• 2016年10月 の記事一覧

2016年10月23日(日) 記事No.1520
10月初旬から愛媛と香川の各地で秋祭りがあり

私が住んでいる新居浜でも先週終わった

今日はたぶん愛媛では一番遅い三島祭りの最終日だった

三島を車で走っていた時に1台の太鼓台を見た

数年前には10月に入ると各地の秋祭りを見に行っていた

香川の観音寺や三豊、豊浜などは道路を走っていて「ちょうさ」と遭遇するだけで、わざに広場まで見に行くわけではなかった

三島や川之江も同じく道路を走っていると太鼓台に遭遇する

香川は「ちょうさ」で愛媛は「太鼓台」と呼んでいるのかなあ

新居浜の太鼓台も昔は香川の「ちょうさ」が原型のようだった


豊浜に「ちょうさ会館」があって見に行った時に全国の同じような形の写真を展示していた

そこで新居浜太鼓台の紹介があり、新居浜型太鼓台と書かれていた

今でも練り歩く時のかけ声は「ちょうさじゃ」と言っているので

「ちょうさ」から「新居浜型太鼓台」へと進化していったようだ

住友が別子銅山を発見してから、おそらくは裕福になり装飾が派手になっていったのだろう


30年くらい前には夜中1時頃に西条祭りの「だんじり」を見た後で、早朝の4時くらいに新居浜角野地区の神社のかき上げを見に行った

今では新居浜祭りの始まりで有名になり見物客も多くなったけど、当時はそんなに人も多くはなかった

初めて見た時は、階段を上っていく太鼓台に感動をして

自分たちの地区では不可能だと思った

それから家に帰ると朝8時頃に八幡神社に地元太鼓台が集まり本格的に祭りが始まった

私の祭りは4日間だったが、父親の頃は新居浜の3地区の日程が別々で10月13日から3日間が川東地区、16日から18日が川西地区、19日から21日が上部地区で、9日間祭りで呼んだり呼ばれたりしていた

最近では祭りに呼んだり呼ばれたりもなくなったけど、いい風習だったと思う

私の母親などは忙しいだけで祭りが嫌いだったらしい


祭りが終わるとすぐに年末がやってくる



来年も祭りができればええなあ

そうか、地元の本郷は今年は喧嘩をしたので再来年にならんと見られんのか



にほんブログ村

徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2016年10月22日(土) 記事No.1519
桜三里を走っていると市議会議員の選挙カーとすれ違った

そして東温市の神社へ行くと、今度は市長選挙カーが来て手を振っているけど

地元じゃないし、当然選挙権もないので無視させてもらった

こういう場合には手を振ってあげるべきなのだろうか?

神社の前には選挙ポスターが張ってある

市長選挙1021


市議会議員選挙1021


よく見ると、現役の住職さんが市議会議員に立候補をしているよ


市議会議員選挙は春のイメージがあるのだけどねえ


にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月20日(木) 記事No.1518
1/3のメダカを死なせてしまったが

昨日、外の瓶に引っ越しをして水を替えてやっと収束したようだ

昨日は引っ越しの後も弱ったメダカが死んだけど、今日はまだ死んでいない

大瓶1020


それでも、エサの食べ方が弱い


こちらは今年生まれたメダカたちで60㎝水槽に入れているが

エサをよく食べるし元気がよい

60㎝水槽1020


外の瓶に引っ越しをしたメダカも元気になればよいのだが



にほんブログ村

メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月19日(水) 記事No.1517
あまりに多くメダカが死ぬので外の瓶に引っ越しをさせることにした

たぶん病気が移っているのではないかと思うので、水槽もリセットをする

とりあえずは室内水槽の水を抜く

水槽1019

明日以降に砂利をバケツに入れて洗うつもり



外の大瓶に引っ越しをさせた

大瓶1019


しかし、引っ越し後2時間の内に7匹も死んだ

死んだメダカ1019


かなり弱っているのか、あと何匹死ぬのだろうか?


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月19日(水) 記事No.1516
一昨日、室内水槽でメダカが1匹死んでいるのを見つけた

昨日は7匹、今朝は5匹のメダカが相次いで死んでいる

メダカ」11019

メダカ21019

メダカ31019


このままだとほとんどが死んでしまうかも知れない

何かの病気かも知れない

とりあえず、外の瓶に移してみよう

室内水槽での大量死は以前にもあったが、室内のメダカは何故か弱い


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月18日(火) 記事No.1515
午前中は思いがけない太鼓台の喧嘩があったけど

午後は予定通り喧嘩をした2台を除く13台の太鼓台が出場した

昔に比べると、運営委員会の時間配分が上手になってきた

昔は観客は午後3時くらいまで待たされていたけど

午後1時過ぎに川東西部の太鼓台6台が八幡神社前に集まり垣生の各地区を回り始める

午後西部1018


午後2時頃になると川東地区の太鼓台5台が八幡神社前までやってきた

午後川東11018


そして八幡神社への宮入が始まる

最初は新田太鼓台から多喜浜の3台が順番に入る

午後新田1018


そして神郷の楠崎太鼓台から4台が順に宮入

午後楠崎田の上1018


午後4時頃には川東西部地区の太鼓台も表参道に揃い順に宮入をする

最後に宮入をするのは山端太鼓台で時間は5時を回っている

午後山端1018

13台全部が宮入を終えたのは5時半

午後6時頃から宮出しが始まり最初に新田太鼓台が出た

宮出し新田1018


宮の中がやけに騒がしいと思ったら、次に帰る予定の白浜太鼓台と浮島太鼓台が揉めている

これを、いざりの喧嘩という 車が付いていないので人間同士の喧嘩になる

これも新居浜太鼓祭りの恒例ともいえるけど

白浜と浮島1018

まだ宮の中には12台も残っているけど、祭りが終わるのが遅くなりそうだ


にほんブログ村






徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月18日(火) 記事No.1514
太鼓台同士の鉢合わせは基本的に喧嘩両成敗で

2台共すぐに解体命令が出て、来年は出場停止です(上部地区だけは5年間出場停止)

喧嘩をする太鼓台は当然覚悟の上でやっています

先ほど太鼓台の鉢合わせをして、そのまま宇高太鼓台を押していった本郷太鼓台はどこまで行ったのだろうか?


1時間ほど経って帰ってきたので聞いてみたらバス亭2つ分ほど西へ押していったらしい

えげつない喧嘩ではなかったし、広い道路を選んでしているし、見物人の逃げ場所もあるし

鉢合わせ時間も長くはなかったし、けが人は出たかどうかは知らないけど

運動会の騎馬戦感覚かも知れないね


あとは解体が待っていて、午後の八幡神社での祭りには参加出来ないので八幡神社の本殿周りを1周

八幡神社の本郷1018


機動隊はおるけど、太鼓台の喧嘩を止めません

証拠写真を撮っておいて、後から関係者を逮捕します

機動隊バス1018

一番罪が重いのは見物人に死傷者が出ること

かつぎ手に死者が出なければ、たぶん大丈夫

このくらいの鉢合わせなら喧嘩が公認になっている祭りは全国にはいくらでもあるけどね


でも中にはえげつない喧嘩もある


山端と浮島が迎えに来ていて、前後に付き添われて自治会へ帰っていった

喧嘩後の本郷1018



午後からの祭りはどうなるかな?

最悪の場合は川東西部地区の残り6台だけで祭り

良ければ、他地区も参加して13台での祭りになる


にほんブログ村

徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月18日(火) 記事No.1513
今日は祭り最終日

午前中は地区内自由行動なので静かなはずなのに

午前8時くらいから外に人が集まって来ている

何かあるんかな?と外に出てみると

西に裸太鼓の宇高

宇高1018


東に布団締めだけの本郷

本郷1018


今から喧嘩が始まるようだ

本郷が目の前を通り過ぎて宇高へ向かって行った

本郷VS宇高1018


仕事場から100mほど西で本郷と宇高の鉢合わせが始まった

本郷VS宇高21018





何年か前には仕事場の真ん前で町と楠崎の喧嘩があって、何か壊されないかと冷や冷やしたが

祭りに限っては特等席だね、向こうからやって来てくれるもの


にほんブログ村

徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月17日(月) 記事No.1512
今日は祭りの中日

太鼓台の統一行動が午前と午後に行われる

午前は国領川河川敷で3地区合同で15台の太鼓台が揃う

全部揃えば17台だけど、喧嘩の出場停止等で全部揃うことは、まずあり得ない

まだ昨年よりも2台多い

いや、昨年は2地区だけの合同で8台しかいなくて寂しかった


今朝は7時頃から国領川河川敷へ地元太鼓台4台が出て行った

途中で残りの4台と合流して川東西部地区内を回り河川敷へ行く

数年前までは朝の9時頃出発をしていたが、2台増えたため回る地区が増えたので出発が早くなった


それから2時間半後に2つ目の地区の太鼓台2台が仕事場の前を通った

本来は3台だが、今年は1台出場していない

又野太鼓台

又野1017

続いて下郷太鼓台

下郷1017

昨夜降った雨が少し残っているためか、まだビニールをかぶせている



それから約30分あまり後に3つ目の地区がやってきた

運営委員会は太鼓台に車がついた状態で他地区の太鼓台同士を会わせないようにしている

この地区は本来6台だが今年は5台の出場になる

1番目は田の上太鼓台

祭りが最も寂れた時代に残った7台の内の1台だ

田の上太鼓台は昔から太鼓台の新調する年数のサイクルが短い

要するに金持ちの地域(戸数が多いということで収入が多いと言う意味ではない)

でも、戦前は川東で1番の庄屋がいたのでということらしい

田の上1017


次は楠崎太鼓台

この太鼓台の特徴は房が青い(新居浜中で1台だけ)

楠崎1017


これまでの4台に出場していない松神子太鼓台を含めた5台が神郷小学校校区なのに

大人の都合で数年前に運営委員会が分かれてしまった

せめて同じ小学校区は同じ運営委員会で仲良くしてほしい

3番目は新田太鼓台

新居浜市には同じ新田という地名が3つあり

川東、川西、上部に各1台ずつ新田太鼓台がある

新田1017


4番目は白浜太鼓台

白浜1017

5番目が東浜太鼓台

東浜1017


昨年までは私も国領川河川敷へ見に行っていたので、後から来た他地区の太鼓台を仕事場の前で見ることがなかったけど

今年は河川敷へ行かなかったおかげで見ることが出来た

さあ、明日は最終日で八幡神社へ15台の太鼓台が集まってくる


にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月16日(日) 記事No.1511
今日から3日間新居浜は祭り一色

私の仕事場は八幡神社の真ん前なので祭りの日は一等席

昨日まで晴天だったのに、今日はあいにくの雨模様

各太鼓台は幕が濡れないようにビニールをかぶせている


朝8時から八幡神社氏子太鼓台の宮入が始まる

最初に西から宇高太鼓台

宇高1016


次に松の木太鼓台

松の木1016


3番目に澤津太鼓台

澤津1016


4番目が東雲太鼓台

東雲1016


それから約30分遅れて東から

最初に町太鼓台

町1016


次に山端太鼓台

山端1016


3台目は私の地元本郷太鼓台

本郷1016


最後は仕事場のある地区の浮島太鼓台

自宅と仕事場は歩いて2分の距離だが地区が違う

浮島1016



境内に入ると町が宇高を挑発するが宇高は知らん顔

町・宇高1016


今度は本郷と山端がかき棒の先端をぶつけ合う、じゃれ行為

太鼓台の喧嘩がなかった時期に仲の良い地区同士が始めたお遊び

本郷・山端1016


8台揃って神前で祝詞

太鼓台8台21016


毎年喧嘩のために1、2台足りないが、今年は久々に全部揃った

太鼓台8台11016


明日は午前中は国領川河川敷と午後は多喜浜駅前で合同のかきくらべがあり、15台の太鼓台が出るけど

今年はどうやら会場まで見に行く体力に自身がない


にほんブログ村









徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月16日(日) 記事No.1510
今日から3日間は秋祭り

私が生れて今年で61度目の祭りを迎える

祭りを見たことをはっきりと覚えているのは保育園の頃からだけど

父親は祭り好きだったので生後11ヶ月の私にも祭りを見せたはず

私の地域の太鼓台は本郷でずっと昔からあった

私が中学生頃に一時祭りが寂れた時代があり

新居浜川東地区の太鼓台も7台にまで減った

その当時の7台こそが私が今でも好きな太鼓台だ

それから各地区で太鼓台を新調し始めて川東地区の太鼓台も13台にまで増えた

そして10年間ほど続いていた喧嘩のない平和運行が破られたのは、私の地元の本郷と阿島の太鼓台同士の喧嘩が原因で

八幡神社氏子太鼓台5台が運営委員会から抜けて川東西部運営委員会と名乗った

それを聞いた時に、どうも腑に落ちなくてやりきれなかった

元々は川東地区太鼓台は八幡神社の祭礼で氏子太鼓台5台に他地域の2台が合流していたもので

祭りの日程も私が小学生の頃には10月13~15日が川東地区、16~18日が川西地区、19~21日が上部地区と分かれていた

それを新居浜太鼓祭りとして統一して現在の10月16~18日になった


結局は出た方が名を名乗れないのは、何かしら山口組の分裂を彷彿させる

その後、分かれたままでは祭りが寂れてしまうというので現在は合同で行っている

それでも、喧嘩が原因で合同が中止される年も少なくはない


ことしは久々に合同で15台の太鼓台が集まる




にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月13日(木) 記事No.1509
今年の夏は雨があまり降らなかったのでサンショウの葉が枯れてしまうのが早かった

9月になると今度は雨が続いて、枯れたサンショウの新芽が出てきた

その数少ない新芽にアゲハチョウが卵を産み付けたくさんの幼虫がいた

そして成長をしていったので、ここには天敵が来ないのかと思っていた

その数少ない新芽も食べ尽くしたので、連れて帰りスダチの葉で成長をしてサナギになったけど

そのほとんどが寄生バエにやられていた

9月になって連れ帰った幼虫から羽化をしたアゲハチョウはまだ1匹もいない


そしてさらに雨が続き新芽が出て来た

サンショウ1013


サンショウの木には1匹だけアゲハの幼虫がいて

新芽を食べて大きくなりサンショウの枝でサナギになっていた

サンショウのサナギ1013


でも、すでに寄生バエにやられていた



にほんブログ村

アゲハ蝶と虫たち |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2016年10月03日(月) 記事No.1508
アゲハチョウの食料がなくなってきたので補充をしようとケースを開けると

アゲハケース1003


ヤドリバエの幼虫とサナギがたくさんいる

ヤドリバエ1003


アゲハチョウのサナギが12匹に対してヤドリバエの幼虫とサナギ合わせて10匹

ほとんどのアゲハチョウのサナギが食べられている

ヤドリバエ21003


明らかに犠牲になっているサナギ3匹は処分したけど9匹のうち7匹がやられている

アゲハチョウの幼虫を羽化させるのをためらっていたのは

この光景を見たくなかったからだ

しかし、まだアゲハチョウの幼虫が10匹くらいいる


にほんブログ村
アゲハ蝶と虫たち |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2016年10月03日(月) 記事No.1507
昨日掃除をした90㎝水槽に外の大瓶のメダカを避難させた

これで大雨が降っても大丈夫

90㎝水槽1003



にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月02日(日) 記事No.1506
先日の大雨では昼も夜もメダカの外の瓶の水を汲み出した

また台風がやって来るし、今度は留守にするので外の瓶の管理が出来ない

それならば室内に引っ越しをさせようと

まだ手つかずになっていた室内の90㎝水槽の掃除をした

ガラスの水槽なので重くて1人では外に出せない

今までは1人で出したり入れたりしていたのだが、このところ体力がない

家内に手伝ってもらって水槽を外に出して掃除をした

90㎝水槽1002


次は砂利を水槽に入れるのだが、水洗いをしている時に

10匹ほどのヒルがいた

砂利1002


ふだんなら天日干しをするのだが、今度は雨ばかりだし時間がないので

鍋に砂利を入れてガスコンロで沸騰させヒルを退治することにした

砂利21002


何度か繰り返して、室内に入れた水槽に砂利を入れて水を張った

90㎝水槽21002


明日は外の瓶のメダカを室内水槽に引っ越しする


台風の季節が過ぎたらまた外の瓶に引っ越ししよう


にほんブログ村

メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月02日(日) 記事No.1505
昨日の夕方、八幡神社へ行くと出店の屋台を組み立てていた

今頃、何があるんだろうと不思議に思い準備をしている人に聞いてみると

明日フェスティバルがあるのだと言う

聞いて初めて知ったけど、インターネットで検索をしても出てこない


今日昼過ぎにのろしが上がり司会の声が聞こえた

それから歌や演奏の音が聞こえてきたので八幡神社へ行ってみた

出店11002


舞台ではエレキギターを演奏していた

演奏1002


12時から19時までとなっていたが、人手がほとんどない

仕事場に戻っていたら、16時くらいまでは2~3組が代わる代わる同じ曲を演奏しているのが聞こえてくる


16時頃から別の演奏が聞こえ始めた

17時半になると人が帰っていくのが見えた

元々人出が少ないので帰る人も多くはない


もう終わったのかと思っていると

少し時間を置いて歌を歌うのが聞こえてくる

どう考えても素人のカラオケのようだ


再度八幡神社へ行く

出店21002

舞台21002


この閑散とした風景は一体何だったのだろう


出店は全部で15軒あったが、これでは商売にならなかっただろう


こんな風景は初めて見た


明らかに宣伝不足だと思う

何せ八幡神社の真前にいる私が知らなかったのだから


しかし、主催者は誰だったのだろうか



にほんブログ村

徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |