2016年05月21日(土) 記事No.1427
89歳の父親も食中毒になって、かかりつけの病院へ行った

もらってきた薬を見ると私のと違う

父親がもらってきた薬は2種類で一つは漢方

私がもらったのは4種類で父親のと一つだけ同じ

私と父親の症状は似ている

おう吐と下痢

違うのは父親は戻した後で楽になり絶食時は下痢をしなかったが

私は戻した後も何度も戻して苦しく絶食時も下痢をしていた

私と父親は食べたものも違う

古いと言う点では一致しているが

私は作り置きのベーコンと野菜のスープで常温放置、1日2回の加熱

父親はイカの煮物で3日冷蔵庫保存

私は食べる前に加熱しているので熱では死なない菌だろう


病院で処方された薬が違うのは

私は若先生で父親は大先生

昔から大先生は漢方が好きで、いつも漢方だった

この漢方だが、即効性がないので私は嫌っている

私は症状が治ったら逆流性食道炎の薬をもらいに行きたいのだが

大先生に当たると漢方になってしまうような気がする

何とか若先生に診てもらわないとなあ

5日目になり今は下痢が止まっている

まだむかつきは残っているけど、このまま治ってほしいよ


にほんブログ村



関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL