2015年07月20日(月) 記事No.1088
アゲハチョウの幼虫のためにスダチの葉を切りに行き

幼虫がいないかチェックしていたら

スダチの実に卵を見つけた

アゲハ卵0720



さらに探すと見慣れない幼虫がいた

前に死んでいた幼虫と同じ形をしている

死んでいたのは茶色だったが今度は緑色

早速枝ごと持ち帰り調べてみた

なんとヒロヘリアオイラガという蛾の幼虫だった

しかも毛には毒があるとのこと

クスノキ、ケヤキ、カエデの葉を食べると書いている

なぜスダチにおるのか?

隣にモミジがある、しかも葉同士くっついている

ヒロヘリアオイラガ幼虫0720


こりゃいかんわ

とりあえずスダチの葉が枯れないようにと水差しにさしておいた

それから2時間経って捨てようと思い、のぞいたらいなくなっていた

あたりを探したが見当たらない

脱走して室内をはっているのだろう

えーっ、寝てるときに来たら刺されるじゃないか

毒があるし

脱走するとは思わなかった



もっと早く捨てればよかったよ


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村



関連記事
アゲハ蝶と虫たち |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL