラ炊き

席を移り部屋に入りました。
やがてMがやってきて、私の時と同じように「好きなものを頼まんかい」と施主さんがMに言いました。
鯛のアラ炊きをちまちまと食べている2人に比べて、Mには次々と料理が出てくる出てくる。
バカバクと食べるのも速い。
最後はデザートまで出てきたのでコースを注文したのでしょう。
驕ってもらっとってすごい根性だと唖然としました。

やがてMも食べつくし設計の話になり、施主さんが「今度わしの所の設計をしてもらう近藤さんじゃけど、お前ビルを建てると言うとったろ」「この人に頼めや」と言いました。
Mは「ええですよ、そやけどうちは1.5%ですよ」

聞いて唖然としました。
もちろん施主さんも唖然としましたが、「近藤さんうちはなんぼぞな?」

実施設計に入る前に設計料の話をするつもりだったのですが、この状況では今するしかないと思い実際に思っていた金額より50万円安く300万円ですと答えました。

Mのマンションが工事費が3億円で1.5%の設計監理料なら450万円。
施主さんの建物は工事予定価格が5千万強で300万円。

「なんでわしの所はそんなに高いんぞ?」
「よっしゃ、わしはMみたいなことは言わんけん倍の3%出したろ、それでどうぞ?」

私は「無理です、Mなんか論外で3%では責任をもった設計監理はできません。他の設計事務所で聞いてください。」

他で聞いてみることでその場は別れました。

明くる朝8時半に施主さんから電話がかかってきて、「他で聞いたけど3%で出来ると言うた、あんたにしてほしいんじゃけん3%でやってくれや。」
その時に気がついたのですが、施主さんは工務店の社長と親しくて今度の建築も頼むつもりでいました。
3%は工務店の下請け事務所がする金額の相場なのです。
その旨を説明してもう一度他の設計事務所に聞いてくださいと言うと「もう一度考えてみる」と電話を切りました。
明くる日に電話がかかってきましたが、それは断りの電話でした。

「工務店にやられた」と思いました。
工務店にすれば知らない事務所にきちんとした監理をされるのを好まず、自分の言うことを聞く下請け事務所のほうが都合がいいからです。

施主さんは親分肌のとても良い人なのですが、Mから聞いた1.5%と工務店から聞いた3%が頭から離れないのでしょう。

私の気持ちとしてはサバサバしているつもりなのですが、一気に落胆してそれまでの無理から風邪をひいたように思います。

しかし無理をして請けていれば仕事が雑になる上に、今までに設計監理をさせていただいた人達に対して信用がなくなります。
やはり自分を安売りしなかったのは長い目でみれば正しかったと思います。


談合で鍛えられた工務店のしたたかさには脱帽します。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村







徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年03月26日(月) 記事No.235
今日は(正確には昨日ですが)久々にだらだらとした休日でした。
このところ忙しくて無理をしていましたが、昨夜はワインを飲んでから昼前まで寝床でゴロゴロとしており、夜は封印していた禁断のお好み焼きを作ってワインのあてに食べました。

以前広島の親戚が送ってくれた「オタフクお好み焼きセット」
5人前の表示がありますが、実際に作れたのは4枚でした。
広島風お好み焼きのセットですが、私はそばの入ったお好み焼きは好きではないので大阪風で作りました。

29年前に大学に入った時に下宿の隣が大衆食堂で、お好み焼きを頼んだらそばが入った初めて見るお好み焼きが出てきて驚きました。
広島県ではお好み焼きといえば広島風が普通で、愛媛では普通の大阪風のお好み焼きはお好み焼き専門店まで行かないと食べられませんでした。
どうも広島風はお好み焼きを食べた感じがしないんですなあ。

そば入りは苦手でモダン焼きも好きではありません。
私はお好み焼きと焼きそばを別々に食べます。

ところが私の後輩も新居浜出身ですが、広島風お好み焼きにはまってしまったようです。
まあ好き好きですね。


おたふく


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月25日(日) 記事No.233
設計監理料と言っても、用途、規模、構造、場所により大きく違いますから、その都度決めており、特に公表はしていませんでした。
今まではそれで問題はなかったのですが、建築主様との間に大きな隔たりがあり特殊な建築物を除き、概略の設計監理料を公表します。
特殊な建築物とは社寺、茶室などの高級な建築物および工場、倉庫などの規模が大きく意匠にこだわらない建築物です。

住宅、店舗、事務所等の約40坪から80坪までの2階建て木造建物で坪4万円の計算になります。
50坪の住宅なら50坪×4万円=200万円(消費税別)です。
確認申請手数料、完了検査手数料は審査機関に納めるもので約5万円程度増えます。
木造の地盤調査は約5万円増えます。

木造3階、鉄骨造、鉄筋コンクリート造は構造計算が必要ですので、その分数十万円が増えます。
また、ボーリング調査が必要ですので、その調査費用も増えます。
構造計算適合判定を必要とする建物(鉄骨造なら3階建以上)はその審査機関への手数料約25万円が増えます。

なお、当事務所では光波測定機を持っていますので測量代金はサービスをしています。

40坪未満は料率が増え80坪を超えるものは料率が減ります。
リフォームについては面積では難しいため工事費の10%から15%です。


設計監理とは建築主様と一緒に建物を創り、完成後もお付き合いが出来ることです。
監理までさせていただいて初めて良い建物ができますので、設計だけといった中途半端なことはできません。
なぜなら、監理をしないと工事業者にやり易いように勝手に変えられるからなのです。
自分が産んだ子供を赤の他人に育てられるのと同じです。

それから、私は遠隔地は好みません。
遠隔地になると監理に行く回数が減り十分な監理が出来ないので、基本的に30km以内の地域です。




下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
設計監理費用 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月24日(土) 記事No.231
ここ3回ほどバラ10枚を買っていたジャンボ宝くじですが、連続で300円儲けました。

なぜか3000円が3連続で当たりました。

過去の最高は1万円が1度だけですが。

小さな運だけ使っているのでしょうかねえ。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村


徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年03月23日(金) 記事No.230
すっきりとしない1日でした。

5件の懸案事項が5件とも中途半端に終わりました。

今日の点数をつけると100点満点中45点というところですか。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月23日(金) 記事No.229
私らの時は当たり前に体罰はありましたけどね。
風紀の先生などは野球部の監督をしていて、いつもバットを持ち歩き「ケツ出せ」と言ってバットで叩いていました。(男子にだけです)
けがをしないように加減をしての体罰は賛成ですよ。
近頃は過保護すぎるのではないでしょうか。



引用 小樽工の教師3人、45人に体罰



 北海道小樽市の小樽工業高校の男性教諭3人が生徒計45人に対して約2年半にわたり、竹刀で叩いたり腕立て伏せをさせるなどの体罰を加えていたことが22日、分かった。3人のうち、科学研究部顧問の教諭(41)は、部活動で製作するロボットの手足の材料になるアルミ製パイプで尻を叩いていた。

 北海道教育委員会と小樽工によると、体罰を行っていたのは37歳、41歳、49歳の3人の男性教諭。同高は共学校だが、対象となったのは1~3年の男子生徒で、女子は含まれていなかった。

 期間は昨年12月までの約2年半。それぞれの教諭は、授業や補習の際に忘れ物をしたり、遅刻してきた生徒に対し、言葉で説教した後に罰として竹刀で尻を叩いたり、げんこつをしたり、平手で背中を叩くなどした。また、正座をさせたり、運動部員に対して30回の腕立て伏せを命じたりするケースもあった。幸いにも、けが人はなかった。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2012年03月22日(木) 記事No.228
去年はひどく落ち込んでいたのですが、今年に入ってから徐々に運気が上昇し始めたようです。
震災の間接的影響で延期されていた耐震補強工事の着工の予定が立ち、小さいながら地蔵堂の設計以来を受け、数年前に設計させていただいた割烹で時々お会いしていた方の会社の事務所兼住宅の設計の依頼を突然いただき、今日また2年前に住宅を設計させていただいた施主さんの紹介で、明日先方に伺うことになりました。
まだお会いもしていないので、これからの事になりますが有難いことです。

少しオーバー気味になりそうなので頑張らねば。




下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年03月21日(水) 記事No.227
この頃、妙に橋下市長とヒトラーがかぶって見えていました。

こんなこと思っている人が他にもおるんかなあ?とネットで検索をしてみると今月18日に谷垣自民党総裁が発言をしているではないですか。

ずいぶん昔に、私がまだ歴史の本を読んでいた頃に学研から出版された歴史群像シリーズのアドルフ・ヒトラー「権力編」わが闘争の深き傷痕と「戦略編」独機甲師団と欧州戦線の2冊を買いました。
読もうと思ったきっかけは、陸軍に力のあるはずのフランスが何故にあんなに容易く占領されてしまったのか?という疑問を解消したくてでした。

第1次世界大戦の敗北で疲弊していた国民に希望を与え、分かり易い弁舌で国民の支持を得た結果なんですね。
選んだのはドイツ国民です。

橋下市長の前に、小泉元総理も国民の圧倒的な支持を得て自民党をぶっこわすと言い、日本までぶっこわしてしまいました。

橋元市長の場合は、やっていることには同調する事が多いのですが、何故か政界入りをした時のヒトラーに似ているような気がするのです。

今の日本は民主党にも自民党にも不信感があり、国の経済状況はよいとは言えないですから、もう一つ何か(大地震、原発事故、大不況)が起こればいずれ政権まで獲ってしまうかもしれません。

独裁者の可能性を秘めた橋元市長が国民の望むことを行い圧倒的な支持を得た時に維新の会がナチスのようにならないとは言い切れません。

私はまだ野田総理に期待をしているのですがね。




下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年03月20日(火) 記事No.226
昨日は前日からの仕事の延長で午前5時に計画図が仕上がり就寝。
午前8時に目覚まし時計をセットして起床。
普段は目覚ましをセットしないので5時に寝たら起きるのは11時です。

ところが、朝から予定が詰っていて土曜日に整備していた建築確認申請を市役所へ提出。
その後市役所の建築主事と新規計画について竪穴区画と直通階段について協議。
時間があれば、金曜日の夕方に確認済みになった建築確認済証3件をS社に届けようと思っていたが、次の打ち合わせに間に合わないと判断して精神障害者福祉施設へ行く。
10時の打ち合わせ予定でちょうどの時間に着く。

男子浴室が完成して使用し始めて、女子浴室の解体工事に取り掛かったのですが、実際に使用し始めて思っていたのと違う、使い勝手の悪さが出たようで、女子浴室の大幅な変更があり園長と介護職員数名との協議。
男女、同じものを造る予定だったので、男子浴室工事の時に一緒に製作済みもあり、ステンレス手すりはほぼ全滅状態。
変更図面を作り追加工事の見積もりを工事と同時進行しなければならないので、図面作成が最優先事項になってしまいました。

打ち合わせが終わると昼になり、行こうとする相手先も昼休みの為、一旦仕事場へ帰る。

昼ごはんを食べる間もなく、市役所で協議をして変更しなければいけなくなった計画図を一部変更。

午後、S社へ建築確認済証を届けて担当者と打ち合わせを済まし、新築計画の打ち合わせに行き夕方に仕事場へ帰る。

夕方まではかなり順調に仕事が進みました。
土日に仕事をしていると月曜日の仕事が捗ります。
やっぱり段取り8分ですねえ。

今日は早く寝ようと思っていた矢先に一通の電話がかかり、今日は解禁日じゃけん飲みに行こうと・・・


予約の電話をするも2軒断られ、どこへ行こうかと思い車で彷徨っていると普段は休日のレオンに明かりが点いているので電話をしたけど取らない。
その後も行く店がいっぱいで入れなかったり、閉まっていたりで最後に焼肉の京城園へ行きました。

やっぱり焼肉を食べながらのビールは美味いね。
まっこりも飲んで、最後にチュー太郎へ行きタリスカーを飲んでバタンキューで寝ました。

あんなに間が悪い夜は初めてです。

しかし、京城園から後はよかったかな。
終わり良ければ全て良しとしないとね。






下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年03月20日(火) 記事No.225
先日、酒のいい話トーナメントで優勝しちゃったものですから、今回もとホワイトデートーナメントに参加しました。

1回戦敗退でありました。

世の中、甘くはないようです。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月19日(月) 記事No.224
結構あるんですよ、こんなことが。

お店でワインばかり飲んでいると、注がれる時にはグラスは置いたままがマナーです。
ワイン会でもグラスは置いたままです。

宴席でも少人数でもビールや日本酒を注いでもらう時は手に持つのが礼儀ですが、グラスを置いたままのヤツがいるんですよ。
100%がワイン飲みです。
私はグラスを持てと言ってやりますよ。
言われた方は「あっ」と気がつく。
別に悪気があるわけではないのは分かっていますが、ワインを飲む習慣のある人は少ないですから、その人から見れば無礼なヤツと思われますよね。

私は宴席ではワインを注がれる時もグラスを持ちます。

わざわざ敵をつくることはないですからね。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年03月19日(月) 記事No.223
漢字で書くと分かりますが、「なれ」とは普通は言わないです。

NHKオンデマンドで大仏開眼を観ていて、奈良時代の人は「われ」、「なれ」と呼んでいました。
以前に大化の改新を観た時も「われ」、「なれ」と言っていましたが、平安時代のドラマでは新平家物語を観ても「なれ」とは言っていなかったように記憶しています。

大和朝廷の時代と奈良時代だけなのか?
興味深いです。

自分と言うと自分自身を指すと思っていたのですが、「自分は?」と相手を指す意味で言う関西の友人がいます。

河内のおっさんは相手に「われ」と言います。

関西人特有の言い回しですかね?

もう亡くなりましたが、実家の向かいに住んでいた明治生まれのおばあちゃんは、自分のことを「わたきゃ」と言っていました。

おまえ(御前)、きさま(貴様)言うときれいではないのに漢字にするとていねい語なんですね。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村



徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月18日(日) 記事No.221
打ち合わせのためお家におじゃますると、たたみ1畳の大きさの太鼓台のミニチュアを発見しました。
特注で作ったものですが、いくらくらいするんでしょうか?
金額は聞けませんでした。
新居浜には祭り好きの人が多くて、地元太鼓台が古くなって新調する時に幕を買って玄関に飾ったり、床の間に飾っている人も多くいます。

太鼓台ミニチュア



こちらは祭りの時の本物の太鼓台です。

新田



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月18日(日) 記事No.220
神戸の北野にある古典的なフレンチを提供するル・フェドラの外観です。
こちらでランチをいただきました。

ル・フェドラ


店内はあまり広くなくて全席詰って30人というところです

ル・フェドラ 内部


まずはグラスシャンパンを注文するとランソン・ブラックラベルが1杯1500円也。
しかし、グラスはバカラですぞ。
ずいぶんと飲んだ後で気がつきデジカメでパチリ。

グラスシャンパン


オードブルですが、なにせ卑しいものでまたもや手を付けたあとでパチリ。
面目ない。

オードブル


メインディッシュにはシャトー・ラギオールのナイフとフォークが出てきました。
ずいぶんと歴史を感じさせるほど使い込んでいます。

シャトーラギオール


メインディッシュの子羊のローストです。
これはバッチリカメラに収めました。

ランチ1


最後のデザートです。
皿は全部ウェッジウッドでした。

間違っていました、エルメスです。

ランチ3



後でにしむら珈琲店へ行きました。

にしむら珈琲店


香りがよくて美味しかったですが、1杯800円也でした。
神戸の人はお金持ちじゃね。

にしむら珈琲




下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

グルメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月17日(土) 記事No.219
今日は暖かくなり外の瓶で飼っているメダカも日光に当たりに水面へ出てきました。
冬の間は底のほうでじっとうずくまって餌も食べませんでしたが、今日はいっぱい食べました。
室内の水槽で飼っているメダカは部屋を暖房していたので冬の間も毎日餌を食べていましたが、外の過酷な条件で飼っているメダカは1匹も死んでいません。

去年の夏に阿島の水路で獲ってきた野生のメダカです。

めだか3月17日


はやく暖かくなってほしいですね。
ついでに懐も暖かくなってほしいです。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月17日(土) 記事No.218
新居浜市は建築確認に国道、県道、市道以外の道路並びに隣接している国有地の幅員証明が必要な独特な市です。
県内にはどこもそれを要求するところはありません。
もしかすると全国で唯一かも知れません。
先々代の市長の時から実施されていて将来もなくなることはないでしょう。

これが始まったのは、おそらく建物を建築した時に国有地との境界を知らずにはみ出ている建物があり、管理している土地改良区と紛争があったのではないかと想像する訳です。

幅員証明の義務付けにより国有地へはみ出る建物はなくなり、市も責任を問われなくて済むので、土地改良区と市は利害が一致します。

迷惑なのは我々でして法務局の公図、畝順帳、切図(明治時代のもの)を揃えて土地改良区に行き地区理事と立会いをして印鑑をもらい、理事長のところで印鑑をもらい、土地改良区事務所で公印をもらい手数料を支払います。
市内には昔の村別に土地改良区があるので20ヶ所近くになり、理事長は大抵は専業農家ですが地区理事は兼業農家で夜か休日しか在宅していません。
地区理事や理事長の都合に合わせて現地で立会いをするのですが、中には隣接する土地の所有者を呼んでくれとか、一番ひどいのは市や県も呼んで正式に境界立会をしろとかもあります。
1日で済むところもあれば1ヶ月以上かかるところもあり、「こんなん無くなってくれんかなあ」と思う次第です。

境界立会が必要なら統一していれば、最初から土地家屋調査士に依頼してそれだけの費用も要求できるし、期間もはっきりするのですが、地区理事や理事長が変るたびに方針が変るので迷惑をするのです。
ちなみに我々が幅員証明をもらうのと境界立会をして土地家屋調査士に依頼するのでは10倍の金額の違いがあります。

と前置きが長くなりましたが、兼業農家の水利組合長(市内には土地改良区の代わりに水利組合が数ヶ所あります)のところに昨日幅員証明の書類を届けていたら、今日「出来たので取りに来てくれ」と連絡があり昼前に書類を取りにいきました。
今回が一番楽なケースでした。

帰りに昼にさしかかったので、どこかで昼飯を食べようと思い、普段はうどん屋かラーメン屋にしか行かないのですが、帰り道にあるマリオへ寄りました。
商工会議所の隣にあるイタリアンの店ですが、イタリアンといってもスパゲッティとピザがあるくらいです。
そこで友人のおすすめだったプッタネスカを注文。
ブッタネスカという名前も初めて聞くのですが、辛いスパゲッティと聞いていたので、たぶんこれだろうと思います。
食べると辛い、それから魚醤の匂いがして、とにかく汗が出てきます。
これだけ食べるのはキツイと思い白ワインをグラスでいただきました。
イタリアの辛口でしたが、プッタネスカとよく合って魚醤の匂いも消えました。
これだけ料理が辛いと、やや甘口の白ワインもええかなと思います。

白ワインを1杯飲んだだけなのに車に乗ってバックミラーに写った顔を見ると赤い。
事故でも起こしたら大変じゃと商工会議所の駐車場で1時間寝て帰りました。

帰ってプッタネスカを調べてみると「娼婦のパスタ」と言われるとあり、漁醤と思ったのはアンチョビでした。(アンチョビも食べたことはありません)
それから、ブットネスカと覚えていてネットで検索すると「プッタネスカではないですか?」と出てきました。

いやはや、知らないことばかりです。


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
グルメ |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2012年03月17日(土) 記事No.217
地元N市と隣のS市で同時に旧財閥系大手S社工場の敷地内に小さな倉庫を建築するために建築確認申請を提出しました。
両方共4号建物で平屋の50㎡未満の不燃物倉庫です。

今年度中に完成したいとの意向で依頼を受けたのが約2週間前。
どのくらいの日数で建築確認がおりるかと聞かれたので約2週間と返答しました。

書類を作成して社長印(大手はこれに日数がかかる)をもらい両市役所に提出をしたのが先週の金曜日。
出来うる限り早急に建築確認済証がほしいとのことで、両市役所にもその旨お願いをいたしました。

ここでS社とN市、S市の関係を言いますと

江戸時代に徳川御三家の紀州藩の分家が3万石で治めていたのがS藩でN市は当時小さな漁村でした。
徳川吉宗が8代将軍になると分家だったS藩が紀州藩の殿様になったため、S藩は幕府天領となりました。

徳川吉宗が生まれた6年後に銅鉱脈がN市の山奥で発見され、大阪のS家が銅山経営を始めて、港の利便性からN市に本拠を置き、林業、化学、重機械、電力が副産物として産まれ、工場が出来て人口も増えS市を追い抜きました。
S社と共に発展してきたN市は、S社が撤退することになれば人口が激減して市として成り立たなくなります。
S社はN市だけでは敷地が足りないため隣のS市にも工場がありますが、S市は他にも数ヶ所に別の大手工場を誘致しておりS社に対する比重が違います。

先週の火曜日に両市消防に事前協議を済ませ、金曜日の朝に申請書を提出。

N市はその日の内に審査を済ませ、明くる土曜日には休日を返上して、訂正事項があるので来てほしいと電話がかかり訂正に行きました。
そして月曜日の午後には消防に合議が回りました。
この時点でN市は決裁まで済ませており消防から書類が返ってくればすぐに建築確認がおりる状態です。

S市は月曜日に審査をして火曜日に訂正があるので来てほしいと電話があり訂正に行きました。
同時に副本は火曜日に消防へ合議を回していました。
この時点でS市は担当者しか審査をしておらず、消防から返ってきた後での決裁になります。

木曜日、N市はまだ消防からの合議が返っておらず、消防に電話をするも明日になるとの返答。
S市はすでに消防からの合議が返っており庁内での決裁に回したとの返答。

金曜日、どうしても建築確認がおりないと土曜日からの着工予定が延びてしまう。

N市消防に朝電話をすると、あと1時間で公印がもらえると言うので「私が市役所へ持って行きましょか?」と言うと「こちらで持って行きます」との返答。
昼前にもう一度電話をしようとイライラしながら待っていると10時半にN市から「確認がおりました」と電話がかかりすぐに取りに行く。
担当者に御礼を言うと「消防の○○さんがS社からも毎日電話がかかってきてたまらんと言っていましたよ」と・・・
そりゃ、私のところにもS社から毎日電話がかかってきて状況を知らせてくれと言われるから「N市は早いけど消防が遅い」と言いましたからねえ。
たしかに、S社の化学工場で過去に何度か爆発事故がありましたので消防はシビアなのかもしれませんが。

同じく朝、S市に電話をすると午後4時過ぎには書類ができるとの返答だったので4時過ぎにS市に取りに行き、S社担当にその旨を伝え1週間の建築確認バトルは無事に終了しました。

今までは両市に同じ物件を同時に提出したことはなかったのですが、両市のシステムの違いが分かりました。

おかげで私も虫歯治療で通っている歯医者の予約を2回もキャンセルしました。




下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月16日(金) 記事No.216
先日空いてしまった北原酒15年は余市と宮城峡のバッテッドモルトウイスキーですが、竹鶴17年も余市と宮城峡のバッテッドモルトです。
しかも、北原酒が10500円だったのに対して5423円と安い。
こりゃあ、飲んでみないとどちらが美味いのか分かりません。


竹鶴17年


こちらは竹鶴21年ですが、飲まねば。

竹鶴21年


ニッカの創始者である竹鶴政孝氏で奥さんはスコットランドの女性でした。
余市の地を選んだのは、余市がスコットランドのハイランドに似ているからだそうです。
たしかに景色が日本か?と思うほど余市川中流に行くと、まさにスコットランドです。
スコットランドへ行ったことがないので想像ですが・・・
私は死ぬまでに一度スペイ川を見てみたいのです。

竹鶴政孝氏


余市蒸留所と宮城峡蒸留所です。
余市へは行きましたが宮城峡へはいつか行きたいと思っています。

余市・宮城峡蒸留所


余市蒸留所の石炭直下蒸留
ハイランドタイプのピート香の強いウイスキーになります。

余市蒸留所の石炭直火蒸留


宮城峡蒸留所の蒸気間接蒸留
ローランドタイプのやわらかなウイスキーになります。

宮城峡蒸留所の蒸気間接蒸留


スペイサイドモルトの蒸留所とアイラモルトの蒸留所へ行くため友人と積み立てをしています。
あと3年でスコットランドへ行きます。
実は生まれてこのかた日本を出たことが一度もありません。




下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

酒全般 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年03月15日(木) 記事No.215
女性客99% まるでアマゾネスの世界です。

東方神起


建築家 出江寛 設計の東京竹葉亭リーガロイヤル店
内装ながら吉田五十八賞を受賞しました。
商環境デザイン賞大賞と関西建築家大賞も取っています。
一度見て見たかったところですが、本当は食事もしたかったです。

ちなみにランチは道頓堀のたこ焼きです。

竹葉亭


英国の陶芸家バーナード・リーチが手がけたリーチバー
昼間から営業しいるのでカクテルを1杯飲みましたが、オリエンタルな内装です。

バー

バー2


リーガロイヤルホテル29階にあるフレンチレストラン シャンボール
ドレスコードでないと入れませんので写真を撮っただけですが・・・
新居浜のリーガロイヤルにはソムリエがいないのに大阪のリーガロイヤルには何十人もいるんですね。
そういえば日本ソムリエ協会の会長をされているのは、こちらの岡さんです。

シャンボール




下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月15日(木) 記事No.214
帆船とカウンター 港のバーらしく帆船です

帆船


マッカラン12年ロック バーテンダーは女性でした 

ロック


黒人シンガー カメラを向けると嬉しそうでした

シンガー


赤い靴はいてた女の子異人さんに連れられた行っちゃった・・・










下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
酒全般 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月14日(水) 記事No.213

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「何度ぐらいから寒い?暖かい?」です。ほうじょうは関西出身なのですが、ここ最近少し暖かくなってきた!やった~春だと思って春服を気合入れて買ったら、ここ最近また急に冷え込んで、突然雪のようなものが降ったりと結局買った春服が着られな�...
トラックバックテーマ 第1393回「何度ぐらいから寒い?暖かい?」



私の場合、暑がり寒がりでして10度以下だと寒い、25度以上だと暑いですね。
いちばん過ごし易いのは15度から20度です。
月でいうと4月、5月、10月、11月です、冷暖房費もいらないですしよいです。

いちばん嫌なのは7月から9月中旬、暑くてかないません。
暑さ寒さも彼岸までといいますがそのとおりです。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村




徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月14日(水) 記事No.212
1ヶ月前のバレンタインデーにいただいたチョコレートです。

119.jpg

とてもきれいで美味しいベルギーチョコレートでした。
今まで食べたもので一番美味しかったです。

123.jpg

3段になった高級チョコレートです。
お返しにとイオンに見に行きましたが、同レベルのものがありません。
松山の三越か高島屋まで行かないと新居浜にはなさそうです。
でも仕事が忙しくて行けないので、安物で勘弁してください。

125.jpg

後日10倍返しとか言われそうな気が・・・kowai



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月13日(火) 記事No.211
不思議なことに、いつの頃からか家を買うと言う人が増えました。

マンションや建売住宅などすでに出来上がっているものなら、確かに買うで正解ですが、
今から建てようとする人でも買うと言う人がいます。

住宅以外では買うと言う表現をするのはプレハブのストックハウスか犬小屋くらいなものです。
ビルを建てる、店舗を建てる、事務所を建てる、工場を建てる等新しく建てるものを買うとは言わないですね。
住宅の場合はすでに自動車を買うのと似たような感覚なのでしょうか。

工場生産されたプレハブハウスメーカーには建てるといった観念がないのでしょう。
そのような家には職人など必要ないですし、建築家も必要ないですね。

何もないところから自分の理想の家を創るのが楽しいと思いませんか?
予算は少なくても家創りはできますよ。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月13日(火) 記事No.210
庭

会席1

会席2

会席4

会席3

会席5



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

グルメ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年03月12日(月) 記事No.209
たぶん1年くらい前にチュー太郎にキープしていたニッカの北原酒。

17年くらい前になりますか、初めて飲んだスコッチにも負けないスコッチタイプの国産ウイスキーです。
当時ニッカウイスキーから発売されていたのは北原酒15年、余市12年、宮城峡12年の3タイプ。
余市はハイランドタオプのモルトウイスキー、宮城峡はローランドタイプのモルトウイスキー、北原酒は余市と宮城峡のバッテッドモルトウイスキーでした。
3つともオーク製の木箱に入っていました(その後紙箱に変りましたが)。

今でも余市と宮城峡はありますが北原酒は十数年前に発売中止になり、もうどこにも見当たりません。

それをまだチュー太郎が持っていると言うので1年前に1本キープをして、ウイスキーの分かる人にだけ飲ませていました。
ほとんどなくなって、存在すら忘れていましたが、今夜モルトの好きな友人(今日初めて会ったのですが)がチュー太郎に2週続けて今治からやってきて、話をしている途中でふと思い出しボトルを出してもらいました。

残っていたのは1杯分弱でしたが、彼に振る舞い自分も最後に飲みました。

スコッチには安くて味も優れているのは星の数ほど(大袈裟ですが)ありますが、こんな国産ウイスキーもあったということでは貴重な存在だと思います。

記念にボトルを持って帰るつもりが忘れてしまいました。
最近もの忘れが激しくなりました。

今でも小物入れで使っている北原酒が入っていたオークの木箱。

北原酒






下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

酒全般 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 |