2017年08月19日(土) 記事No.1923
「牛乳石鹸」広告が炎上、「もう買わない」の声 「意味不明」「ただただ不快」批判殺到



男の哀愁を感じるよいCMだと思うね

不快だと思うのは我々の子供達世代の女性だろう

CMが不快だから牛乳石鹸を買わないと言っている人

実は牛乳石鹸なんか使っていないんじゃないか

戦後強くなったのは靴下と女性というけど

私が子供の頃は父親の威厳は相当なもので

テレビのチャンネル権、美味しいもの、全て父親の了解がなくてはいけなかった

逆らおうものなら「誰にご飯を食べさせてもらいよるんぞ」と

母親から怒られていた

私の世代の父親は徐々に威厳がなくなり

子供の世代になると男は働き蜂の如くなり

今や、新築にしてもリフォームにしても

小便器を付ける家は100軒に1軒もない

飛び散るからと、立って小便をさせない主婦がほとんど

だから公衆便所で小便を立ってできない男の子がいる

亭主は500円の弁当で主婦は2000円のランチ

蓮舫の家庭がテレビで出ていたけど

家族の1番が蓮舫で2番が子供

3番がペットの犬で最後が亭主だと

世の中、間違っている


批判を覚悟で製作した牛乳石鹸はすばらしい


にほんブログ村



関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL