2015年07月01日(水) 記事No.1059
最初の頃はお供えの米がなくなってから

次の日の朝までの間に線香立てがひっくり返されていた

あまりにも毎日なのでお参りの後で線香が燃え尽きた後

線香立てを別の場所に移した

昨日はお参りをして線香が燃え尽きるまでの10分間に線香立ては言うに及ばず水も榊もひっくり返された

きょうは榊を交換しようと行くと水の入れ物がなくなっている

カラスがくわえていったに違いない

榊を交換して水と塩と米を供えて5分間離れた

ひっくり返された線香立て0701

帰ってみると線香立ては遠くに飛ばされ水もひっくり返されていた

それではと供え直してカメラを据えた

案の定犯人はやってきた

最初はスズメたちが米をついばんでいた

やってきたのは2羽のカラス

カラ子と巣立ちをした子カラスだった

最近カラスの鳴き声がうるさいと思っていたら

子カラスがエサを催促する声だった

一度離れたので犯人はカラスじゃないのかと思っていたら

またやってきて米を食べた後カラ子が飛び立っても子カラスは米を食べている

そして、やっちまった

なんで線香立てがあそこまで飛ぶかと思ったが

子カラスのイタズラはしつこい

クチバシにくわえて線香立てを持ち去ろうとしている




やれやれ・・・

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
関連記事
チュン助と鳥たち |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL