2017年05月15日(月) 記事No.1753
小4女児、線路で特急にはねられ死亡 愛媛・新居浜

ヤフーニュースの一面に「特急にはねられ女児死亡 愛媛」の見出しを見つけた

事故現場は?と見てみると新居浜市とある

私の小学校の校区には線路がないので列車に気を付けるという事はなかった

仕事で何度か線路に面した敷地の測量をしたことがある

約20分置きくらいに列車が走っている

そして踏切のない細い道がたくさんある

現場近くはカーブが多くて見通しが悪いところがある

事故防止には田舎道でも踏切が必要だろう

こんな事故が起こるようならフリーゲージトレインなど無理だろう

赤字路線のJR四国には難しいのか


にほんブログ村

関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2017年05月15日(月)
ニュースの内容だけで詳細も分からないのに、どうしてJRが悪いことになるのでしょう?  線路のまわりすべてに柵が必要なのでしょうか? 本人や周りの大人には責任がないとでも?
 | URL | コメントを編集 | 
2017年05月16日(火)
それも一つの意見ですが

明治時代に作られた民法が今の時代に通用しないようなもので

100年も前に作られた線路を横切る道がたくさんあって

通りの多い道から踏切が出来ました

列車の速度も上がってきて

予讃線の特急列車の最高速度は時速130km

横断する人には凶器のようなスピードです

高速道路の最高速度は時速100kmで人が侵入出来ないようになっています

線路は昔からあるから、田舎道に踏み切りのないのは仕方がないというのはいずれ通用しなくなるでしょう

建築現場に子供が侵入して事故が起これば管理責任を問われますので、侵入出来ないように塀を作ったり夜はゲートを閉じます

JRも同じように事故防止策を考えないといけない時代になっていると思います

莫大な費用がかかるので、遠い将来になるかもしれませんが、線路を高架にすれば解決します

因みに、小学3年生の児童に自己責任を問うのはどうかと思います

 | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL