2017年10月15日(日) 記事No.1972
例年は10月16日から18日までの3日間が新居浜太鼓祭り

今年は市制80周年事業で今日は新居浜駅前に市内の30台の太鼓台が集まる

終日雨の予報だが、朝から地元の太鼓台が新居浜駅に向けて出て行く

山端1015

太鼓台にはビニールが被せられ、みんな雨合羽着用している

浮島1015


12時半過ぎから新居浜駅前で太鼓台のかきくらべが始まった

最初は周年事業初参加の大生院地区の4台

大生院は新居浜市ですが、祭りは西条市の飯積神社になり

今までの周年事業は飯積神社の祭礼と重なり、日程が合わなかった

西条市はだんじりで新居浜市は太鼓台と分かれているけど

西条の東の端にある飯積神社は新居浜と同じ太鼓台

そして、今は新居浜市の大生院はその昔は西条市だった

新居浜市の祭りも川東地区は10月13日から15日、川西地区は16日から18日

上部地区は10月19日から21日までと9日間続いていたが

新居浜市は観光に走り大生院を除く市内全域が16日から18日に統一された

隣の西条市は昔ながら神社ごとの祭礼が続いている

私個人としては観光のために祭りを統一するべきではないと思っている



大生院地区から川東地区、川西地区へと太鼓台が集まって来ている

大生院地区が属している飯積神社祭礼は新居浜のような太鼓台の喧嘩がなくて

担ぐことに専念をしているので一番上手だ

大生院1015

ケーブルテレビのインターネット配信で観ている

スマホ用なので画像が悪い

大生院と川東1015

市内全域で雨がかなり強く降っていて、観客は傘をさして見ている

晴れていたら3倍以上の人出だっただろう

これから3日間の祭りも雨のようだ

今までこれほど雨が長く続く祭りは初めてだ


今年の祭りはつまらない


にほんブログ村
関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL