2015年11月11日(水) 記事No.1226
例年に比べるとここ最近は気温が高かった

夜でも少し前には室内でウルトラライトダウンベストを着てちょうどよかったが

この最近はシャツ1枚でも寒くなかった

それでも外の景色は冬の装いがしている

里の紅葉も色づいて秋には違いないけど初冬というべきだろうか

つい最近まで見ていたキチョウやモンシロチョウもあまり見なくなり

カマキリやアシナガバチや女郎蜘蛛も

スダチの木に来ていたアリもいなくなった


スダチの木ではアゲハチョウの幼虫を見なくなって久しい

サンショウの木ではまだ1匹の終齢幼虫がいる

サンショウの幼虫1111

プラケースで昨日は前蛹だったのが小さなサナギになった

もう1匹小さな終齢幼虫がサンショウの葉をほとんど食べ尽くしたので

スダチの葉を入れた

プラケースの幼虫1111

スダチ1111


スダチの葉を食べてくれるとよいけれど

食べなかったら脱走するかもしれない

もしも脱走しかけたら、外のサンショウの木に戻すことも考えてしまう



にほんブログ村
関連記事
アゲハ蝶と虫たち |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL