2015年08月14日(金) 記事No.1116
学生時代に卒論を書くために行ってから39年ぶりに出雲大社へ行った

尾道から出雲まで無料の高速道路があるので瀬戸大橋から行くよりは安く行ける

何年も前に娘からもらった御守りがある

出雲大社と大山祇神社と金比羅宮の3つ

いつか返しに行かないといけないと思いつつ機会に恵まれなかった

せっかくなので大山祇神社経由で出雲大社へ行った

まずは大山祇神社に参拝をしてお守りを返して、また同じ仕事運のお守りをいただいた

そんなに遠くないので年に一度は来なくてはいけないなと思う

ここまでは来たことがある道なので大丈夫だったが

果たして方向音痴の私が無事に出雲大社へ行けるのだろうか?

一応ヤフー地図で調べてはきたしコピーもしてきた

尾道インターから先は標識があったので迷わずに行けた

一応車にナビはついているけど、14年前のナビなのでないのに等しい

ほとんど山の中を走っている

しかし新しく出来た中国やまなみ街道はパーキングが一つもなく途中でインターを降りて道の駅に寄らないとトイレがない

しかも対面通行で四方山なのでものすごく苦痛だったし、眠たくなる

実際、もう走りたくないと思った

とりあえず出雲大社についたけど、出発して約6時間かかった

さすがに疲れた

そもそも車の運転は嫌いなのによくも行く気になったものだ

着いたのは昼過ぎだったので駐車場へ車を止めてから出雲蕎麦を食べに行った

一応美味しいという店を調べてきたので行ったが

1軒目は定休日、すぐ近くにもう1軒あるけど並んでいる

食べ物屋で並ぶのは嫌いなのだが、せっかくなので並んだら30分待ち

店に入っても何組かならんでいて

しかも蕎麦を食べている客は1/3くらいで他は出てくるのを待っている

それに店員は愛想も悪い

こういうところは黙っていても客が来るので接客など考えていないようだ

やっと注文して割り子そば700円が出てきた

不味くはないけどたいして美味くもない

これならまだ満作の方が美味い

出雲蕎麦はもうええわ

それよりも関東の蕎麦の方が好みだ

なかなか萩の茶屋より美味い蕎麦にあたらない

蕎麦屋を後にして出雲大社へ行く

出雲大社10812

鳥居をくぐり拝殿へ行きお参りをした

拝殿0812



ここで信じられない光景を見た

賽銭を入れてお参りをしていると(たぶん2分間くらい)

なにか変な感じがして目を開けた

私がお参りをしている真ん前に20歳にも満たない若い女の子が割り込んできてお参りをしている

私の前に女の子、その横にその彼氏と思われるカップルがいる

日本人ではない近隣のアジア人のような気がした

話しているのを聞いた訳ではないけど

日本人であるはずがないと思ったのだ

日本人なら待つか後ろでお参りをするはずだ



それから本殿の周りをぐるりと回って本殿を見ていると

39年前と同じ感覚になっている自分に気が付いた

出雲大社20812


出雲大社30814


学生時代にゼミの先生に「出雲大社はどうだったか?」と聞かれて

後から行った周辺の神社の方がよかったと答えた

観光地化されて厳かさがないのだ


とりあえず娘からもらったお守りをお返しして出雲大社を後にした


これは菊竹清訓設計の出雲大社庁の舎

39年前にもあったが、よい設計をしている

庁の舎0812


出雲へ行って写真は出雲大社しか撮っていない

他ではデジカメを忘れていた

蕎麦屋はデジカメを持っていたけど撮る気がしなかった


もう少し他を回れる時間はあったけど

あまりにも疲れていたのでビジネスホテルへチェックインした


次の日はまず近くにある島根ワイナリーへ行った

14年前の車のナビで行ったけど遠回りをしているような気がした

工場見学をしたけど、あまり見るほどのことはなかった

ここで昼ご飯を食べた

まだ見学する時間はある

宍道湖と松江城を見に行こうかと思っていたのだが

自分の方向音痴が怖くなった

ナビはアテにならないし暗くなって道に迷ったら野宿しないといけなくなる

明るいうちに帰ろうとナビをつけて島根ワイナリーを出た

まずは出雲インターへ行かないといけないのだが

新しく出来たところなので当然出ていない

大きな道を走れば案内板があるだろうと車を走らせた

すると出雲インターの案内が出ていたのでそのまま行ったら

いつの間にか案内板もなく日本海を走って下関方面へ行っていた

あれ、おかしいぞと気がついて通りがかりのガソリンスタンドで給油して

出雲インターはどちらかと聞いたら

反対方向を20分以上も走っていた

車を方向転換して進むと案内板があり出雲インターに着いた

どうやらどこかで見逃したらしい

出雲インターから高速道路に乗ったら、たしかすぐにジャンクションがあったはず

すぐに分かれ目があり松江方面へ行ったらいかんと別の方向へ行くと料金所がある

来る時はこんなのはなかったはずと、料金所の人に聞いたら

やはり間違っていた

迂回承認のハンコをついてもらって再び高速に乗るとしばらくして宍道ジャンクションがあり広島方面と書かれた松江道に出た

ここまで来ればもう大丈夫だ、あとは尾道まで迷うことはない

また単調な無料高速道路を走る

途中で眠くなるがパーキングがない

眠いのをがまんして世羅インターで降りて道の駅でトイレに行きコーヒーを買った

それからしばらくして尾道北インターがあり降りた(ここで降りたのがそもそもの間違いだったし再度乗るべきだった)


あれ、来たときと風景が違う

まあ地道なら古いナビでも案内してくれるだろうと新居浜へ設定して地道を走る

すると福山の方へ案内されている

やはりおかしいぞ、尾道の方向へ行かないといけない

引き返して尾道の方向へ走ると車幅がだんだんと狭くなり

対向車が来たら離合出来ない山道を走っている

ナビを設定しなおして尾道市街にした

ほんまにこれでええのかと思いながら30分は走った

その間運良く対向車がいなくて助かった

そしてやっと尾道市街に出た

そして案内板どおりに行くと国道2号線に出て尾道インターに乗ることができた

後から思うと、尾道インターも尾道北インターも14年前にはなかった

高速道路を走りながらナビを見ると海の上を走っている

しまなみ海道まで出たところでナビを切ったが


方向音痴の私には14年前のナビは、何の役にも立たなかった

一応陽のあるうちにしまなみ海道まで出ることが出来た

出雲を夕方に出発していたら野宿のはめになっていた


帰ってから真剣にスマホへの切り替えを考え始めた

私には絶対に最新のナビが必要だ



とにかく疲れた


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村









関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL