2017年11月15日(水) 記事No.1977
秋も深まり、もう初冬です

昨日は私の63歳の誕生日でもあり

認知症の母の92歳の誕生日でした

奇遇にも母と同じ日に生まれました

認知症になるまでは

もう何年になるだろうか?

症状が出始めたのは6年くらい前になるかなあ

今は体調がよい時には私が誰かわかるようだけど

悪い時には、あんたは誰かいねえと言う


そんな母はいつも言っていた

「あんたの考えとることは何でも分かるんじゃけん」

3年くらい前に

「ぼくが何を考えとるか分るん?」と聞いたら

母は「分らん」と答えた

父が主に母の世話をしていたけど

40日前から放射線治療のため四国がんセンターへ入院をしていて

今は家内を中心に娘たちも世話をしている

週に4日デイサービスに通っていて

帰ってきて夕方になり暗くなると

「もう暗くなったけん家に帰らんと」と言う

「ここは、お母さんの家じゃけん」と言うと

半分疑いの目で「ほう?」と言う

父が治療を終えて帰って来るのは今月末

帰って来れば、母も少しはよくなるかも知れない

家内も娘たちもよく世話をしてくれているけど

父の母への愛情には勝てないらしい

母に接している時間がいちばん短い私は論外です


にほんブログ村
関連記事
病気について |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2017年11月15日(水)
お誕生日おめでとうございます。

更新がなかったのでお父様の具合を心配してましたが、更新されて安心しました。
ぶんちゃん | URL | コメントを編集 | 
2017年11月18日(土)
ありがとうございます。
父は放射線治療を受けていますが以前よりも元気です。
 | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL