2017年04月04日(火) 記事No.1676
TBSオンデマンドのお試し期間で、とりあえずプレミアム会員になり

2話連続を約4時間かけて、昨夜かぶら鍋を食べながら観た

ドラマなので多少の脚色はあるだろうが

佐藤浩市が演じる豊田喜一郎氏の情熱と信念には

唯々頭が下がる思いだった

明治維新以降、西洋に追いつけ追い越せで日本の産業を牽引した人々により

工業大国の現在の日本があると思い知らされた

戦後の不況でつぶれかけたトヨタ自動車が世界一の自動車製造会社になった


その一方で朝鮮戦争の勃発が不況の日本経済を立ち直らせたのは皮肉なことだ

ドラマの中の西国銀行のモデルは住友銀行で

住友銀行は融資拒否! 機屋に貸せても、鍛冶屋には貸せない

以後、住友銀行は50年以上もの間 トヨタ自動車へ出入り禁止になった

苦しい時に手を差し伸べられれば恩義に感じるが

反対にハシゴを降ろされれば恨みが残る


トヨタ自動車の住友銀行に対する処置は当然のことだろう

しかし、住友の企業城下町に住んでいる私としては複雑な気持ちになった


にほんブログ村
関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL