2016年01月25日(月) 記事No.1290
最近リノベーションという言葉が出てきた

それまではひっくるめてリフォームと言っていた

もっと昔は改装と言っていた(今でも使っているが)


では、リフォームとリノベーションの違いは何か

リフォームとは老朽化して汚れたり壊れたりした建物を新築の状態に戻すこと

つまり、新築時をゼロとした場合に痛んでマイナスになった部分をゼロの状態に戻すこと

クロスの貼り替えや床の張り替え、外壁の塗装などがリフォームにあたる

某大手ハウスメーカーの新築そっくりさんはリフォームを意味している


リノベーションとはマイナスをプラスに変えて住環境をより向上させる

部分的にサッシのガラスを単板からペアガラスに取り替えたり

トイレをウォシュレットに替えたり、古い浴室を快適な浴室にしたりするのも

住環境を向上させるが、リフォームだろう

リフォームとリノベーションの境界線は比較的曖昧だ


もっと大規模に住宅の間取りを変えてデザイン性の高い快適空間にしたり

大幅に断熱効果を向上させたり耐震性を向上させたりすることがリノベーションだろう


リフォームに比べてリノベーションは費用がかかるが、新築するよりは安く出来る

それに、新築するよりも優れているところがある

数十年前によい材木を使って腕の良い大工さんが建てた家

建て替えをする時に壊す人が多いが実にもったいない

木や煉瓦や瓦は古びて美しくなる

わざにそういった風合いに似せて家具を造ったり、古びた風な塗装をしたり、壁紙にもある

ファッションの世界でもダメージ加工を施した衣類もたくさんある

いわば、これらは偽物である

古い建物には本物がある

それを活かしたリノベーションはなんて素敵だろう


ただし、昔の家は耐震性に劣っているため耐震補強にはそれなりに金がかかる

断熱性能も大幅に劣っている 冬は寒くて、夏は暑いのがよいという人にはそのままというのも有りだが、あまりいないだろう


住んでいた人が亡くなって、その子供達は遠くに住んでいて売りに出されている空家

たぶん全国にはゴロゴロしている

これは近所で売りに出されている築50年の家

建物自体はしっかりしている

しかも建物代金はたぶんゼロ

土地代だけの相場よりも安い金額だ

空家0125

リノベーションのお奨めは平屋

平屋は2階建てに比べて耐震性があるので構造的に無理をしなくて済むので

その風合いを活かしやすい

リノベーションをするための中古住宅を購入する場合は入念に調査をしておかないと無駄な金がかかる

地盤沈下していないか、シロアリの痕跡がないかは重要なポイント

古い建物なら何でもよいというのではない


にほんブログ村




関連記事
リフォームとリノベーション |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL