2017年08月26日(土) 記事No.1933
雨の日を除いて、ほぼ毎朝お供えをしているお塚様がカラスに荒らされている

しばらくなかったのだが、最近はひどくなった

以前は線香立てをひっくり返されて、中の砂がばらまかれていた

隣の田んぼにもしょっちゅう落とされていた

線香立てを石にぶつけて割られた時もあった

最近は榊立てをひっくり返して、榊を田んぼに落とされたり

榊立ても正方形で水を入れるとかなり重たくて安定感のあるものに替えていたけど

先日、コンクリートにぶつけられて割られていた

今日は雨が降っているので塩をお供えできないため

お参りだけでもと行くと

榊立ては両方共ひっくり返されて榊が落とされて

線香立てもひっくり返されて砂が全部落ちていた

水入れもひっくり返されていて

お供えはすべていたずらされていた

本来は塩と米も小皿に入れるのだが

カラスが咥えて持ち去るのは目に見えていたので、コンクリートの台に直に供えている


次からは榊立ても線香立ても、お参りがすめば回収しないといけない

いまいましいカラスだが、毒餌で殺すには抵抗がある

お塚さまもそれは望んでいないだろう


にほんブログ村
関連記事
チュン助と鳥たち |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL