2017年06月27日(火) 記事No.1844
豊田氏「暴行」報道 所属派閥の細田博之会長は擁護「いろんな事情ある」

細田氏は、豊田氏による説明内容として「(秘書の運転する自動車が)高速道路をひとつ早く出た。

怒ったら高速道路を逆に入り直した。

『人の命を何だと思っているんだ』『高速道路を逆走したら人が死ぬじゃないか』と、やり取りが始まっている。

(秘書が)『すいません』というから、『人が死んでもすいませんで済むのか』というやり取りだ」と述べた。


この話は初めて聞いたけど

秘書が高速道路を逆走したのが本当なら

それを報道しないマスコミが読者の受け狙いで暴走したことになる

一部分だけを切り取って報道すれば大きな誤解を生む

高速道路の逆走が原因の暴言ならば

これほど大げさに責められることはないのではないだろうか?

全てを正確に報道するのがマスコミの良心だと思う

話が違ってくると録音したこと自体も不審に思われるが


にほんブログ村
関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2017年07月02日(日) 高速道路逆走
豊田議員の事務所がある新座から講演先の朝霞までは、高速道路を使うより、一般道路を使ったほうが早くつけるし、朝霞周辺に高速道路の,出入り口なんてないし、高速道路を逆走したというなら何処の高速道路を使用したのか聞きたい。
黒沢春男 | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL