2014年08月23日(土) 記事No.526
貧乏生活も長く続くと、何かを買うときには、かなりシビアになります。
同じものならより安いものを求めるし、同じ金額ならよりコストパフォーマンスのよいものを選ぶようになりました。
以前は考えもしなかったことです。
スーパーで冷凍ピザを買って(特に賞味期限が近い安売り)食べてみましたが、どうしても生地に不満が残ります。
偶然にコープで見つけて買ったプライベートブランドのマルゲリータですが、食べてみると満足ができる美味しさでした。
2枚入りで消費税込み600円弱なので1枚が300円弱です。
冷凍トマトと冷凍生バジルが乗っていて美味しいです。
結構はまっています。

マルゲリータ0823

マルゲリータ中身0823


マルゲリータなら白ワインですが、税込み400円から600円クラスを色々と試してみました。
これもコープのプライベートブランドで品種はダブルッツオのイタリアワインです。
これは特によいというほどではないのですが、かなり満足度が高いです。
400円、500円のワインを試しましたが600円出しても価値はあります。
以前は箱ワイン(フランスワインで1本あたり500円)を飲んでいましたが、こちらの方が好きです。
ただし、意外なことにファミリーマートでも売っている同じくらいの価格でチリのシャルドネとソービニヨンブランが負けず劣らず美味しいのです。
その昔に飲んでいた1本3000円のワインは今や夢幻の如くなりです。

赤ワインについては、少し違っていて、マルナカ箱ワイン(ボルドーのカベルネソービニヨン1本あたり500円)と宝島のチリワイン1本400円を好んでいます。
マルナカの箱ワインの白は一度買って飲みましたが、料理酒になってしまいました。
高温熟成していて、とても飲める代物ではありませんでした。

コンビニのワインはそれほど売れているわけでもないのですが、24時間営業のため高温にならないのです。

白ワイン0823

こちらはお好みソースです。
ビールもしくは赤ワインのあてにお好み焼きを作ることがあって、長い間オタフクのソースを使っていましたが、こちらのコープのソースの方が好みです。


お好みソース0823

コープで買い物をするときに、どこかのメーカーの商品はビッグやドラッグストアより高いのですが、プライベートブランドとたまに精肉コーナーに置いているハラミはお得で美味しいです。
関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL