2014年11月17日(月) 記事No.626
大学2年生の時に黒川紀章の講演会に行き彼に憧れた

黒のスリーピースに赤のネクタイをしていて

格好ええなあと思って

自分も同じ格好をした。

バロック論に感銘を受けたと言っていたので読んでみた。



賛成と反対を同時に望んでいる矛盾

重力によって下向すると同時に飛翔したいと望んでいる

鏡の前に立つ裸の女は、自分の眼の知性の輝きのために

登り来る本能が途中で見出すあの暗い茂みを忘れるのである。


超高層ビルの下に出ている焼き芋屋の屋台が

実にバロック的だと彼は言っていた。

晩年、彼が無謀とも思える東京都知事選に立候補をしたのは

自分なりのバロックを完結したかったのだろうか?





テレビドラマ版の失楽園の冒頭にバロック建築が出ていたのを覚えている

バロックは失楽園へのノスタルジーの中に生命のひそかな源泉を持っている






谷村新司も実にバロック的だ





アリス解散コンサート









にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

関連記事
建築について |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL