• 2017年11月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2017年11月30日(木) 記事No.1986
「貴乃花部長では巡業参加できない」白鵬が発言

横綱としての品格を疑う発言です

個人差かと思っていたけど

モンゴルの人には相撲界の水が合わないのか?

この発言だけでも引退勧告に値すると思う


モンゴルと言えばチンギスハーンが英雄だが

騎馬民族で、戦いに勝ったものが全てを奪い取るという血が流れている

強い者が一番偉いと思っているように見える


日本人にもモンゴルの血は流れているけど

中国や朝鮮民族、東南アジアの血も混ざって

独自の文化を形成してきた

大相撲という日本の特に封建的な世界には合わないように思う



いや、それよりも北朝鮮問題だ


にほんブログ村

スポンサーサイト
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年11月30日(木) 記事No.1985
うっかり実名…6年間で生活保護費1200万円“詐取”

嘘つきは泥棒の始まりと言うけど

これは嘘つきと泥棒で

うっかり実名で書いてばれてしまうという落語のネタになりそうな話です


問題は実在しない人物に、なぜ福祉事務所が生活保護を認定して

6年間も払い続けたか?

本人の「うっかり」がなければ、これからもずっと払い続けていた

本人確認はしているはずだから運転免許証、保険証、住民票は偽造?

マイナンバーなら偽造も出来ないのではないか?

きちんと福祉事務所のありかたを追求してほしいね。


にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年11月29日(水) 記事No.1984
八角理事長「大変な損失。断腸の思い」 日馬富士引退

暴力事件で1人の横綱が引退をした

貴乃花親方と貴の岩は悪者にされるのかなあ



にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年11月28日(火) 記事No.1983
10月4日からがんの放射線治療で、四国がんセンターへ入院をしていた父が今日退院しました

今日が最後の放射線治療で、終了後に松山まで向かえに行きました

近くの人なら通院するし、若い人も通院するらしいけど

高齢で通院が大変だということで入院をさせてもらいました

父も最初は母の事が心配なので自分で運転をして通院をすると言っていたけど

90歳で毎日松山まで通院は、息子としては心配で

母の世話は、家族みんなでするからと説得をして入院をさせました

父が入院をしている間、家内と娘2人が認知症の母の世話をしてくれたけど

父がいないと母の認知症の度合いが悪くなり

私や娘が誰か分らないくらいになっている

父が帰ってきたので、少しは良くなると

家族みんなが願っているしだいです

私はほとんど母の世話をしていないので、忘れられても仕方がないけど


にほんブログ村



病気について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年11月22日(水) 記事No.1982
「1000万円超」の高所得、年金受給者増税へ

年収が1000万円もある人が年金をもらえるとは知らなかった

しかし、そんな人がそれほどたくさんいる訳じゃないから

税収が大して増えるとは思わないですが

どちらにしても私には、遙か彼方での出来事です

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年11月22日(水) 記事No.1981
熊本市議会 育児中女性議員、赤ちゃん連れ出席試みるも・・・

赤ちゃんを連れて行くといつ泣き出すか分らない

そして泣きだしたら他の人に迷惑がかかる

議会なら議事進行に支障が出るし、結局退場するしかない

子供連れで仕事をするなら1人でも出来る仕事でないと無理があると思う

よく葬式とか結婚式に赤ちゃんを連れて来ているのを見るけど

泣きだしたら母親が外に出て行く

だから、赤ちゃんや子供の面倒を誰かが見てくれる環境にない人は

議員になるべきではないと思う

市議会議員の報酬ならベビーシッターを雇うくらい出来ると思いますけどね


にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年11月21日(火) 記事No.1980
今日の昼間は晴れていて小春日和

風は少し冷たいけど散歩でもしたい気分

太陽というのは偉大です

日が暮れてから寒くなり、もう真冬です

先日出した灯油ファンヒーターは朝と夜にはかかせなくなった

ファンヒーターのおかげで血圧も安定したし

中断していた室内自転車こぎを再開しよう

先日は血圧が170以上あるのに自転車こぎをしていて

5分後に気が付き血圧を測ると200を超えていたので

恐くなり中断していた

また少しずつ無理をしない程度にやってみよう


にほんブログ村
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年11月20日(月) 記事No.1979
寒くなり冷え込みが厳しくなりました

と言っても、まだ11月ですよ

4日前の夜、灯油ファンヒーターを出しました

11月に暖房を入れたのはたぶん初めてです

いつも12月に入ってからで、夜は少々寒くても厚着で我慢してました

寝る時もほぼ真冬並みです

2週間前までは掛け布団1枚で快適だったのに

順々に増やしていき

掛け布団の上に春秋用寝袋を開けて掛ける

これは結構熱が逃げなくて暖かい

次に足下が冷えるので、から1/4くらいに毛布を掛ける

さらに肩が冷えるので、ダウンの膝掛けを布団に潜り込ませて肩に掛ける

正月からは敷きシーツを敷き毛布に替える

もっと寒くなると、冬用寝袋を開いて全体を覆う

これで寒い冬も完璧です

北海道にでも住んどるのか?

いや四国の温暖な瀬戸内沿岸です


灯油ファンヒーターを出したのには少し訳があって

私が毎日飲んでいる薬は抗がん剤を筆頭に糖尿病、高血圧、痛風etcと10種類あり

2週間前にゴミと間違がえて捨ててしまった

慌てて予備の薬を探すと抗がん剤は2週間分残っていて

糖尿病の薬は食前に飲む1種類だけ以前かかっていた病院でもらったのがあったので

あとは2週間なんとかなるかと安易に思っていたら

4~5日後に血圧が異常に高くなり、慌てて近くの病院で血圧を下げる薬と糖尿病の食後に飲む薬を処方してもらいました

200近くあった血圧が170くらいまでは下がったけど、まだ高いので暖房を入れると130台になり

それから昼間から暖房を付けている次第です

抗がん剤を飲み始めるまでは血圧は正常だったんですけど、副作用のようです


この間、近くの病院へ行った時に動脈硬化の検査をしてもらったら

身体年齢は67歳で血管年齢は90歳以上と言われました

もっと健康管理をしないと・・・


にほんブログ村

病気について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年11月19日(日) 記事No.1978
一昨日、月に一度の検査で四国がんセンターへ行きました

検査結果を聞く時はいつも不安で緊張をするけど

今回は血液検査の結果を聞くだけなのに、腫瘍マーカーが上がっていないかと特に不安でした

と言うのも、7月のMRI検査の時に「がん」が目視できなくなっていると言われて

嬉しくなり多くの人に「がん」が消えたと報告をして

友人からはお祝いまでしてもらったし、少し不摂生もしておりました

それまで節制をしていたアルコールの量が増えて、サプリメントも半分に減らして3ヶ月

7月の血液検査で100を切っていたγGTPも168に上がった

祭り明けの10月20日に3ヶ月に一度のMRI検査を受けた時は

結果待ちの時間に近くの神社へお参りに行き

自分の恒例になっている3ヶ月に一度のおみくじも「今日はもう引かんでもええかな」

とは思いつつも「やっぱり、今年いっぱいは引こう」と引いたおみくじ

大吉が多かった中で珍しく中吉

それから1時間半後に診察室

いつもは検査後1時間で呼ばれるのに、その日は2時間かかった

主治医から出た言葉は「がんは小さいままですね」

「いや先生、3ヶ月前の検査ではがんは目視出来ないと言うたじゃないですか」

主治医「そうでしたかね、CTでははっきりと写らないので・・・」

私「前もMRIでしたよ」「それでがんは何㎝なんですか?」

主治医「約2.5㎝ですね、それよりも気になる事があって、別の場所に影があるんですよ」

「もしかすると再発の可能性があるので今後の検査を続けましょう」

「それにしても薬がよく効いていますね、今までの患者さんでこんなに効いた人は初めてです」

私の心の声「ガーン・・・」

去年の6月には長くて余命半年と言われていたのだから有難いと思えと言うことか


と、まあそんな訳でまたアルコールの節制とサプリメントの回数を元に戻して「がん」と共存をしようかと

毎月の腫瘍マーカーを気にしながら、一昨日の検査では正常値でした

腫瘍マーカーが基準値の150倍あった時でも余命半年だったのだから、まだ1年は大丈夫か

しかし長期の仕事を受ける時には施主さんには了解をもらわないといけないね


10月20日に引いたおみくじ 運勢 中吉 病気 気遣いしすぎるな

しかし、この神社のおみくじは心に響く



にほんブログ村

          

病気について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年11月18日(土) 記事No.1976
昭和の遺物「35年ローン」がサラリーマンを破滅に追い込む

最近は銀行がアパートローンの過剰融資で金融庁が動き出し問題になっていますけど

アパートが飽和状態なのに相続税対策とかで建築業者の口車に乗せられて

それに銀行が乗っかって融資をするから

新しいアパートは満室でも古くなったアパートには借手がなくなる

家賃保証の甘い言葉で借金をして新しくアパートを高い建築費で建てさせられて

古くなると高い修繕費や家賃の減額を要求されて断ると家賃保証を解除される

それでローンが払えなくなるというアパートローン地獄スパイラルで破産をする人もいる

アパート建築費を坪単価にすると誰でも分るくらい高額です

銀行は味方と考えない方が賢明です


前置きが長かったですが、これから本題です

数年前から空き家が増えていて至る所で見かけます

子供達が独立をして出て行った後、年寄りの2人暮らしで

どちらかが先に亡くなり独居老人が増え

老人ホームに入居したり、独居で亡くなったりして空家になってしまう

そんな築30年から40年の家付きの土地が安く売り出されている

ほぼ土地代だけの金額で購入できる

または、35年という長期住宅ローンが払えなくなり売りに出されているのもある

もっとひどいのは築5~10年で住宅ローンが払えなくなり手放す人もいる

夫婦で公務員なら定年退職後でも残ったローンを払えるけど

民間企業だと、いつ収入が減って建てた家を手放さなくなるかもしれない

30代で新築をすると35年ローンはあまりにも長すぎる


現在古い家に住んでいて建て替えをしたい人や

土地を購入して新築をしたい人は

現在住んでいる家や土地付き中古住宅を購入してリフォームまたはリノベーションをすることも

選択肢のひとつとして考えてみてはいかがだろうか?

部分的リフォームから大がかりなリノベーションまで工事費はピンキリだが

少なくとも無理のない範囲ですることができる

古い家でも修繕さえすれば100年は保つ

日本最古の法隆寺などは修復をしながら1400年も経っている

もちろん使われている材料や大工の腕も超一流だが同じ木造である

数百年も経っている京都の町家などもリノベーションをしてお洒落な建物になっている

古い家が新築住宅に優るものは本物の味わいがある

新築で古びたものを作っても所詮は偽物でしかない

木は10年単位で味わいが出てくる

石は100年単位で出てくる

新築よりも魅力があると思いませんか?

古いものを壊したり、新しいもので覆い隠すのではなく残すのですよ


にほんブログ村



建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年11月15日(水) 記事No.1977
秋も深まり、もう初冬です

昨日は私の63歳の誕生日でもあり

認知症の母の92歳の誕生日でした

奇遇にも母と同じ日に生まれました

認知症になるまでは

もう何年になるだろうか?

症状が出始めたのは6年くらい前になるかなあ

今は体調がよい時には私が誰かわかるようだけど

悪い時には、あんたは誰かいねえと言う


そんな母はいつも言っていた

「あんたの考えとることは何でも分かるんじゃけん」

3年くらい前に

「ぼくが何を考えとるか分るん?」と聞いたら

母は「分らん」と答えた

父が主に母の世話をしていたけど

40日前から放射線治療のため四国がんセンターへ入院をしていて

今は家内を中心に娘たちも世話をしている

週に4日デイサービスに通っていて

帰ってきて夕方になり暗くなると

「もう暗くなったけん家に帰らんと」と言う

「ここは、お母さんの家じゃけん」と言うと

半分疑いの目で「ほう?」と言う

父が治療を終えて帰って来るのは今月末

帰って来れば、母も少しはよくなるかも知れない

家内も娘たちもよく世話をしてくれているけど

父の母への愛情には勝てないらしい

母に接している時間がいちばん短い私は論外です


にほんブログ村
病気について |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。