2018年01月10日(水) 記事No.2005
昨日は朝7時前に出発して、瀬戸大橋を渡っていると吹き流しが水平よりも30度くらい上に上がっていた

風速20mの表示があり50km制限で、車も風で揺れていた

何とか橋を渡り早島インターで降りて、倉敷中央病院へ父を連れて行った

今回は足と心臓の血管へのカテーテルで1泊2日の入院

倉敷中央病院0110

朝9時に受け付けをして地下のカテーテル室へ

待合は病室と同じ作りで個室があり順番が来るまでの間ベッドで寝ている

20室くらいあり3人の医師がそれぞれの部屋でカテーテルをしている

順番が来たのは午後2時半頃で、病室のベッドも空いたらしくて

私は心臓病棟の病室まで移動して待つ

それまでベッドが空くのをカテーテル室で待っていたと言う訳です

とにかく満室の病室が空くまでは待合室で待機

病室が空かない事もあるらしい

午後4時過ぎにカテーテルが済み、父が病室に帰ってきた

次の日に退院なので、車で往復すると高速道路代12,600円+ガソリン代がかかるので

近くのビジネスホテルで1泊することにした

朝食付きで4,000円なので身体も楽だし出費も安くあがる

アポイント0110

こちらのホテルには父が手術で入院をする度に、付き添いで昼は病室で夜だけ泊まっている

倉敷中央病院付近の建物は病院にデザインを合わせているところが多く

橙色の屋根瓦に外壁の一部にレンガを使用している

このホテルも病院のすぐ東側に位置しており、付き添いの人も泊まっている

病床数1166というマンモス病院で外来患者数も半端ない

まさに病院ありきの街づくりだ

前から気になっていた売店の弁当

売店0110

数十種類の弁当でゆうに1,000個は超えている

サンドウィッチ系が500個余り

おにぎりも500個余り

午前10時頃にざっと数えてみたけど、昼前にはもっと増えて棚が満杯になる

近くのコンビニに比べて面積で5倍、弁当の数は50倍というところか

病院の売店なので酒、たばこ関係のものは一切置いていない

私の朝食、昼食、夕食は全てこちらの弁当

値段は350円から850円までありリーズナブルなのから高級弁当まで色々

今朝の朝食はホテルのサービスモーニングだった

朝9時から昨日のカテーテルの説明があるというので

9時前に父の病室へ行き、11時半に退院をした

今日は帰りに少し足を延ばして高松の田村神社へ行く

田村神社0110

そして境内社のそばくら社へもお参り

そばくら社0110

田村神社とそばくら社の御札と病気平癒の御守りをいただいて帰ってきました


にほんブログ村


関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL