• 2012年05月 の記事一覧

2012年05月22日(火) 記事No.354
ほぼ1日中仕事場で来客が多くてあまり仕事が捗りませんでした。
と言っても仕事の客なんですが、図面が進まないと仕事をした気になりません。

夕方に建築主さんのところへ図面を持って行き打ち合わせをしたくらいです。

あとはメダカを見ながらまったりと、大きな変化もない1日でした。

そろそろ衣替えをしないといけませんね。

メダカの稚魚たちも少しずつ大きくなっていますが、梅雨が明ける頃にはメダカと呼べるくらいになると思います。

夕飯に帰ると25歳と21歳の姉妹と家内が話をしていて、

家内が「バアバと呼ばせないようにしてよ」と言っているので、何の話をしているのかと思えば子供が生まれた時のことを言っているようで、
「その前に結婚相手を見つけろ」と娘に言ってやりました。

キリスト教でもないのに協会で結婚式をしてバージンロードを歩きたいなどと言っておりました。

今の日本は宗教戦争がないから平和ですね。


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年05月21日(月) 記事No.353
近頃はリフォーム専門の会社が多くなりました。
増築を伴なわなければ建築確認申請も要らないし、建設業の許可がなくても出来るのでリフォーム業者が溢れているようです。

いくら建築確認申請が要らなくても補強をしないで勝手に柱や梁を除けてしまうのは恐いですね。
今は反対に耐震補強をしている時代ですから、たかがリフォームと思わずに建築士事務所を持っている業者に依頼したほうが無難です。

テレビでやっている劇的ビフォーアフターでも壁を取り除くと、以前のリフォームでとんでもない工事をしていた例がありました。

依頼する側は便利なように壁で仕切られている部分を取り除いて広く使える一部屋にしてほしいと頼んだ場合にもしも補強せずに柱と壁を取り除いてしまう業者がいたとしたら最悪です。
最低でも梁の補強はしなければいけませんが、柱を取り除くなら壁量の計算をして建物のバランスを考えた場所に体力壁を作らなければいけないし、古い建物であれば柱や壁を除けなくても危ない状態の家が多いですから余分に補強が必要になります。

近い将来に来る可能性の高い大地震のことを考えれば、設計専門の建築士に設計を依頼して、建設業登録をしている工務店に施工を依頼するのが安心できます。


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
建築について |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年05月20日(日) 記事No.352
少し前まで100匹あまりいた第2孵化水槽の稚魚が12匹まで減りました。
原因はわかりませんが、残っている稚魚で成長したと思われるのは1匹だけで後は生まれて間もないくらいの稚魚でした。
残っていた1匹は少し大きいくらいで他の稚魚を食べるほど大きくはなっていません。
結局11匹を第3孵化水槽に合流させました。
大きくなっていた1匹は第1孵化水槽の成長の早い10匹と合流させました。
稚魚がいなくなった第2孵化水槽には第1孵化水槽の中でも特別に大きくなった1匹を移動させました。

こいつが今年生まれた中で一番大きくなった稚魚です。
体長は1.2cmくらいです。
第2孵化水槽5月20日


外の瓶の水草を入れたバケツから生まれた稚魚です。
今は8匹が孵化しています。
孵化バケツ5月20日

いつもの親メダカの正面顔です。
親メダカ5月20日


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月19日(土) 記事No.351
トリンドル玲奈という名前を初めて知り画像を見てみると「あれ、ソフトバンクの宣伝に出ている娘じゃないか」。

実はソフトバンクの宣伝に出ているのは佐々木希だと思い込んでいました。
ウィルコムの宣伝にも出ているのに「携帯電話の世界はありなのか?」と疑問に思っていたのですが、これで疑問は解決しました。

私がテレビを観るのは夕食時に家族の誰かが観ているのを一緒に観る30分間くらい。
だから最近出てきた俳優やタレントは知らないので、テレビがないと生きていけない家内や下の娘に聞くと煩がられます。
上の娘は性格が私に似ているせいか教えてくれます。

お笑いなどは知らないのばかりですが、このあいだ杉ちゃんを知りました。

私の中では杉ちゃんは杉良太郎でマツケンは松平健なのですが・・・

歌については30年前から時計が止まったままです。

韓流は興味がないので一切観ません。
中国映画は歴史が好きなので観ます。

下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年05月18日(金) 記事No.350
今日は夕方から体がだるくてパジャマに着替えて寝ました。
体調がすぐれないのではなくて寝不足です。
私の普段はほとんど1日中仕事場にいて、時々官庁や現場に出かけるのですが、この4、5日は慌ただしくて睡眠不足気味でした。

今日は障害者福祉施設の工事完了引渡しだったので、完成図面と監理日報を仕上げるのに根を詰めたため寝不足になり、引渡しが終わった後で別の現場の基礎配筋検査に行き仕事場に帰ったら、どっと疲れが出てきました。

3時間ほど寝ると元気になりました。
やはり人間は寝ると食べるは大事です。

そろそろメダカの瓶の掃除をしないと、ずいぶんとグリーンウォーターになってきました。
水槽ももう一つほしいのですが置く場所がありません。
夏休みの終わり頃になると安売りするのでそれまで待ちましょうか。


ブログを再開してから毎日更新を心がけてきましたが、そろそろ挫折しそうです。

下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村


徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月17日(木) 記事No.349
昔から一部の不動産屋には煮え湯を飲まされてきました。
昔は酷くてまさに悪徳と言っても過言ではない人もいましたが、今はそこまでではないですが法の抜け道を探している人は多いです。
不動産を売ってなんぼの商売ですから売りたいのは分かりますが、買った人が建物を建てるのに困難を要する土地を平気で、もしくは勉強不足で知らずに売ってしまいます。

最近多いのは道路のトラブルです。
国有地である農道を含めて4mになるように、敷地を分筆して土地改良区に寄付した上で4mの幅員証明をとるやり方ですが、多くの特定行政庁は認めていません。

私の住んでいる市でも以前は認めていなかったものを何故か数年前から道路として認めるようになりました。
線引き廃止で農地を購入して家を建てることができるようになってから、狭い道路に面した農地を分筆して土地改良区に寄付をして分譲を始めたのです。
ところが最近になってトラブルが多発したので以前のように、勝手に拡幅したものを道路とは認めなくなりました。

今までに建築主が購入した土地に家を建てる時になって調査をして初めて障害が明らかになったりします。
そしてそれは重要事項説明書には記載されていません。

きちんとした不動産屋はそのようなことはしませんが、一部の勉強不足の不動産屋がやってしまうのです。

念のために土地を購入する時には建築基準法に詳しい建築士に相談をしたほうが無難です。


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月16日(水) 記事No.348
昨日外の大きな瓶の水草を見ると卵がいっぱいついていたので室内のバケツに入れたところ、今日には3匹孵化しました。
室内の水槽のメダカは卵を食べてしまうので水草にはあまり付いていないのですが、瓶のメダカはあまり卵を食べないようです。
すぐに稚魚が孵化したのは卵を産みつけて10日以上は経っているということです。

バケツ0516


水草をバケツに移したので代わりにホテイアオイを1個入れました。
大瓶0516


今日にはもう卵を産みつけていました。
卵0516


一番小さな瓶には去年の秋に生まれた成長の遅い3匹を入れていましたが、1匹は親のいる大きな瓶に移し
あとの2匹はまだ小さいので4月に生まれた稚魚で成長が早いグループと一緒に入れました。
小瓶0516


こちらの2つの瓶には野生のメダカ1世がいますが、ホテイアオイには卵を産みつけていませんでした。
中瓶0516


室内の90cm水槽の親メダカはいつも愛嬌顔です。
親メダカ0516


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月15日(火) 記事No.347
うちの水槽にはメダカの同居生物にエビがいて、招かざる同居生物はミズムシと2種類の貝です。
ミズムシは水路で獲ってきた水草に付いていたもので砂利の中に身を潜めて繁殖しています。
去年の夏に水槽をリセットして砂利も天日干ししたので全滅したと思っていましたが、水草に卵が付いていたのか90cm水槽にだけ残りました。
貝は購入した水草に付いていた卵が原因ですが、こればかりは全滅不可能です。

90cm水槽にはメダカの10倍くらいの数のエビがいます。
これらはミナミヌマエビと外国産の赤いエビとの雑種です。
最初に赤いエビを20匹買って入れたのですが、3匹くらいまで減ったので安いミナミヌマエビを買い足してもう4世代くらいの雑種です。
エビ

水槽はエビだらけです。
メダカとエビ

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月14日(月) 記事No.346
第2孵化水槽もほとんど孵化が終わったようですが、100匹ほどいた稚魚が激減しています。
数えても30匹ほどですが死骸は1匹も見当たりません。
一体何があったのでしょうか?

第5孵化水槽では少しずつ稚魚が増えているようです。

メインの90cm稚魚水槽では稚魚がすこしずつ大きくなってきました。
こちらでも水面を泳いでいる稚魚は減りましたが、下の方でも泳いでいるので全体に散らばった感じです。

孵化水槽からエビは全て親メダカの90cm水槽へ移しているので、親メダカ26匹に対してエビはたぶん200匹くらいいます。

わがもの顔のエビ
えび


今日のメダカの横顔
14日親メダカ

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村



メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月13日(日) 記事No.345

今日の親メダカはいつもと少し違う動きを見せています。
さてはエビの子供が生まれたかな?
最近数匹のエビが抱卵をしていたので稚エビが生まれるかと思っていましたが、生まれたエビのほとんどは親メダカに食べられてしまいます。
残酷ですが、これも小さな自然です。

5月13日親メダカ

5月13日シーラカンス

勝手にパンダと呼んでいますがパンダですよね。
5月13日パンダ

こちらは目前メダカですよね。
5月13日目前

第3孵化水槽はそろそろ孵化が終わったようです。
5月13日第3孵化

第4孵化バケツはいつのまにか8匹に増えました。
5月13日第4孵化

第5孵化水槽では約30匹になったようです。
5月13日第5孵化


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月12日(土) 記事No.344
今日は地域型住宅ブランド化事業説明会という分かりにくい説明会に高知まで行ってきました。
何度か案内の封書を送ってきたのですが「こんな訳の分からんもの関係ない」と無視していました。
最終説明会の締切日に松山の愛媛県中小建築業協会より電話がかかり「この説明会を受けないと長期優良住宅の設計は出来なくなりますよ」と脅されました。
それからネットで国交省のホームページを調べてみると、その通りでした。
慌てて申込書に書き込みファックスをしたわけで、今日はギリギリセーフの説明会を聞くために朝から高知の春野まで行きました。

途中の南国サービスエリアですが、なんこく市なのにサービスエリアはNANGOKUです。
それにリョーマの休日て?オモロイですねえ、おやじギャグ・・・
南国

さすが土佐の高知は鯨です。
スライムじゃなくて鯨です。
鯨

ナビをたよりにやっと着きました。
ここが会場の春野文化ホール入り口です。
正確には見えているのは図書館ですが、この方向が一番きれいなので撮りました。
春野文化ホール

こちらが会場の高知市春野文化ホール ピアステージです。
こんな田舎に立派な建物が建っています。
ピアステージ

正面玄関ポーチですが、本物の玄昌石です。
風合いがあってきれいなのですが、弱いのですぐにボロボロになります。
旅館の玄関に張っていつも掃除をして塗れているととてもよいのですが、こういった公共のホールの入り口には失敗だと思います。
私の仕事場のポーチにも張っているので、経験者は語るです。
ポーチ

午前中はそれほど人も多くなく説明を聞いて、田んぼの見えるところで昼ごはんを食べました。
とにかく田舎で近くに食堂もなければコンビニもないので、新居浜のコンビニでおむすび2個とお茶を買ってきました。
田んぼの周りに水路があったので、野生のメダカがいるかな~と探しましたが、おたまじゃくしとアメンボしかいませんでした。
やっぱり野生のメダカは絶滅危惧種なんですね、こんな田舎にもいないなんて。
田んぼ

午後になると急に人が増えて写真に写っていない後部にはびっしり人がいます。
500人くらいいたのではないかと思います。
3時半に終わる予定が質問者が多くて4時までかかりました。
講習会場

地域ブランド化事業とは平たくいうと、「この米は何処そこの誰それ誰べえが作ったもので、大根は○○×△が作ったものです」を住宅に当てはめたようなものです。
材木は高知の何処そこの山で取れたものを△○製材で加工して、×△設計事務所が設計して、○×工務店が施工して、サッシは○×建材が納入して、キッチンは○○建材が納入した長持ちする高性能住宅です。
これを記録に残してメンテナンスは責任をもって出来ます。(10年過ぎればお金はかかりますが)
そして国交省と林野庁から補助金が建築主に○○○万円出ます。
そのかわり、このグループに登録をした業者でないと出来ません。

今からの事業計画ですから、どうなるか分かりませんが、四国4県が一つのグループで工務店が約200社、設計事務所が68社だそうです。
四国4県ではこのグループしか出来ないそうです。
4県の県知事が顧問になっており国と行政の協力があるそうです。
法律で定まったものですし、母体が建設国保や住宅瑕疵担保保険を取り扱っている4県の社団法人なので間違いはないようです。

ただ、何か気に入らない


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月12日(土) 記事No.343
男子浴室、更衣室が完成した後で女子浴室、更衣室の改修工事が始まり約1ヶ月で完成しました。
施設の屋上から見た景色ですが、遠くに西条市にある今治造船のクレーンと海が見えます。

景色西条


この施設は山の裾野にあるため山が近いです。
小鳥のさえずりが聞こえてきます。
屋上には雨漏りの点検に上がりましたが、20年も経つと防水が到る所で切れていますし亙も汚れています。

景色山


完成した男子浴槽を1週間使ってみて使いにくい部分を聞き設計変更をしています。
2槽に分けていた浴槽を1槽に戻し、横手すりも追加をしました。

女子浴槽


クネット手すりはそのまま残しました。
階段部分の水止石は滑る危険性があるので分かり易く色違いの滑らないタイルにしました。

クネット

特殊浴槽はそのまま男子浴室と同じです。

特殊浴槽


洗い場に下に広がっている縦手すりをつけました。
男子浴室では洗い場の上の吸気口から冷たい空気があたるので女子浴室では3方を囲いました。

洗い場


障害者福祉施設の浴室は各施設によって色々違いますが使っている職員の意見も色々です。
設計時には職員が他の施設を見に行き、そこの職員の意見を聞き、何度も変更をしましたが、実際に使用してみると不具合も出てきます。
なかなかに難しいですが、私にとってもよい勉強になりました。


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
作品紹介(その他) |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年05月11日(金) 記事No.342
左の一番下ですが、ポニョに似てると思いませんか?
ポニョ


左から二番目の上は顔がバッタみたいです。
左下はなんとなくシーラカンスみたいに思えます。
バッタ

メダカもアップしてみるとそれぞれ顔が違いますね。

そんなことで今日の歌です。
崖の上のポニョ




第15回 1年以上前に書いたブログブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
第15回 1年以上前に書いたブログブログトーナメント


にほんブログ村 観賞魚ブロ<br />グ メダカへ
にほんブログ村

メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月11日(金) 記事No.341
<スロープ崩落>構造計算ミスの疑い…警視庁、建築士立件へ

震度5弱の地震でスロープが崩壊し、死傷者が出た。
周囲の建物には変化が見られなかった。
このことから調査をしたら設計図と構造計算の食い違いが出てきて、建築士の責任が問われようとしています。

姉歯元建築士の構造計算偽造事件の時も同じですが、確認申請を審査する機関が見抜けなかったのは何故か?
構造計算偽造を見つけた民間審査機関は国交省と警察に潰されました。
見抜けなかったのは民間審査機関だけではなく多数の市役所や区役所も含まれていましたが、これらの公共審査機関はお構いなしでした。

偽造やミスを見抜けない理由ははっきりしています。
公共審査機関に構造のスペシャリストがいないからです。
県庁や市役所で構造計算をチェックする人は特別に構造が得意な人ではなくて、そこに配置されてから独自で勉強をするために限界があります。
国交省は特定行政庁に対して何故構造のスペシャリストの人員配置を義務付けないのでしょうか?

人間はミスをします。
大きいか小さいか、の違いがあるだけです。
それを何重にもすることによって多くのミスが防げます。

何重かのチェックができない理由は設計料の安さにあると思います。
十分な時間をかけられないからミスや手抜きが起こります。

昨日のことですが、偶然に会ったある会社の会長と立ち話をしました。
店舗を何軒も出店している会社で、私も2年ほど前に設計料の見積もりをして「高い」と言われ私より安い事務所で設計をしました。
今年もまた出店することは聞いていましたが、私のところには声もかかりませんでした。
相手から今年も店を出すと話をしてきたので「どのくらい進んでいるのですか?」と聞いたら今、設計段階だと言いました。
前と同じ事務所に設計を依頼したのかと聞くと別の事務所だと言うので、何故かと聞くと、その事務所の半値で設計をするところを見つけたとの事でした。

その金額を聞いて呆れましたが、もはやまともな設計が出来るはずがありません。
いくら仕事が減っているとは言え、自分で自分の首を絞めているに等しい行為です。

建築主にも色々な人がいますが、設計の重要さを分かってもらえない人の仕事は拒否する姿勢が大事だと思います。
建築士はもっとプライドと責任を持つべきです。


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村



建築について |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年05月10日(木) 記事No.340
90cm稚魚水槽は水面も水中も稚魚でいっぱいです。
90㎝


第2孵化水槽は100匹止まりの模様です。
第2

親メダカの横顔です。いつも癒されます。
親

水面のメダカです。
親水面

現在は第5孵化水槽の稚魚がじわじわ増えています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月10日(木) 記事No.339
私がまだ設計事務所へ勤めていた30年くらい前には浄化槽の申請をするには

排水路を管理する土地改良区でお金を払って放流同意書に印鑑を貰いに行き、申請関係の書類を書き込み、
図面を5部コピーして、管理業者の所へ持って行く。

その書類を管理業者が浄化槽管理センターへ持って行き印鑑を貰うと、こちらに連絡があり、それをまた貰いに行き1年間の維持管理料を支払う。

その書類を建築確認申請に添付していました。

浄化槽維持管理業者が入るお金は1年間で約2万円くらいなので、「浄化槽申請をしてやる」という風な殿様商売でした。

ある時、貸しビルの一角で浄化槽管理を始めた人がいて

最初はたぶん奥さんと2人で始めたのだろうと思います。

「書類の書き込みも土地改良区の同意も全部サービスします」という商売をしたのです。
それまでは浄化槽の申請が絡むと面倒だったので、[図面だけ用意をすれば全部してくれて、取りに来て、持って来てくれる]となればものすごく楽になるし、費用も立て替えてくれるならこんなによいことはない。

なだれを打つように、その管理業者に依頼が殺到しました。
当時はまだ公共下水がなくて、汲み取りから浄化槽に代わっていった頃で市場が拡大していました。
1年間の維持管理料は2万円程度でも、一度契約をすれば何十年も更新するのだから決して悪い商売ではありませんでした。

それまで殿様商売をしていた管理業者は、慌てて同じサービスを始めましたが時すでに遅かったようです。

まさに独占状態になりました。

浄化槽も初期の単独処理槽から3次処理槽、さらに現在の小型合併処理槽へと代わってきました。
単独処理槽の時には浄化槽排水は完全に浄化されていない状態で水路へ放流されていなくて、灌漑用水を使っている農家から苦情が来ていました。
ですから灌漑用水路へは浄化槽の排水ができないところが多かったのです。
やがて小型合併処理槽を義務付けられると、便所だけではなく台所や風呂、洗濯排水も一緒に浄化されるということで灌漑用水路にも放流できるところが増えました。

それでもまだ嫌がって放流許可をくれない土地改良区もありました。(今でも嫌がる農家はあります)
いくら浄化するといっても、元は他人の排泄物が田んぼに入ってくると嫌なのは分かります。

その放流同意を貰う時に、水路を管理している土地改良区の理事長が「浄化槽を通っても汚いので同意は出来ない」と言うので、この管理業者さんは「きれいな水に変わっています」と浄化槽排水を自分で飲んだそうです。
これは私共の中では伝説になっています。

この管理業者さんは浄化槽の排水が放流できるかどうかを先に調査してくれるのですが、すでに会社は大きくなっていて従業員が調査業務についていました。
土地改良区に確認をとり「放流できます」と回答を受けた水路が、浄化槽申請を依頼した跡で隣の土地改良区が管理をしている水路で放流できないことが判明しました。
放流するには道路を縦断して50m先の水路まで配水管を埋設しなければいけなくなりました。
大手ハウスメーカーの仕事だったのですが、大手ハウスメーカーは建築主に出来ると返事をしたら赤字が出ても信用に関わるためにやります。
この道路縦断埋設菅の余分な費用を「うちのミスだから」と浄化槽管理業者さん自ら申し出て200万円を負担しました。
大きな赤字でしたが、ハウスメーカーから大きな信用を得ました。

現在は浄化槽が公共下水に代わってきていますので浄化槽管理業の仕事は激減していますが、この信念を持った人ですから他の関連事業で業績を伸ばしています。
今は実務から退いて会長になっていますが、たまに会っても腰の低い人です。

『実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな』


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村



建築について |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年05月09日(水) 記事No.338
今日のメダカの横顔です。
90cm水槽に26匹いますが姿を見ると寄ってきます。
いつ見ても愛らしいですね。

横


めだかの学校
上

第2孵化水槽は100匹であまり変わらず、第3孵化水槽もあまり変らず、第4孵化バケツは1匹増えて4匹になりました。
第5孵化水槽は6匹増えて10匹になりました。
稚魚のいる90cm水槽では数の管理不能状態ですが、稚魚の大きさを見るとやはり孵化は続いている感じがします。
第3と第5孵化水槽は楊貴妃を入れていたので大きくなるのが楽しみです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月08日(火) 記事No.337
今朝起きて水槽を覗くと、諦めていた第4孵化バケツに稚魚が3匹泳いでいました。
一度だけ10個ほどの卵をダルマメダカから採取していたものです。

第5孵化水槽では昨日1匹だった稚魚が3匹に増えました。
第1孵化水槽は、もう孵化水槽ではなくなり大きめの稚魚を10匹入れています。
第2孵化水槽は、見た目は昨日と変わりません。100匹余りでしょうか。
第3孵化水槽は油膜がかなり出ていますが稚魚の数はあまり増えていないようです。
第3孵化水槽

90cm水槽はもう数の管理不能です。

26匹の親メダカはいつも元気です。
親メダカ8



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月08日(火) 記事No.336
つつじに蜜を求めて1匹の蜂がいそがしく移動していました。
ミツバチにしては体型が違うし、クマバチか?と思いましたが、それにしては小さい。

調べてみるとクロマルハナバチというミツバチの仲間でした。

クマバチ


今日はこの曲です。
熊蜂の飛行


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月07日(月) 記事No.334
第1孵化水槽では孵化が完全に終わりました。
第2孵化水槽は100匹までは数えましたが動き回っているのでそれ以上は数えられません。
第3孵化水槽はまだ30匹くらいです。この水槽は3日くらい親メダカを4匹入れておいて勝手に卵を産み付けたので、それほど多くの稚魚は生まれてこないはずです。
第4孵化バケツは孵化しないでしょう。
第5孵化水槽に稚魚を1匹見つけました。
今から徐々に稚魚が増えるはずです。

90cm水槽には400匹以上の稚魚がいるはずですが、それ以上は把握できません。
とにかく稚魚がうようよしています。

全部合わせると、想定稚魚総数は600匹くらいではないかと思います。

全部が親メダカに成長したら水槽が足りません。

オヤ1



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月06日(日) 記事No.332
今日は広瀬公園の近くに用事があったので、広瀬公園を散歩しました。
4月は桜できれいな公園ですが、花は完全に散って新緑です。

広瀬公園


元々は住友家初代総領事だった広瀬宰平さんの屋敷でした。
池には1羽の白鳥がいました。

白鳥


昭和46年に広瀬家から新居浜市に寄贈されました。

池


池の周りを1周して、その後敷地の外を1周しました。

池の道


東側から北側、西側、南側の一部は石積みの塀です。

石垣


南側の半分は煉瓦積みの塀で倉敷を歩いているように情緒があります。

煉瓦


今日のコースで25分でした。
広瀬公園の南側は初めて見ましたが煉瓦の古びた美しさが出ています。
新居浜にもこんなよいところがあったのだと知りました。



下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月06日(日) 記事No.331
昨日見ていなくて、今日見ると第2孵化水槽では稚魚が約100匹に増えていました。
第2孵化水槽

第3孵化水槽にも変化があり30匹ほどに増えていました。
第4孵化水槽

親メダカ26匹は相変わらず元気です。
今日は同居しているエビも一緒です。
親メダカとエビ


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月06日(日) 記事No.330
今日はバーベキューでした。
準備万端で去年買ったバーベキュー用七つ道具を持って、スーパーで魚介類と肉を買出しして、現地の川の約10m上の所に車を止めて階段を降りて行きます。
去年は草が生い茂って階段も見えないくらいでしたが、今年はきれいに草を刈っていました。

この階段を10m降りると
階段上

こんなきれいな川があります。
川 (2)

こちらは高知側の景色です。
川

アマゾンで買ったバーベキューコンロです。
折りたたみ式で持ち運びに便利です。
新品

まず、炭をおこす円筒型の優れものに炭と着火剤を入れて炭をおこそうとするのですが、炭がおこりません。
5分で炭に火がつくと説明書に書いてあったのに、着火剤全てを投入しても火がつきません。
初めてオガ備長炭の説明書を読むと「火がおこりにくいので普通の炭に火がおこって入れてください」と書いていました。
その後、小枝を集めて火をつけても炭がおこる気配がありません。
仕方がないので小枝を燃やしてイカを焼いてみましたが、真っ黒こげでした。
炭

右下にある黒いのが最初に焼いたイカです。
もうダメかと諦めて片付けをしようと思っていたら、炭に火はついていないのに結構熱いので試しにホタテを焼いてみるとじわじわと焼けて食べると美味しい。
次にトリカイを焼いてみるとやはりじわじわと焼けてめちゃ美味い。
白ワインをかけて蒸し焼きにしてみました。
これぞ、「災い転じて福となす」でした。
ホタテ

真っ黒こげのイカを食べています。
味は悪くないですが、灰もぶれで真っ黒です。
烏賊

こんな弱火で肉が焼けるのかと思いましたが試してみると、「こんなに美味い肉を食べたのは初めて」で蓋をして焼くと半分燻製のようになって、ホタテ、トリカイ、エビもめっちゃ美味いです。
肉

階段下

行きはよいよい帰りは恐いでした。
とてもよいところなのですが、酔って階段を上がるのは危険でした。
もう少し安全な所を探したほうが良さそうです。


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月05日(土) 記事No.329
去年の11月に生まれた野性のメダカ2世の中で成長の遅い4匹を分けて飼っています。
親メダカと一緒に入れられる大きさに育っていないからなのですが、この内の3匹は今年4月に生まれた一番大きいメダカよりも小さいのです。
4ヶ月半も違うのですが何故でしょうか?
冬の間は室内で飼っていたし餌も食べていたのですが、野生のメダカ2世は個体差が激しいようです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月04日(金) 記事No.328
今日は8ヶ月ぶりに散歩をしようと思い、4ヵ月くらい前に買ったおニューのウォーキングシューズを履いて出かけました。
去年の夏に歩いていたのですが、足が痛くなり中断して秋、冬と過ぎていきました。
一度中断すると楽な方へと気持ちがいってしまい怠惰になる性格です。
両足はずっと痛いのですが、無理をしない距離に留めておけばなんとかなるかと思ったりもしますが、続くかどうかは未定です。

八幡神社にお参りをして
拝殿

松林を抜けて
松林

垣生海岸に出ます
海岸

海岸に出ると風が強く「天気晴朗なれど波高し」バルチック艦隊は見えません
波

光る海の海岸沿いを歩き弁財天公園でお参りをして引き返し
光る海


八幡神社の裏参道を通り本殿を左に見ながら、もう一度拝殿でお参りをして帰ります。
本殿

ゆっくり歩いたので所要時間45分くらいでした。


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月04日(金) 記事No.327
大部緑色になってきた外の大きな瓶の掃除をしました。
チューブで水をあらかた捨てて、メダカを別のバケツに移し瓶の掃除をします。
水は地下水なので水温だけ気をつけて総入れ替えです。

ビフォー
掃除前

アフター
掃除後

この後、野生のメダカ1世の瓶も掃除をしましたが、懐いてはくれません。
2世は懐いているのですが、1世は逃げ回ります。

室内の水槽では、もう打ち止めかと思った第1孵化水槽に4匹生まれていました。
第2孵化水槽はじわじわと70匹ほどになりました。
第3孵化水槽はまだ4匹ほどです。
第4孵化バケツはすでに諦めています。
第5孵化水槽はうんともすんとも言いません。

たぶん稚魚は400匹を超えています。

メダカの瓶の掃除の後は、便所掃除をしました。
トイレの神様も喜んでくれますか。


そんなことで今日の歌です。
トイレの神様


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月04日(金) 記事No.326
昨日と今日は子供太鼓が出ています。
新居浜市に子供太鼓が何台あるのか知らないのですが、私の地元川東西部地区には3台だけです。
元々は秋祭りに太鼓台のない地区がせめて子供用にと作ったものですが、太鼓台があっても財政的ゆとりのある地区では子供太鼓を作りました。
また反対に子供太鼓を作った後で何年か経って太鼓台を作ったりもしました。

いつの頃からか子供の日に子供太鼓が出始めたのですが、子供の日は親と遊びに行く子供が多いので3日と4日になったと思います。
なぜ思いますかというと、私の地元垣生の3地区は子供太鼓を作っていないので詳しくは知らないのです。

子供太鼓ですが、あればあるで親はお世話が大変そうです。

002.jpg


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月04日(金) 記事No.325
これは私の1976年大学の卒業設計のタイトルです。
シューベルトの未完成を何十回も聴きながら粘土で造形を創りました。

同じゼミの仲間たちから一緒にやらないかと誘われましたが、交響曲を建築にとの思いが強く1人でやることを決めました。

1975年12月に広島郵便貯金ホールでノイマン指揮チェコフィルハーモニーのベートーベン第九交響曲「合唱」を1人で聴きに行った帰りに、2月末にカール・ベーム指揮のウィーンフィルハーモニーがこのホールで未完成を演奏することを知りましたが、年が明けると卒業設計にとりかからないといけないのと金額が高すぎて断念しました。
チェコフィルが7,500円でウィーンフィルは12,000円でした。

大学を卒業して36年、旧友達の多くが生活のため夢を捨てましたが、私は夢を捨てていないだけ幸せです。


ウィーンフィルハーモニー演奏のシューベルト未完成交響曲
Schubert Symphony.8 Muti/Wiener Philharmoniker


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
建築について |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年05月03日(木) 記事No.324
第1孵化水槽は孵化が終了した模様なので個体の大きい8匹を移しました。
第2孵化水槽は徐々に増えて稚魚が約60匹生まれました。
稚魚を狙って水の中に飛び込んだ蜘蛛が溺れて死んでいました。


蜘蛛


90cm水槽では稚魚で溢れています。
たぶんこの水槽も孵化がはじまっているので稚魚の数が把握できない状態ですが、すでに350匹以上はいると思います。

子


26匹の親メダカは相変わらず元気に餌をねだってきます。

親


まだらで全身銀色に光っています。
なんという種類でしょうか?
銀


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年05月03日(木) 記事No.323
今日は久々に娘2人共休みが重なり弁当がありませんでした。
いつもは弁当の量を少なくしてもらっているのですが、今日はラーメンと半チャンだったので満腹になり昼寝をしました。
窓を開け放して寝たので風がここちよく幸せなひと時でした。

今日の気分はこの曲です。
太陽がいっぱい


下のバナーをポチッとしていただければありがたいです
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |