2015年09月11日(金) 記事No.1152
昨日の朝起きると、たった2日でキアゲハの幼虫がニンジンの葉を食べ尽くしてしまっていた

ニンジンの葉10910


親戚へニンジンの葉をもらいに行く時間の余裕は昨日はなかった

そこでスダチの葉を試してみることにした

他に食べるものがなければスダチの葉を食べるだろうと思った

スダチ0910


夕方に用事を終えてケースをのぞいてみると

十分に大きくなった一部の終齢幼虫は前蛹になろうとしていた

十分な大きさになっていない一部の幼虫も諦めて前蛹になろうとしていた

スダチの葉にいる大きな幼虫もスダチの葉に口をつけていなかったが新芽だけは食べられていた

小さな幼虫はスダチの葉から離れてケースの下や壁でじっとしていたり

動き回っていたりしていた

スダチの葉はキアゲハの幼虫には受け入れられなかった



小さな幼虫だけを入れているケースは朝にはまだニンジンの葉が残っていたが

夕方にはこちらも食べて無くなっていた

終齢幼虫にまでなっていれば早めにサナギになるだろうが

小さな幼虫だけでも食料を確保しないと餓死してしまいそうだ

プランターに残っている僅かなイタリアンパセリと

最後の手段にと大きくなるのを待っていたアシタバを投入して

他のケースでじっとしたりウロウロしている小さな幼虫を集めて葉の上に乗せた

イタリアンパセリ0910


アシタバ0910


終齢幼虫たちはスダチの葉しか与えていないが、食べなければサナギになる準備に入るだろう

なけなしのイタリアンパセリは今朝にはほぼ食べ尽くされていた

一晩で0911



ニンジンの葉をもらいに親戚へ行った

このニンジン畑にもキアゲハの幼虫がワンサカといる

見えるだけで20匹以上いる

見えない所までかき分けたら50匹くらいいそうだ

ニンジン畑の幼虫10911

ニンジン畑の幼虫20911

ニンジン畑の幼虫30911

ニンジン畑の幼虫40911


とても多すぎて無理だわ

自分の所のキアゲハが食料難なのにこれ以上は増やせない

ニンジンの葉だけを摘んで帰ったつもりが幼虫が4匹ついていた


ケースの食料を全てニンジンの葉に入れ替えた

ニンジンの葉補給後0911


大きくなった終齢幼虫たちは数匹は前蛹やサナギになっている

入れ替えの途中で、萎れたニンジンの葉であまりにも小さいサナギを見つけた

食べるものがなくなってサナギになったようだが、無事に羽化出来るのだろうか?

小さいサナギ0911


まだ小さな幼虫が20~30匹いる

これらもすぐに大きくなり、また食料を食べ尽くすだろう

そしてニンジン畑に取りに行ったら

ニンジン畑には大きくなった幼虫で溢れているだろう


うちのスダチにも毎日多くのナミアゲハが卵を産みに来ているが

ほとんどが天敵に食べられているから幼虫は探さないと分からないくらいだ

卵から成虫になる確率が1/200と言うのも、それが妥当なのだろう


今いる幼虫が羽化したら

アゲハチョウの飼育はもうやめようかな



アゲハチョウのおかげでメダカの世話も手を抜いているし



今朝1匹羽化して76匹目が飛び立った


そうそう昨日スダチの葉を切りに行ったらクロアゲハが卵を産みに来ていた

親戚のミカンの木から保護したナガサキアゲハが羽化しただけで

まだクロアゲハの羽化は経験がなかった

産み付けた付近で1個の卵をとってきたので、それが最後だな



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村





関連記事
アゲハ蝶と虫たち |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2015年09月12日(土)
ここまで増えちゃうとちょっと大変そうですねv-356
以前知り合いが道端の明日葉に大量発生してたキアゲハを救出したって話を聞きましたが、セリ科はミカン科などの大きな木と違うのでどうしてもこんな密度になっちゃうんでしょうね・・・
ぶんちゃん | URL | コメントを編集 | 
2015年09月12日(土)
限度を超えたようです

食料の調達を自分の所だけで出来ないのがネックですね
それにしても食欲が凄すぎます
 | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL