2017年04月08日(土) 記事No.1682
「LEADERS リーダーズ」から始まって、TBSオンデマンドのプレミアム会員になり

佐藤浩市がらみで観たリメイク版「高原へいらっしゃい」

佐藤浩市


番組の視聴率は芳しくなかったようで平均7.2%だった

評価もオリジナル版と比べられて、あまりよくなかったみたいだった

でも私は初めて観たのでオリジナル版を知らずに観たからか

いいなあと思った

そして、ロケ地の八ヶ岳高原ヒュッテへ行って見たいとも思った

何故か私が好きなドラマは視聴率の低い場合が多い

余談だけど、設計の仕事でこれは良いと思って選んだ照明器具は大抵廃盤になる

ひどいのは納入時期になって、廃盤で納入できないといったのもあった

もしかすると、私自身が多くの人の好みとは違うのかも知れない

全8話を観終えると、次はオリジナル版を観たくなる

田宮二郎主演のオリジナル版は17話もある

田宮二郎

建物は同じだ

ここでふと思う

かなり古い建物だが、現在は耐震改修をしているのだろうか?


ドラマの感想だから、今はそんなことはどうでもよい

オリジナル版を観始めて、最初は面白くないと思った

まず、田宮二郎は「白い巨塔」の印象が強すぎてピンとこない

もう一つは時代背景が違うからか、何か違和感があった

時代背景で一番感じるのが電話

1976年だから固定電話のみ

リメイク版は2003年でガラケー

今はほとんどスマホだが、私は今でもガラケー

好きだったドラマの「東京ラブストーリー」はポケベルだった


また話がそれてしまったが

2話、3話と観ていくうちに段々とドラマにのめり込んでいく

たしかにオリジナル版とリメイク版はストーリーの枝葉が違う

このドラマでもっとも私の気を引いたのが「おばやん」の役をしていた女優

リメイク版では大山のぶ代で、ドラエモンの印象が強すぎて台詞を聞く度にドラエモンを想像してしまった

オリジナル版は北林谷栄という女優で初めて観た

最初はどうなん?と思っていたが、段々と「おばやん」にのめり込んでいく

このドラマで一番かもしれない

と思って調べてみると「日本一のおばあちゃん女優」との評価の人で

私がこれまで観た映画やドラマでもたくさん出演していた

知らないと思っていたのは、ドラマに溶け込みすぎていたから気が付かなかったのだろうか?

この人は98歳で亡くなっていた

今度は、「おばやん」が出ているドラマや映画を観てみようと思う


にほんブログ村





関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL