2016年10月23日(日) 記事No.1520
10月初旬から愛媛と香川の各地で秋祭りがあり

私が住んでいる新居浜でも先週終わった

今日はたぶん愛媛では一番遅い三島祭りの最終日だった

三島を車で走っていた時に1台の太鼓台を見た

数年前には10月に入ると各地の秋祭りを見に行っていた

香川の観音寺や三豊、豊浜などは道路を走っていて「ちょうさ」と遭遇するだけで、わざに広場まで見に行くわけではなかった

三島や川之江も同じく道路を走っていると太鼓台に遭遇する

香川は「ちょうさ」で愛媛は「太鼓台」と呼んでいるのかなあ

新居浜の太鼓台も昔は香川の「ちょうさ」が原型のようだった


豊浜に「ちょうさ会館」があって見に行った時に全国の同じような形の写真を展示していた

そこで新居浜太鼓台の紹介があり、新居浜型太鼓台と書かれていた

今でも練り歩く時のかけ声は「ちょうさじゃ」と言っているので

「ちょうさ」から「新居浜型太鼓台」へと進化していったようだ

住友が別子銅山を発見してから、おそらくは裕福になり装飾が派手になっていったのだろう


30年くらい前には夜中1時頃に西条祭りの「だんじり」を見た後で、早朝の4時くらいに新居浜角野地区の神社のかき上げを見に行った

今では新居浜祭りの始まりで有名になり見物客も多くなったけど、当時はそんなに人も多くはなかった

初めて見た時は、階段を上っていく太鼓台に感動をして

自分たちの地区では不可能だと思った

それから家に帰ると朝8時頃に八幡神社に地元太鼓台が集まり本格的に祭りが始まった

私の祭りは4日間だったが、父親の頃は新居浜の3地区の日程が別々で10月13日から3日間が川東地区、16日から18日が川西地区、19日から21日が上部地区で、9日間祭りで呼んだり呼ばれたりしていた

最近では祭りに呼んだり呼ばれたりもなくなったけど、いい風習だったと思う

私の母親などは忙しいだけで祭りが嫌いだったらしい


祭りが終わるとすぐに年末がやってくる



来年も祭りができればええなあ

そうか、地元の本郷は今年は喧嘩をしたので再来年にならんと見られんのか



にほんブログ村

関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2016年12月11日(日)
どこにメッセージを送ったらいいのか判らなかったので、最新日記のコメントで失礼します。
ここのところ更新がないのでお体の具合が悪いのかな?っと心配してます・・・おかわりありませんか??
ぶんちゃん | URL | コメントを編集 | 
2016年12月15日(木)
遅くなりすみません、気が付くと3週間以上もサボってしまいました。

身辺と気持ちの整理もつきましたので、もういいかなと思いカミングアウトです。

5月に食中毒になり、食中毒が治ったはずなのに身体に異変を感じて総合病院で検査をしたら、余命6ヶ月以内の肝臓がんでした。
手術も出来ない状態で大きな7㎝のがんと小さな多数のがんで肝臓中ががんでいっぱいと言われました。
肝臓破裂の危険が高くて、今ここで破裂しても不思議でないとも言われました。
血液検査で腫瘍マーカーの数値が基準値の150倍ありました。

抗がん剤の服用でどこまで延命出来るかのことで抗がん治療が始まりました。
抗がん剤ではがんを消滅させることは出来ないので、どれだけ命を繋げることができるかでした。

それで身辺の整理を始めたのですが、身辺整理が出来た頃にがんが小さくなって腫瘍マーカーも正常値になっていました。

医者には奇跡だと言われて、生きることへの希望が出て来ました。
当時宣告された6ヶ月は過ぎていますし食欲もあります。

因みに余命は医者が取り消しました。
抗がん剤の副作用で顔と頭と身体にニキビのようなものがいっぱい出来てガマガエルみたいですけど、それ以外は健康な頃と変わりません。

一時は仕事も滞っていましたが、少しずつ再開しました。

小さくなったとは言え、がんが消滅した訳ではないのでいつまで共生できるかは分かりませんが、今のところは悪さをしていないようです。

最近まで自分ががんだと知られたくなかったので、身内と少数の友人にしか言ってなかったのですが、隠すこともないかなと思い始めました。

ボチボチブログも更新しようかと思っています。
 | URL | コメントを編集 | 
2016年12月16日(金)
そんな大変な事があったのですか。
食中毒のあとも体調が優れないようで心配してましたが・・・
それでも奇跡のような好転があって何よりです。

これからも無理のないようにご自愛下さいませ。
ぶんちゃん | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL