2014年11月16日(日) 記事No.625
冬の北天に輝く一等星のひとつに、おおいぬ座のシリウスがある。

地球上から見ることのできる星の中で最も強く輝くこの星は、東洋では古くから「おおかみ星」「天狼星」と称されてきた。

天空にひときわ強く輝くその姿ゆえに、群れを離れた天駆ける孤狼を思わせる「天狼星」は、多くの人々に称賛よりは畏怖を、幸福よりは不幸を連想させてきた。

古今東西を問わず、「天狼星」は占星術の上では、兇星として位置付けられる。








にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村
関連記事
徒然 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL