2014年10月28日(火) 記事No.592
朝起きて仕事場の神棚の榊の水替えと

お供え物の取り替えをして

ろうそくに火を付けて

お参りをする

手前が天照大神、奥が八幡神社

3つ目の信仰神はまだ決まっていない

1年ごとに取り替えないといけないので迷っている

左の大きなお札は、61歳の厄年のため

八幡神社の厄落としのお札

手前のお守りは娘にもらったものだが

身につけずに何年も引き出しに入っていた

左から金比羅神宮、大山祇神社の仕事運、出雲大社の厄除け

お札やお守りは1年経つと効力が減っていくらしいので

効力はほとんどないかもしれないが

まだきれいなので毎朝胸に当てている

事務所の神棚1028



家に帰り鬼門の方角にあるお塚さまにお供えをする

こちらはろうそくの代わりに線香を立てる

榊と線香の組み合わせは

この地域だけの風習かもしれない

母親がずっと祀っていたのだが

数年前に脳内出血で身体を悪くしてから

放ったらかしになっていたので

3ヶ月余り前から祀り始めた


お塚さん1028


最近はカラスの仕業か

今日は水の入れ物と塩を入れている皿が

隣の畑に落とされていた

カラス被害1028




お祀りをした後5分後に戻ると

たぶんお供えの米を食べに来たところだったようで

スズメの群れが飛び立った

屋根を見るとカラスが覗っていたが

飛び立って近くの電線に飛んで行った

どうもスズメが食べる日とカラスが食べる日があるようだ

当初は1羽のまるまるとしたスズメが様子を覗っていたが

カラスも見つけたようで

途中から荒らされ始めた

カラス1028



そして、家の神棚へお参りをする

こちらは母親から家内が受け継いでお祀りしている

榊を枯らさないようにだけ注意をしている

家の神棚1028



最後に八幡神社へお参りに行く

八幡神社1028



順番は違っているかもしれないが

その辺はアバウトで・・・




にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村




関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL