2016年04月10日(日) 記事No.1372
桜の花が咲き出してからメダカたちの食欲が旺盛になってきた

寒いときは近づいても水面に姿を現さなかったのに

暖かくなり活動が活発になると腹も減るから

瓶に近づくと食べ物をねだりに近寄ってくる

メダカ30410

メダカ20410

メダカ10410


食べ物をくれる人に懐くのは犬とあまり変わらない

犬を飼っていた時は食べ物をやっていた家内に一番懐いていた

メダカの場合は犬に比べて臆病なので一度でも怖い目に合うと

姿を見たら逃げるようになる

瓶の掃除のためにメダカを移動させる時に

最初は網ですくっていたのだが、なかなか捕まらなくて追いかけ回したことがあった

それからは食べ物を与えても姿が見えなくならないと浮かんでこなくなった

今のメダカより2世代前のメダカだった


野生のメダカを捕ってきた時にはもっとひどくて

水草に隠れてじっとしているか逃げ惑うかの連続で最後まで懐かなかったが

その子供たちは懐いてきた

食べ物はほしいが身を守る方が大事だと本能があるからだろう


野生のスズメも米を食べに来て懐き始めたかなと思ったけど

やはりだめだった

1代目のチュン助は肩に乗るくらいにまで懐くかと期待をしていたけど

近づいても1mまでだった

それを思うとムツゴロウはすごいね



にほんブログ村
関連記事
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL