2014年07月09日(水) 記事No.488
▼クリックすると給食の写真集です
懐かしい「昭和の給食」

昭和2年の給食は意外とよいです。
戦時中から戦後にかけては食糧不足のせいで粗食です。
昭和25年くらいから段々とよくなっています。
私が小学生の頃はコッペパンと鯨の竜田揚げと脱脂粉乳の記憶が強く残っていますが、大都市では昭和27年には鯨の竜田揚げがでていたようです。
脱脂粉乳は嫌いな生徒が多かったですが、私は嫌いではなかったです。
昭和20年の終戦の年から給食に出始めた脱脂粉乳は、米国やユニセフからの援助だったのですね。
関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL