2017年06月04日(日) 記事No.1803
4月から5月にかけて採取して孵化させて育てようとした約500個のメダカの卵は

ほぼ全滅に近い

孵化したけどエビに捕食されたのは250匹くらい

残っている稚魚は50匹いるかどうか

幹之と楊貴妃を分けて入れた孵化水槽はそれぞれ100個くらいの卵を入れたけど

育っているのはそれぞれの水槽で約10匹ずつくらい

稚魚水槽0604

この2つの水槽にはエビもいないのに孵化していないのか

なぜ稚魚が育たないのか訳が分からない


そこで調べてみたら

稚魚が育たない一番の原因は餓死らしい

稚魚用のエサは与えていた

エビが同居している水槽は稚魚が残してもエビが食べると思い多目に与えていた

エビがいない水槽では残ると水質が悪化すると思い少なめに与えていた

これが少なすぎたのかも知れない


エビに捕食された事でもかなりショックだったけど

外に置いておくとボウフラが湧く

このボウフラにさえメダカの稚魚は補食されるらしい

とりあえずエサを多目にあたえてみることにする


にほんブログ村

関連記事
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL