• 2012年04月 の記事一覧

2012年04月30日(月) 記事No.313
今日初めて第3孵化水槽に稚魚を1匹見つけました。
これから何匹生まれますか楽しみです。
第1孵化水槽は約40匹の稚魚が増えました。

こちらは約250匹の稚魚がいる90cm水槽
90cm.jpg

第2孵化水槽はまだ25匹しか生まれていません
第2水槽


親メダカ26匹はあいかわらず餌をねだり元気です。
親

現在のところ孵化した稚魚は約300匹余りです。
放っておいても400匹は超えそうです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年04月30日(月) 記事No.312
ワインはキリスト教の布教と共に世界に広まったのですね。


Cana of Galilee White

カナ・オブ・ガリラヤ 白

 
パレスチナの平野で修道院の管理のもとに収穫されたぶどうを赤で2年、白で1年以上樽熟成します。
ガリラヤ地方のカナは、婚礼に招かれたイエスが甕の水を上等のワインに変え、"キリスト最初の秘蹟”をあらわした町として知られます。

この「カナの婚礼」のエピソードにちなんでカナワインと呼ばれ、結婚式や結婚記念日用のワインとしても人気があります。

 ぶどうの品種   白:エメラルド・リースリング




◆キリストの涙という名前のワイン イタリア カンパーニャ/赤ワイン/辛口
ラクリマ・クリスティ・ヴェズーヴィオ・ロッソ
マストロベラルディーノ

神によって天国から追放された大天使・サターンは
天国の土地を一部持ち去り、逃げ出しました。

その途中、サターンは盗んだ土地を落としてしまいました。
それがナポリの街だったのです

街の人々は、お互いを憎みあい、盗みや喧嘩など 争いが絶えず、人々の心はすさんでいきました。

その悲惨な様子を、天上から眺めていたキリストは、
嘆かれ、あまりの悲しさに涙を流しました

すると、その涙が落ちた大地から葡萄の樹が生えてきて、
素晴らしいワインが生まれました。』

この逸話が、「ラ・クリマ・クリスティ」の名前の由来です。

19世紀にナポリを訪れたかの文豪ゲーテは「ラ・クリマ・クリ
スティ」を飲み、なぜキリストはドイツで涙を流してくれなかったのだろう、と嘆きました。そんなエピソードもある人気ワインです。


イタリア カンパーニャ/赤/辛口


ブラックベリー、プラムの果実香に、黒コショウやヨード、
なめし革等と香りが複雑に絡み合う。
やわらかい口当たりで、ふわりと広がる豊かな果実味が特徴的なミディアムボディーの赤ワイン。

マストロベラルディーノお得意の土着品種を使ったワイン。
使用品種は ピエディロッソ 100% 





キリストのワイン


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
ワイン |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月30日(月) 記事No.311
坂の上の雲ミュージアムに行ったせいか、今日はこの曲での浅田真央ちゃんのフィギュアスケートです。

Mao Asada・Stand Alone (坂の上の雲より)- 浅田真央・凛として

こちらは番組編集版
坂の上の雲 主題歌


こちらは日露戦争を分かり易くて詳しく図解しています。
前編約13分、後編約8分でこれを見れば日露戦争博士になれます。

日露戦争 前編

日露戦争 後編


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村


徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月29日(日) 記事No.310
NHKオンデマンドで坂の上の雲第3部が見放題になりました。

まずは、坂の上の雲ミュージアムへ行きました。
こちらは建築家の安藤忠雄が設計しました。
さすがに世界の安藤と言われるだけあって素晴らしい設計をしています。

入り口


長いアプローチです
アプローチ


中の通路には新聞に連載された司馬遼太郎の小説が貼られています。
通路


こちらは空中階段です
空中階段


フランス人画家の風刺画を人形にしています。
アメリカとイギリスに後を押されてロシアに戦いを挑んでいる日本です。
風刺

ミュージアムの中からガラス越しで撮った萬翠荘です。
萬翠荘

秋山好古さんと記念写真。
軍服は本物だそうです。
秋山好古

今日は入場する時に5周年記念で坂の上の雲ミュージアムの記念タオルハンカチをいただきました。
帰りにはくじ引きがあって、なんと生まれて初めて1等が出ました。
景品は5周年記念携帯ストラップをいただきました。
う~ん、やっとツキが回ってきたかの予感です。


帰りに寄った旧東予市のアルバトロスで晩御飯にカツ丼。
こちらのカツ丼は東予地方一美味いと思います。
カツ丼


オムライスも美味しいです。
オムライス


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村



建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月29日(日) 記事No.309
以前施主さんにいただいたCHモンペラ2005ですが、ワイン冷蔵庫のワインも底をついたので4日前に抜栓しました。
結局4日かけて飲んだのですから、1度の量は大して飲んでいないのです。
普通に美味ければ1度で空きますしせいぜい2日で飲んでしまいます。
4日もかけるというのはかなり美味いワインということなのです。

最近は貧乏性で美味し過ぎると何回にも分けて飲む癖があります。

モンペラといって「今さら何を眠たいことを」と思うでしょうが、4日目になっても益々美味くなっています。

たぶん、ポムロルのグランクリュクラスとブラインドをしたらこっちが美味いと思うでしょう。

あくまで私の想像ですが、酒質の高いこのワインと劣悪な環境がよりいっそう美味しくさせたのではないかと思うのです。
もちろんワインの酒質が弱ければ天国へ逝っているのですが

以前、もっと極端なことがありました。
家内の祖母が亡くなった時に葬式に行ったのですが、叔母からワインを6本もらいましてそのうちの2本は抜栓して2杯くらい飲んだ後でコルク栓をして押入れに数年入れていたもので、帰ってからとりあえず一口飲んで吐き出しました。
後の4本(もらったのは全部ドイツワインです)はまだ開けていない状態で、まずはトロッケンを開けました。
2杯飲んで捨てました。
次にシュペトレーゼを開けて飲むと、とりあえずは飲めました。
そして、アウスレーゼを飲むと「まあまあいける」でした。
残る1本はアイスワインでした。
絶対に美味いはずだと思って、フレンチレストランに持ち込みました。
10年程しか経っていないのに、色は飴色になっており何十年も熟成したワインのように美味しかったのです。
そのレストランのシェフが唯一のソムリエで、シェフを呼んでもらいそのアイスワインを飲んでもらいましたところ絶賛でした。
もう5、6年前のことです。

ここが難しいところなのですが、劣悪な環境と酒質の高いワインのマリアージュともいえましょうか。

めったには無いことです。



モンペラ


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

ワイン |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月28日(土) 記事No.308
第1孵化水槽は約220匹の稚魚が生まれた模様です。
たぶん、このあたりで終わりのような気がするのですが、中にはとんでもなく遅く孵化する稚魚もいるので、まだ2週間くらいはこのままの状態で置いておきます。

第1水槽は40cmなので狭すぎるため、約200匹を90cm水槽に移したのですが、うようよしています。
ほんまに200匹くらいなのか、それとも親メダカを飼っていた水槽なので残っている卵が孵化してもっと多いのか分からなくなりました。

第2孵化水槽は10匹あまり生まれましたが、あまり増えません。
もう少し様子を見てみないと何とも言えませんが無精卵が多いのかも知れないです。

第3、第4水槽は親メダカを飼っていた水槽で、どれだけ卵が残っているかによりますし、まだ早すぎます。

順調に孵化すれば400匹ほどにはなる予定です。
梅雨が明ける頃にはそこそこ成長してくれると思います。

やはり瓶より水槽のほうがメダカがよく見えてよいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月28日(土) 記事No.307
今日は空気が澄んでいるので夜も星がきれいです。
弘兼憲史原作の黄昏流星群「星のレストラン」という映画の挿入歌に使われていて、鈴木雅之が英語で歌っていたのですが背景とマッチしていてとてもすてきでした。


クラシックギター ソロ
見上げてごらん夜の星を

さわりだけですが
A Little Star 鈴木雅之


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月27日(金) 記事No.306
今日はいつもより山が近く見えます。
それに木々の緑がきれいです。
国領川から滝の宮公園、広瀬公園と車で回りましたが、どこの緑もきれいでした。

今日の気分はサライです。
サライ


郷山とその向うは赤石山系
郷山

垣生山
垣生山




下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月26日(木) 記事No.304
ある程度産卵をしたので、大切なメダカ達が4匹ポイヤック姫のおねだりで貰われていきます。
どうか大事に育ててください。


左からタイガー、ヒカリ、パンダの3匹
3匹

楊貴妃
楊貴妃


国鉄からJRに変る時の演奏です。

蛍の光 汽笛オーケストラ


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月26日(木) 記事No.303
平清盛と言えば昔の大河ドラマで仲代達矢が主演した新平家物語と源義経などのドラマで出てくる程度の知識しかありませんでした。

今回は誕生からのドラマで濃い内容かと思います。

NHKオンデマンドの見放題パックで放送から2週間遅れで観られるようになり11話まで観ました。

視聴率がかなり低迷しているとのことですが、昔と違い時代劇の視聴率が低くなっている時代に大河ドラマの視聴率を上げるのは若い世代を引きつける何かがいるのと、たぶんですが分かり易い構成にしないといけないのだろうと思います。

私自身は今までの大河ドラマを観てきて、視聴率が低かったドラマの方に興味を示しました。
戦国時代やメジャーな人物を題材にすると結構視聴率も高いのですが、あまり馴染のない人物だと面白くないと受け止められ視聴率が悪くなるかと思います。

私が好きな大河ドラマは平将門と藤原純友を題材にした「風と雲と虹と」、前9年、後3年の役の「炎立つ」、応仁の乱の「花の乱」など、どれも新鮮でした。

今回の平清盛も結構気に入って観ています。

民放のようにスポンサーがいるわけではないのですから、こういったドラマもよいと思います。


なぜ、リアルタイムで大河ドラマを観ていないのかと言うと、裏番組の「大改造劇的ビフォーアフター」でチャンネル権を家内に取られているからです。
私はこの番組が嫌いなので観ません。


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月25日(水) 記事No.302
新居浜でも風が強く吹き、夜から雨になりました。

こんな夜はこの歌を

渚ゆう子のライブに合わせた京都の四季の写真が見事です。
祇園、清水寺、金閣寺、嵐山、嵯峨野、五山送り火など見たことのある京の風景がたくさん出てきます。


京都の恋


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月25日(水) 記事No.301
孵化した稚魚を入れている90cm水槽に油膜のようなものが浮いていて、至るところに泡が出ています。
親メダカを飼っていると油膜は出ないのですが、他の水槽に移動させるとメダカの排泄物などで油膜が出来ます。
泡は水草の光合成で出来た酸素が残っているので、水が粘くなっている証拠です。

早速、上積みの水を掬い取りました。

ビフォー
ビフォー


アフター
アフター

明日になればまた油膜が出来るので、掃除が結構大変です。

第1孵化水槽から約200匹ほどの稚魚が生まれました。
第2孵化水槽は今日10匹が生まれました。
今から第2水槽ではどんどん生まれてくると思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月25日(水) 記事No.300
元大工の父親が完全に廃業して10年くらいになります。
それでも、昔に自分が建てた家の少々の改造は2年前まではぼつぼつやっていたのですが、心臓病が悪化してからは趣味の盆栽の手入れくらいしか出来なくなり、庭木も自分で切ってかなり減らしました。

50年余り大工をしてきたので、半端ものの材木がたくさん余っており、何十年もかけて自然乾燥しているので使い方によっては面白いものが建ちます。
中には檜や欅の原木を買って高級住宅に使った余り物もあります。

材木を選り分けるのが大変ですが、和風住宅を希望する建築主が現れたら、それもまた楽しいかと思います。


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月25日(水) 記事No.299
1970年代前半にエメロンシャンプーのCMで一世を風靡しました。
私的には仙台の人がいいですね。

ふりむかないで ハニーナイツ


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月24日(火) 記事No.298
こんな天気のよい夕暮れから夜にはこの音楽がお似合い。

夜空のトランペット~夕焼けのトランペット


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月24日(火) 記事No.297
今日は朝からいい天気で暖かく初夏の気温だそうです。
かといってまだ半袖には少し早いような気がします。

とりあえず、仕事がほんの一段落ついたので全窓を開け放して昼寝をしました。
全窓といっても東側に4つあるだけです。

今までは昼寝をする時は毛布を掛けていたのですが、今日は窓から吹いてくる風がここちよく幸せな昼寝でした。

その東側窓際の1つに90cm水槽2つと60cm水槽1つと40cm水槽2つを置いています。
今の季節は朝7時くらいから11時くらいまで日光が当たります。
外の北西には大きな瓶1つと小さな瓶3つ置いてあり、こちらは午後2時くらいから6時くらいまで西日が当たります。
残念ながら南側には材木倉庫があるため窓がなくて、メダカを飼うにはよい環境とは言えません。

材木を全部除けてスレート屋根を半透明のポリカに葺き替えれば立派な温室ができます。
25坪ほどあるのでメダカの養殖場が出来上がります。

食べていくのに困らなくなったら、老後の趣味でやりたいなあ。
ワインと違いメダカは金がかからなくてよいです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2012年04月24日(火) 記事No.296
運がよけりゃ、運がよけりゃ、運がよけりゃ、美味いワインにありつけるさ

運がよけりゃ、運がよけりゃ、運がよけりゃ、人生幸せさ


運がよけりゃ 映画マイ・フェア・レデイより

運がよけりゃ


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月24日(火) 記事No.293
今の気分はオードリー・ヘップバーン

大正ロマンからいきなりミュージカルとは、抽象的と言われる所以

私の心は点の混在

映画マイ・フェア・レディより

踊り明かそう


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月23日(月) 記事No.295
数年前の事ですが、日本テレビだったか、テレビ東京だったか、年末時代劇だったのか正月時代劇だったのかも忘れましたが、スポンサーのベルーナの宣伝の中で、今年の目標で家族でみんながそれぞれ抱負を言う中で嫁さんが「今年はワインを極める」と言っていました。

次の年に来た年賀状の中に家族の今年の目標を書いていました。
中学校時代の同級生で開業医になっており、その奥さんの目標が「今年はワインを極める」でした。

ただただ、おかしくて笑ってしまいました。

なぜ笑ったかって?

ワインで棺桶に首まで浸かればば分かります。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
ワイン |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年04月23日(月) 記事No.292
今夜は大正ロマンの気分

宵待草


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村



徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月23日(月) 記事No.294
家の90cm水槽のメダカたちは私の姿を見ると餌をせがみます。
1回の餌は30秒以内で食べてしまい、とにかくよく食べます。
産卵をしているためか雌のほうが食欲旺盛です。

423-1.jpg


423-2



孵化した稚魚はもう一つの90cm水槽で現在約130匹になりました。
それより多いかも知れません。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月23日(月) 記事No.291
今朝は目ざめればエーゲ海の気分

エーゲ海の真珠


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月23日(月) 記事No.290
25年も前になりますが、父親が現役の大工だった頃に、それよりも50年前に祖父が建てた布団屋の家だったのか倉庫だったのかは覚えていないのですが、改修を依頼されて見に行った時の事です。

帰ると「親父はやっぱりたいした腕じゃ、下げ振りを下ろしたら一分違わんかった」と言いました。

下げ振りとは下に重りを付けた糸を上から垂らして垂直の狂いを見ます。
一分とは約3mmです。
柱は通常3mの長さですから、1/1000以下の精度ということになります。

今は柱の垂直を見る道具が色々ありますが、それでも新築の家では見た目で分からないだけでかなりな狂いがあります。
それを仕上げでごまかしているだけです。
ただ、建物自体の強度に影響を及ぼすものではありません。

昔の大工は木の年輪を見てどこに使うかを決めていました。
今それができるのは国宝級の社寺を建てている宮大工くらいなものです。

高度成長の前の人件費は少し前の中国なみでしたから手間をかけていました。
今の日本人は人件費が高すぎて、その割りに職人の給料は大手企業や官公庁のサラリーマンに比べて安すぎます。

戦前までは凶作になると農家が娘を女郎屋に売らないと生活が出来なかったのに比べると、今の日本人の生活は格段に楽になりました。
庶民は生活が苦しいと言いながらも餓死者はほとんどいません。

でも、何かがおかしい。


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村






建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月22日(日) 記事No.289
今夜の気分はスイングジャズ

映画スイングガールズからムーンライトセレナーデ~メキシカンフライヤー~シング・シング・シング
スイングガールズ

映画グレンミラー物語から
ムーンライト セレナーデ

映画ベニーグッドマン物語から
シング・シング・シング


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村




徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月22日(日) 記事No.288
稚魚が孵化しはじめて4日目ですが、すでに100匹を超えました。

第2水槽はまだですが、親メダカを飼っていた90cm水槽には採取もれの3匹が孵化していました。

一体何匹の稚魚が生まれるのか?


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月22日(日) 記事No.287
第2次世界大戦当時ナチス・ドイツに併合されていたオーストリアの将校一家の話です。
アルプスの自然が美しいですね。

懐かしいサウンド・オブ・ミュージックの中から

エーデルワイス


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村



徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月22日(日) 記事No.286
20年ほど前ですが、割烹料理屋の新築工事があり、ある工務店が競争入札で落札しました。
電気、空調、給排水、厨房を分離発注して建築工事だけで90坪を4500万円ですから坪単価50万円になります。
合計で6000万円の工事でした。
坪単価が約67万円でした。

1部屋だけ坪庭つきの特別室を設けました。
いわば接待用の部屋で内装は純和風にしており、天井は女竹の竿縁で数奇屋風の部屋でした。

そして、この部屋だけの工事をしに来た大工がいました。
私より20歳くらい年上でしたが道後温泉旅館の茶室を手がけていると言っていました。

天井の工事に入る時に大工工事を請けている工務店の専務が「竿縁は釘打ちでさせてほしい」と言ってきました。
設計では釘を見せない工法を指定していたのですが、「直径15mmの竹では釘打ちをしないと出来ない」と言いました。
そこで、当時大工の棟梁をしていた父親に「釘打ちをしないと出来んと言うのじゃけど、ほんまに出来んのじゃろか?」と聞くと「かなり手間がかかるけど、こうすれば出来んことはない」と教えてもらい、そのとおりに伝えると専務を通り越して応援の大工が言ったのです。
「ここまで言われて出来んとは言えんわ、やったる」
専務は「そんなに手間をかけるほど予算を貰ってない」と反対をしましたが、大工は聞き入れなくて手間をかけて仕上げてくれました。

職人の意地でした。

その大工が部屋の工事を仕上げた夜に感謝の意をこめて施主さんがやっている割烹で大工と一緒に飲みました。(もちろん私の奢りで)
その時に「専務は反対したけど、わしは出来んと思われとうなかった」と言っていました。

ただ、その部屋に入った人でその仕事が分かる人はたぶん1人もいなかったと思います。

設計者のマスターベーションと大工の意地でやった仕事でした。

駅前区画整理でその建物は取り壊され別の敷地に新築をしましたが、最初から予算がなくてグレードが低くなったので設計にさえ入れませんでした。

新築した店は以前にも増して繁盛していますが、来る客はそこまでの仕事を求めてはいませんでした。

しかし、あの大工は腕がよかったですが、酒癖は悪かったです。

そんな職人が私は好きです。

私の父親も若い頃は偏屈で有名でしたし・・・


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月21日(土) 記事No.285
今夜の気分はロミオとジュリエット

オリビア・ハッセ15歳の時だそうです

ロミオとジュリエット


最近調子が悪い真央ちゃんですが、がんばってほしいです。

ロミオとジュリエット 浅田真央


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月21日(土) 記事No.284
トラックバックテーマ 第1417回「作業するときに音楽は聴く?聴かない?」



車を運転している時にも聴きません。
理由は救急車や消防車などの緊急車両のサイレンの音が聞こえなくなります。

仕事をする時にバックミュージックなどありえないです。
理由は好きな音楽以外は雑音にしか聞こえないのでイライラする。
好きな音楽は聴き入ってしまうので仕事が出来ないからです。

つまり一度に1つのことしか出来ないのです。
不器用ですから


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村


徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月21日(土) 記事No.283
午前中には抱卵していなかったメダカが午後に6匹抱卵していました。

でも、水槽を引越しした後で抱卵とは何故でしょうか。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |