2017年11月30日(木) 記事No.1985
うっかり実名…6年間で生活保護費1200万円“詐取”

嘘つきは泥棒の始まりと言うけど

これは嘘つきと泥棒で

うっかり実名で書いてばれてしまうという落語のネタになりそうな話です


問題は実在しない人物に、なぜ福祉事務所が生活保護を認定して

6年間も払い続けたか?

本人の「うっかり」がなければ、これからもずっと払い続けていた

本人確認はしているはずだから運転免許証、保険証、住民票は偽造?

マイナンバーなら偽造も出来ないのではないか?

きちんと福祉事務所のありかたを追求してほしいね。


にほんブログ村
関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL