2017年08月15日(火) 記事No.1919
今夜は中学校の同窓会でした

同じ学年で100人もいなかった小さな中学校

昭和45年卒業で私達が最後の垣生中学校の卒業生だった

次の年から4つの中学校が統合されて川東中学となった

同窓会に出るのは十数年ぶり

案内は来たけど出ないつもりでいたら

島根県にいる中学時代の友人から電話がかかってきた

両親も引き取って最後だと思うので

同窓会に出ないなら会いに来ると

それで久しぶりに出席をすることに決めた

元々100人にも満たない3クラスだったので

出席者は20人くらいだった

前回出席したのはいつだったか

あのときは地元にいる人間だけで昼間にした

20人くらいだったように思う

今回はお盆で帰省している人も出席をしていた

前回出席している人もいた

初めての人もいた

同じ男でも誰か分からない人もいた

受付でもらった名札を見て初めて気が付く

ひどいのは、同じ垣生に住んでいながら40年以上も会ったことがない人もいた

女性になると、ほとんど分からなかった

とりあえずは全員と話ができてよかった

しかし3時間は長かった

私のように話し下手だと2時間が限界だ

2次会を設定していたけど、帰ってきた

明日は父親をがんセンターに連れて行かねばならない

いや、行った方がよかったのかも知れないと

少し後悔をしている

次も何年か後に同窓会をするとのことなので

生きていれば出席をしたいと思う


にほんブログ村







関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL