2016年02月24日(水) 記事No.1337
昨日と同じ場所で今日も道を聞かれた

徒歩のご老人で

「このあたりで盆栽を販売している○○さんの家はどこですか?」

○○さんは知らないし

まして盆栽を売っている所が近所にあるなどと聞いたこともない

盆栽はしていないので知らないですねと答えた

「そこに盆栽があるじゃないですか?」

たしかに仕事場の裏には親父が手入れをしている盆栽がある

このご老人はわりとしつこい

あの盆栽は親父がしているので聞いてみましょうか?

「お願いします」

仕方がないので家までついて来てもらって親父に聞くと知っていた

この親父がまた、自分は分かるものだから

親父「そこじゃ、すぐ分かる」

私「あんたが分かっとっても、それだけじゃ分からんけん外におる人に説明してあげてんや」

と、まあこんなことで直接話をしてもらった

それにしても、私はなんと近所を知らないものだ

自治会の世話役は全部家内にしてもらっていたので

昔からいる人じゃないと知らない


お塚様の隣の沈丁花がやっと咲き始めた

沈丁花0224


にほんブログ村





関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL