2017年12月20日(水) 記事No.1992
片側一車線で制限速度30kmの市道を車で南から北に向かって走っていると

ちょうど信号が赤になったので止まった

そして横断歩道の西側に小学1年生くらいのランドセルを背負った児童が3人いる

青になったので渡ろうとしたら、車線のない狭い道路の西側からトラックが左折してきて

横断歩道を渡ろうとしていた児童に気が付いて止まった

すると1人の女の子が他の2人を制止して、トラックに行けと手招きをした

「ええんかいな」と少し躊躇してトラックが左折して行った

すると、また後ろからトラックが左折してきて横断歩道の前で止まった

そしてまた女の子がトラックに手招きをした

トラックの運転手はもっと躊躇しながらゆっくりと左折をして行った

そうするうちに信号が赤に変わった

一緒にいた男の子が「ほらー、赤になってしもたやん」と言いたそうな笑顔で女の子を見た

もう1人の女の子もその制止した女の子を見た

女の子はバツがわるそうに笑って、他の男の子と女の子も笑った

北から南に向かう車の先頭は軽四に乗った女性、年の頃は児童のお母さんくらい

その光景を見ていたものだから、信号が青になっても発信せずに

「どうしたらええんじゃろう」と迷っている様子

後ろには後続の車が4、5台いる

それを見た私は車を発進させた

そして対向車の女性も発進した

世の中、こうだと争いも起こらないだろうにねえ


にほんブログ村
関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL