2015年08月22日(土) 記事No.1127
キアゲハの幼虫を飼育しているケースの前に行くと

アゲハチョウが危険を感じた時に出す臭いがした

他の6匹はサナギか前蛹になっていて

幼虫は発育の遅い1匹だけになっていた

見ると臭覚を出している

他には何もいないのになぜ?と不思議に思っていた

1時間後に再び行くと臭覚を出したまま床に落ちていた

その時はまだ生きていたが、その1時間後には死んでいた

エサのイタリアンパセリは無農薬なので毒はない

臭覚を出していたのは苦しかったのだろうか?

キアゲハ幼虫0821


ちょうどその時に1匹の前蛹がサナギへと脱皮していた



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

関連記事
アゲハ蝶と虫たち |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL