2017年02月21日(火) 記事No.1604
今回の依頼は80歳を過ぎたお年よりの夫婦が2人で暮らしている家のリフォーム

県外で暮らしている息子さんからの依頼で

定年退職で実家に帰れるまでの間、両親が住みやすいように

出来るだけ予算を抑えてリフォームをしたいとのこと


築50年以上は経っているので

ご両親が主に過ごしている和室の床と廊下の床がボコボコしている

10年くらい前にトイレの便器をウォシュレットに替えたけど壊れているので

和室の床と廊下の床、トイレの床の段差解消と便器の取り替え

和室からトイレへ行く廊下の手すりの取り付けとトイレの手すりの取り付け

ガタガタになっている建具の調整がご要望


おそらくは数年で建て替えられるので予算を抑えたい

なので、今回はデザインではなく実用重視の低予算リフォーム

家を見て、全体をリノベーションしたいなあ

という願望はあるけど、建築主さんの要望が全て

ご両親は2人とも軽い認知症があるので、なかなか難しいかなあと思っていたら

工事期間中、ご両親は介護施設で預かっていただけたので

生活をしながらのリフォームよりは工事が捗る


まずは和室から

ボロボロになったタタミを除けて床板を剥ぐと

案の定シロアリに食われている

和室改修工事20211

昔の家の大引きと根太はタイコ丸太を使用していた

和室改修工事10211

シロアリに食われている所を取り除き補強をして

レベル調整して針葉樹合板に張り替える

現在シロアリはいないけど、シロアリ防除をしますか?と聞いてみたが

何年かだけ生活が出来ればよいとのことなので

工事費が上がるのを止めて防腐剤処理にした

和室床板0216

そしてタタミを新調して、入り口の引き戸がひどい状態だったので

ガラスを軽いアクリル板に交換して敷居の一部を取り替えて和室部分は完成

和室タタミ敷き後0220

これから廊下に取りかかる


にほんブログ村
バナーの写真はリビングとキッチンをリフォームした別の家

関連記事
リフォームとリノベーション |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL