2017年01月08日(日) 記事No.1540
家内の母親の13回忌の法事を真言宗のお寺で行いました

家内の父親はすでに、その6年前に亡くなっており

身内と言えば大阪にいる家内の弟だけ

身内だけでするのでと、家内の父親の本家にはお断りをして

隣の西条市に住んでいる母親の弟と妹さんが2人

合計5人で身内だけの法事でした

私の娘たちには祖母になるので、法事に行くつもりで休みをとってもらっていたけど

今年に入って、3日に同居している私の父親の身体が悪くなり

病院に入院をしたため、痴呆かかった身障者の母親の世話をしてもらうことになりました

出席してくれた家内の叔父も叔母が病気なのでと早々に帰ったので

私と家内と家内の弟の3人でお墓へ行き線香をあげ

お墓の近くにある、今はだれも住んでいない家内の実家で数年ぶりに家内の弟とも話をしました


今日は朝から雨が降り続き、止んだのは夜になってから

叔父や叔母もほとんどが80歳を超えていて

みんなどこか身体が悪くなっています

私自身も62歳なのだから、みんな年をとっているのは当たり前の事

今年の予定といえば、父親の手術に叔母の手術、親戚の法事が3件

この10年の間に自分も周りもずいぶんと年をとったものだ


にほんブログ村
関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL