2014年08月15日(金) 記事No.519
90㎝水槽のヒルを撲滅するために水槽のリセットを開始してから、親メダカ40匹を別の90㎝水槽に移して、約2週間放置。
その間に放置水槽で産まれた稚魚が約50匹。
稚魚を40㎝水槽に移して、エビ約100匹を別の水槽に移し、水をサイフォンで抜き、砂利をバケツに移し砂利の掃除。
そして、90㎝水槽を外に出して掃除。
2つの台風の影響で雨が続き、2週間ほど放置。
やっと晴れたので、砂利を天日干しにしたけど、1日目は快晴が4時間ほどでしたが、ほとんど乾きました。
念のためにもう1日天日干しを試みるも快晴にはならず、曇りがちで3時間の天日干し、次の日も試みるが、やはり快晴にはならず2時間の天日干し。
本当は夏らしい快晴の中での天日干しをしたかったけど、また曇りや雨が続くので、これ以上の天日干しは諦めました。
とりあえずは砂利がカラカラ状態になっているので、掃除をしていた90㎝水槽に砂利と水を入れました。
水を入れた直後は細かい砂で白く濁っています。

リセット直後0815


5時間ほど置いておくと水が澄んできました。
水温は約3度低いですが、許容範囲として水草とエビとメダカを入れました。
メダカに十分すぎるほどのエサをやり、エビ用に水中にエサを沈めました。
メダカが水面のエサを食べ尽くすと、エビに与えたエサをメダカが横取りしています。

リセット水槽0816

水槽のリセットを決意して1ヶ月以上かかって、やっとリセットが完了しました。
それにしても、今年の夏は雨が多い。

リセット直後はエビ用の藻も付いていないし、プランクトンもいないので、エサは多めにやります。
多くのエビがいるので、エサが余ることはないでしょう。

ヒルと共に1000匹以上のスネールも撲滅しましたが、気づかないほど小さいスネールが水草に付いているので、いずれスネールが増えてきます。
水草を入れる以上はスネールの撲滅は不可能です。

それにしてもエビが増えすぎました。
関連記事
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL