2017年02月25日(土) 記事No.1611
今朝母親が起きられなくて、熱を計ると38度あまりある

目も開けられなくて、うなるばかりで口もきけないので

かかりつけの病院から往診に来てもらおうと病院へ行ったけど

連れてこられないと診られないとのことで

起こそうとしても起きることができなくて、救急車に来てもらった

なかなか受け入れ先が決まらずに、20分くらい待って

近くの総合病院に決まった

診察をしてもらってインフルエンザにかかっていると言われた

以前、脳内出血をしているのでCTとMRIの検査もしたけど

インフルエンザだけだった

とは言え、まだ目も覚まさず口もきけないので

個室に入院をして、付き添いが必要だと言われた

高齢者は少し良くなると、自分で点滴を外してどこかへ行こうとする場合があるらしい

特に母は認知症なので、家族がいないとパニックになるおそれがある

父親が付き添うのが1番よいのだが

父も先日から風邪をひいていて、インフルエンザの可能性もある

今は長女が仕事が休みなので付き添っていてくれている

家内は予防注射をしていないので、付き添いができないと看護婦さんから言われた

同居していても家族はてんやわんや

老人の夫婦だけだったらどうなるんだろうね

これが高齢者社会だ


にほんブログ村



関連記事
病気について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL