2017年07月19日(水) 記事No.1885
タライで飼育している稚魚にエサをやろうと見てみると、えらく数が減っている

台風前に室内へ避難をさせた時には20匹くらいは残っていると思ったが

10匹くらいは残っているかなあ

タライを置いているのは東北で屋根もあるから、夏場には条件は良いはずなのに

これ以上置いておくと全滅したらいかんと室内へ移すことにした

ホテイアオイをバケツに移して

ホテイアオイ0719

メダカの稚魚をすくう

タライ0719

10匹しか残っていなかった

稚魚0719


そして最後に残った中瓶の稚魚

孵化して約1ヶ月経つけど思うほど大きくなっていない

水は完全にグリーンウォーターで稚魚の環境にはよいので

ふ化後の生存率は一番高くて31匹残っていた

中瓶0719 (2)

稚魚は大きさで振り分けて3つの水槽に分散

30㎝水槽0719

稚魚がいなくなった瓶はユスリカの幼虫(赤いボウフラ)がたくさんいた

瓶を掃除して乾燥させる

中瓶掃除0719

黒いのは砂利代わりの化学合成物質で、たぶんバクテリアが発生する

これも天日干しにする

乾燥0719

室内では5つの水槽に稚魚の大きさ別で分けている

604030㎝水槽0719


タライは掃除をした後、砂利を移して乾燥させている

砂利の乾燥0719

砂利が乾けば室内90㎝水槽に入れて水を張る予定



にほんブログ村

関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL