2016年01月31日(日) 記事No.1306
一昨年の2月1日に八幡神社で61の厄払いをしてもらって頂いたお札

神棚に祀っているが、後厄が終り2月1日が過ぎれば

八幡神社へ持っていき焼いてもらう

やれやれと思う反面、厄が終われば今年は大殺界ときた

それも3年続く2年目の停止という最悪の年になっている

さかのぼること1年2ヶ月前に高松へ行った時

にアーケードにいる占い師に占いをしてもらった

占いに頼りたくなったのは、仕事がうまくいっていなかったから自分が弱気になっていた

その時に言われたことがあり、それをずっと気にしていた

平成28年3月に起こりそれが原因で、8月に最悪の状態になるとの事だった

仕事の事かと聞くとそうだと言った

その時が本厄だったこともあり、仕事でミスをしないようにと慎重を重ねてきた


それで細木数子の六星占術をネットで調べた(ブログを書きながら)

今年が大殺界の停止で3月が乱気、そして8月が停止となっている


あの占い師め、細木数子の六星占術をそのまま引用しただけじゃないか

それが分かって清々したぞ

自分らしくないことをすればよい

今からやろうとしていることは間違いないと希望が持てた

貧乏な私にとっては金をかけることは出来ない

さあ、どうするか考えよう

頭をひねれば知恵も浮かぶだろう


にほんブログ村
関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL