2015年11月08日(日) 記事No.1218
30年くらい前だったか、林達夫さんという某団体のOBの講演を聞いた

今も80歳を過ぎて全国に講演に招かれているらしい

通称リンタツ たしか建設業で中小企業の社長だったように記憶している

講演の前にカセットテープを(演歌だったか浪花節だったか忘れたが)聞かせてから講演に入った

べらんべえ調で話し始めて話に聞き入ってしまう とにかく飽きなかった


今でもはっきりと覚えていることがある

塵も積もれば山となる というが 塵はいくら積もっても塵の山だ 何の価値もない

自身の経験を元に、給料が安い中小企業に優秀な人材を期待する方が間違っている

優秀な人材はほとんど大企業に就職をする

塵はいくら集まっても塵の山だ


この後に中小企業が優秀な人材を集めるノウハウを語ったように思うが

義理と人情と浪花節 だった


最近好評のテレビドラマで下町ロケットを観ているが何か近いものがあるように思える



これはさておき、奇しくもヤフオクの出品物の中に塵の山がある

捨てようかと思ったが売れるかもと出品したもの

某団体の25年前のバッジ 今はデザインが違っている これらは全て送料込み500円で出品している

JCバッジ1


やはり某団体のタイピン こちらもデザインが変わった そもそも今はタイピンなど売っていない

jcc1.jpg

同じくタイピン

jcb1.jpg

jca1.jpg


やはり欲しい人のいない塵だったかな

今年いっぱい出し続けて売れなかったら観音原へ捨てに行こうか



にほんブログ村







関連記事
ヤフオク |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL