2017年07月21日(金) 記事No.1888
今日は3週間に1度の「がん」の定期検査と

1年ぶりのMRI検査を受けに松山の四国がんセンターへ行きました

血液検査は前回に比べて糖尿病のヘモグロビンA1cが少し改善されて

肝臓のγGTPも久々に100を切り改善された

そして3ヶ月に1度の造影CTで前回は「がん」の大きさが2㎝に縮小しており

肝臓内の多数あった小さな「がん」も数が減っていた

MRIは去年の6月に初めてがんセンターで受診をした時以来2度目

去年の6月には「がん」の大きさが7㎝で肝臓内に多数の小さな「がん」があり

余命が最大で半年、肝臓がいつ破裂してもおかしくない状態で

リンパ節への転移は時間の問題と診断されて死に直面をした

ショックというよりは運命と受け入れるしかなく

自分が死んだ後のことを考えて終活をしながら抗がん剤治療を始めた

医師からも抗がん剤は「がん」を根本から治癒するものではないので

効くかどうかは人によって違うし

たとえ効いても延命が目的で、いずれ「がん」が抗体を持って効かなくなると聞かされていた

3ヶ月に1度の造影CT検査で「がん」が小さくなるたびに奇跡だと言ってくれるけど

最後にはいずれ効かなくなると言われ続けてきた


最初は来年の正月を迎えることができるのだろうか?と思いながらも

「溺れる者は藁をもつかむ」で自分で調べて、「がん」によいということは何でもやろうと

朝食を食べる習慣がなく野菜も食べなかったので

食生活を変えて、トマトとレタスを毎朝食べ始め野菜中心の食事を心がけた

医師は食事の制限はないと言ったけど

牛乳タンパク質が「がん」を増殖させると知り

牛乳タンパク質が多く含まれているヨーグルトとチーズと牛乳を止めて

次に獣の肉がよくないと知り鶏肉だけにした

たまには牛肉も豚肉も欲しくなり食べるけど極端に減った

3ヶ月に1度くらいは焼き肉を食べたり、カツ丼を食べたりもした

抗がん剤と併用をしてβグルカンのサプリメントの「真宝」を1日3~4袋食べ続け

アルコールは最初3ヶ月は完全に止めていたけど

「がん」が小さくなり始めてビールを少し飲むようになった

元々自分に優しい性格のため根気がないと言われている

好きなものを完全に断ち切ることが出来ないので

わりといい加減な「がん」との闘病生活をおくっている

「がん」になって続いているのは

高松の田村神社にある境内社のそばくら神社でいただいた病気平癒の御守りを

風呂に入る以外は肌身離さず首からぶら下げていることと

4年前から神様とお塚さまへのお祀りとお参りをしていること

今年の7月15日で四年が経ち

今日のMRI検査の結果、画像から「がん」が消えました

医師いわく、目に見えないだけで細胞レベルでは残っていると思うので

抗がん剤治療は続けましょう

「それにしてもここまでになるとは奇跡的なことですね」


3ヶ月に1度の検査のたびに、がんセンター近くの徳威三嶋宮で

検査結果を待つ間にお参りをして

おみくじを引いたのが5度目

今日も大吉でした


神様に助けられました





しかし、悪いことをひとつ

「がん」になっても、今までやめられないのが

1日40本の喫煙

タバコをやめられない言い訳を自分にも他人にも言ってきたのが

「タバコはがんになりやすいけど、すでにがんだもの」「治ったらやめるよ」


大吉のおみくじには見透かされたかのような言葉が

「改めかえてすれば望事叶い喜び多し」


にほんブログ村




関連記事
病気について |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2017年07月26日(水)
すごいですね。本当によかった。

お友達もkonさんより前にステージ4の大腸がんから生還してて、彼女は抗がん剤もワンクール受けただけで、あとは体がもたなくてその後は民間療法に切り替えたのですが、今では健康そのものです(笑)

でも彼女は「食べる物がなくてもタバコさえあれば」・・・でしたが、タバコは手術以降はすっぱりやめましたよ。
ぶんちゃん | URL | コメントを編集 | 
2017年07月28日(金)
ありがとうございます。

そうですよね、私の友人も脳梗塞と心臓病になった2人はすぐにタバコをやめました。

私自身、肝臓だったのが意外なくらいで、「がん」になるなら肺か喉だと思っていました。

現在葛藤中です
 | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL