• メダカ カテゴリーの一覧

2017年07月09日(日) 記事No.1862
木曜日に6匹まで減っていた親メダカが

毎日1匹ずつ死んで3匹になった

今朝死んでいたのは白幹之

残っているのは白幹之2匹と白1匹のみになった

幹之0709


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年07月06日(木) 記事No.1860
親メダカをリセットした60㎝水槽に入れても

ほぼ毎日1匹ずつ死んでいく

6月17日に30匹いた親メダカが

大瓶で5匹死に次の日には25匹になった

現在60㎝水槽にいる親メダカは

白幹之3匹、白1匹、白光1匹、楊貴妃1匹にまで減った

60㎝水槽0706

里子に出したメダカたちはみんな元気だというのに、病気としか考えられないか

とにかく、残った6匹はこのまま見守るしかない


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年07月03日(月) 記事No.1858
室内水槽の水温も落ち着いたので

まずはバケツに入れていた親メダカを60㎝水槽に入れた

60㎝水槽0703

そして外の瓶で大きくなった紅帝を5匹室内40㎝水槽に入れた

紅帝40㎝水槽0703

よく見ると1匹が抱卵していたので

元の瓶の掃除をするのをやめて稚魚の孵化を期待する

小瓶0703

そしてかなり濁ってしまったエビの水槽

エビ40㎝水槽0703

こちらも掃除をして水を張っていた30㎝水槽に移動

エビ30㎝水槽0703

元いたエビの40㎝水槽は掃除をして

夕方に少し成長している稚魚を入れた


台風に備えて、雨で溢れるのも心配だけど

稚魚の場合は風がヤバイように思う

ビオトープはフタをするとして

タライの稚魚はもろに風の影響を受けるので

できるだけ多く室内の90㎝水槽に移した

90㎝水槽では個体の大きいのがいるので

これらは40㎝水槽と30㎝水槽に大きさで分けて入れた

30㎝水槽ミックス0703


小さな3つの瓶は風が強くなれば室内へ避難をさせる


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年07月01日(土) 記事No.1853
親メダカを入れている大瓶が汚れてきた

大瓶0701

掃除をしようとバケツに移動

親メダカ0701

ずいぶんと死んでしまい今は12匹になってしまった

その上、ほぼ死にかけている白幹之が1匹

白幹之0701

掃除をしようかと瓶を見ると、もう稚魚が3匹孵化していた

そう言えば前回の掃除から10日も経っている

この気温なら10日で孵化しても不思議ではない

掃除をやめて稚魚の孵化に使うことにした

これで瓶と水槽のほとんどが稚魚専用になってしまった


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月28日(水) 記事No.1846
残り少なくなった大瓶のメダカだけど

ホテイアオイをタライに移していたら大量に稚魚が孵化している

タライ0628

稚魚10628

稚魚20628


室内水槽で孵化した稚魚は1/10くらいしか生き残らなかったけど

屋外で孵化した稚魚は育ってきている


そろそろまとめないと、次に孵化させる容器がなくなった


にほんブログ村

メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月27日(火) 記事No.1843
紅帝の稚魚だけを入れていた瓶に黒メダカが1匹いる

黒メダカ0627

一緒に入れていた水草に卵が付いていたのだろう

他の紅帝と比べると極端に小さいので後から生まれたけど

紅帝も小さかったので食べられることなく育ったのか

100匹以上の稚魚が孵化しても全滅した水槽もあるというのに

メダカの世界も運のよいメダカは生き延びる


にほんブログ村

メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月27日(火) 記事No.1842
一昨日の大雨でメダカの瓶が増水したので

上の方の接着剤が残っている部分が水に浸かった

接着剤20627

白っぽく色が変わっているのが水に浸かった部分

接着剤10627

そして今朝2匹のメダカが死んでいた

白幹之と楊貴妃が1匹ずつ

死んだメダカ0627

そして元気がなくてエサを食べない楊貴妃が1匹

楊貴妃0627

水に浸かった接着剤を食べて消化ができないでいるのだろうか?


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月26日(月) 記事No.1841
外のビオトープや瓶は屋根がないので

雨が続くと水が溢れる心配をしなければいけなくなる

ビオトープ0626

ビオトープは先日の雨で水かさが増している

稚魚がいる

ので水のくみ出しはできない

豪雨になればフタをする用意はある

昼間ならよいけど、今日は夕方から夜にかけて降り出した


瓶は最悪室内に運び込むlことになる

以前は稚魚ごと水を汲み出し、バケツに入れてバケツを室内に入れたことがあった

瓶0626

今までも梅雨や台風時の豪雨では室内に避難させたことがある


大瓶は運ぶことはできないので水を汲み出す以外にない

大瓶0626

台風時は何度も夜中にサイフォンで水抜きをしたことがあった

成魚ならよいのだが、稚魚では水を汲み出すことはできなくなる


梅雨時期よりも台風の方が心配だったが

最近の雨はゲリラ豪雨があるので気が抜けない


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月26日(月) 記事No.1840
1ヶ月半あまり前にビオトープや瓶で違う素材を使い作ってみた

一番変化が現れたのは田んぼの土で作った瓶

5月4日 瓶に田んぼの土を入れて水を張る

田んぼの土0504


5月7日 濁った水が少し落ち着いたのでメダカを入れた

3色魚鱗0507


5月20日 水が完全に澄んでいる

3色魚鱗0520


6月25日 自生の水草が生えている

瓶0625


他の赤玉土や砂利のビオトープには自生の水草は生えないので

田んぼの土が一番環境がよさそうだ



にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月24日(土) 記事No.1837
最初稚魚が多かった楊貴妃のビオトープは約20匹から増えていない

ビオトープ10624

初めは少なかった白と幹之系稚魚は約30匹まで増えている

ビオトープ20624

稚魚0624


にほんブログ村






メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月24日(土) 記事No.1836
昨日に続き大瓶のメダカは1匹も死んでいなかった

1匹だけゆっくりと瓶の縁を回っている

エサをやっても食べない

先日、同じような行動をしていたメダカを隔離したらその日のうちに死んでいた

他のメダカに比べて色も変わってきているので死期が近いと思う

小さなタライに隔離した

白系0624


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月22日(木) 記事No.1834
親メダカを移して6日、外のビオトープでは稚魚が増えてきている

白と幹之系の稚魚で20匹以上確認できる

ビオトープ10622

楊貴妃の稚魚で30匹くらいは確認できる

ビオトープ20622

親メダカを移して7日の瓶でも稚魚は増えている

白系光の稚魚で30匹くらいいる

瓶20622

瓶2稚魚0622


田んぼの土から草が自生してきた

3色魚鱗の稚魚で20匹くらいいる

瓶10622

個体差がついている

瓶1稚魚0622


ビオトープも瓶もバクテリアが発生しているので水質が安定している


室内の60㎝水槽でも黒メダカを飼っていた時の水草から20匹以上の稚魚が生まれている

ただしこちらは余ったエサで油膜ができているので水質がよろしくない

60㎝水槽0622

やはり稚魚の飼育は外がよい


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月20日(火) 記事No.1831
今朝メダカの瓶を掃除していると老齢のご婦人が話しかけてきた

道路に面した所へ瓶やビオトープを置いているので通行中に見るらしい

掃除をしていると5回に1度くらい声をかけられるけど70歳以上の女性が多い

大抵の人が家でメダカを飼っている人

たまには若い女性も声をかけてくれると嬉しいけど今まで1度もない


そのご婦人は家で金魚とメダカの他にホッピーを飼っていると言い

色もカラフルでたくさんいるのであげようかと言ってくれたけど

メダカで手一杯なので丁重にお断りをした

亡くなったご主人が金魚を好きで飼っていたらしいので

淡水魚を飼っていると親しみがわくのだろうか?

瓶の水を流したいのに前にいるので流せない

直径が67㎝で高さ40㎝の瓶なので、瓶を持ち上げて水を流すのも一苦労だし

流すとドバッと水が流れてしまいます

結局話しに付き合ってから掃除を終えて

そう言えばホッピーとか言っていたけど聞いたことがない

ネットで検索してもアルコールのホッピーしか出てこない

グッピーをホッピーと言ったのか?

23865594.jpg



にほんブログ村



メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月20日(火) 記事No.1830
今朝も大瓶では4匹のメダカが死んでいた

7匹いた青幹之は今日で全滅した

30匹いた楊貴妃は12匹まで減った

昨日弱っていた楊貴妃はタライの中で夕方には死んでいた

原因の1つかもしれない接着剤を除けようと

残ったメダカをバケツに移し

バケツ0620

大瓶を掃除して接着剤を除けた

水に浸かっている部分はすぐに取れた

接着剤0620

当初は接着剤が溶けて水を汚染しているのかと思ったけど

もしかするとメダカが食べたのかも知れない

海の魚や鳥が死んで胃袋からプラスチックが出て来たというのを思い出した

こんなに簡単に接着剤が取れるならメダカが食べた可能性もある

他の水槽やビオトープでも死んでいるので病気の可能性もあるけど

とりあえずこれで様子をみることにした

大瓶0620

水温が馴染むまでしばらくの間メダカにはバケツの中で我慢をしてもらう


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月19日(月) 記事No.1829
残り25匹になった親メダカですが、今朝は珍しく1匹も死んでいない

大瓶0619


エサをやると我先に泳いで来るのに

1匹の楊貴妃はエサを食べずに瓶の縁をゆっくり回っているだけ

目の前に浮かせても食べない

弱っているなと思い隔離することにしたけど

ほとんどが稚魚用になっているのでタライしか残っていない

タライ0619

余っているホテイアオイと水草を入れているので

こちらに楊貴妃を隔離してみた

タライ楊貴妃0619

室内水槽の稚魚は激減しているものの

残っている稚魚は結構な大きさに成長した

水槽楊貴妃稚魚0619

最初に黒メダカだけを入れていて一時期楊貴妃を同居させていた60㎝水槽

60㎝水槽0619

大量死したのでメダカを大瓶に移して水槽を掃除して

水草だけを入れていたら水草に付いている卵から12匹の稚魚が孵化していた

60㎝水槽稚魚0619

最初は黒メダカの稚魚はいらないと思っていたけど

親メダカが1匹になってしまったので黒メダカの稚魚も必要になった

稚魚の数は全部で100匹あまりになっている


にほんブログ村





メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月18日(日) 記事No.1827
親メダカを全部入れた大瓶では

今朝見ると楊貴妃4匹が死んでいた

大瓶0618

親メダカは現在25匹しか残っていない

昨日親メダカを大瓶に移したあとビオトープでは

ビオトープ10618

楊貴妃の稚魚が約10匹孵化している

ビオトープ1稚魚0618

白系と幹之のビオトープでは

ビオトープ20618

やはり約10匹の稚魚が孵化している

ビオトープ2稚魚0618

1週間前に親メダカを移した瓶

底に田んぼの土をいれている3色魚鱗系と楊貴妃

瓶10618

こちらは約20匹の稚魚が確認できた

瓶1稚魚0618

白系の光メダカを入れていた瓶

瓶20618

こちらも約20匹以上は孵化している

瓶2稚魚0618


室内水槽で孵化した稚魚はほとんど死んでしまった

5つの水槽には40匹くらいの稚魚しか残っていない

どれだけの稚魚が親に成長してくれるのか


にほんブログ村




メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月17日(土) 記事No.1826
今朝、楊貴妃を大瓶に移した2時間後にビオトープで稚魚を2匹確認した

稚魚0617


幹之系のメダカをもう少しそのままにしようと思っていたけど

稚魚の孵化を期待して大瓶に移動させることにした

幹之ビオトープ0617

移動した大瓶はカラフルになった

これが全ての親メダカで30匹くらい

大瓶20617

大瓶でまた死ぬようなことになれば移動先を考えないといけなくなる


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月17日(土) 記事No.1825
そろそろ稚魚の孵化のために、ビオトープからメダカを移そうかと思っていた矢先

今朝ビオトープを見ると上から見えるだけで4匹

ビオトープ0617

探すと全部で6匹死んでいた

楊貴妃5匹と3色魚鱗1匹

それから幹之系を入れているビオトープでは

白幹之が1匹死んでいた

なんでこうも多くのメダカが死ぬのか訳が分からない


大瓶でもほとんど死んでしまって楊貴妃1匹と黒メダカ2匹になっている

ビオトープから楊貴妃を移動させるのは大瓶しかない

思い切って大瓶に楊貴妃を移動させてみた

大瓶0617

ビオトープで楊貴妃の稚魚が孵化してくれればよいのだけど


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月14日(水) 記事No.1821
数百匹は孵化した稚魚も今は水槽ごとに数少なくいることはいる

最初の孵化水槽は初期の孵化した稚魚は全滅しており

後から足したのが約20匹くらいで大して成長していない

稚魚水槽30614

2番目に孵化水槽にした2つの小さな水槽では

楊貴妃系の孵化水槽

稚魚水槽10614

幹之系の孵化水槽

稚魚水槽20614

それぞれ150個を超える卵を採取して入れたけど

そこそこの大きさに育ったのは両方共5匹ずつの稚魚

さらに10個以上のホテイアオイを入れて数百の稚魚を期待した90㎝水槽

90㎝水槽0614

最初は100匹以上の稚魚の姿を見ていたけど

どんどん減って今は20匹の稚魚がいるかどうか

3色魚鱗を買っていた瓶から親メダカを引っ越しさせて孵化したのは5~6匹

中瓶20614


同じく白系のメダカを飼っていた瓶から親メダカを引っ越しさせて

孵化しているのは20匹くらいいる

中瓶10614010

今の所は全部で70匹くらいの稚魚しかいない

親メダカさえいれば、これからいくらでも生まれる

親子とも死なない環境をつくらないと


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月14日(水) 記事No.1820
去年から外の大瓶で越冬して4月には50匹くらいいたメダカたち

冬にはほとんど死ぬことがなかった

この大瓶のひび割れを補修するために室内の90㎝水槽に移したことから始まった

室内水槽は去年の冬から水を抜き空家になっていたのを

砂利を洗い水を張って50匹のメダカたちを引っ越しさせたが

毎日メダカが死んでいく

それで接着剤で補修をした大瓶に戻した

今度はもっと多く死んでいった

接着剤から毒素が出ているのかと思い、20匹の黒メダカがいる60㎝水槽に同居させた

黒メダカは強くて1匹も死ななかった

そのうちの6匹を知人にあげたので、14匹の黒メダカと20匹に減ったメダカを同居させた

黒メダカ以外は次々と死んでいった

そして残ったのは楊貴妃2匹と白メダカ1匹

この3匹を外の大瓶に再度水を張り引っ越しをさせた

ひび割れ補修をしてから3週間が経っていたので、もうよい頃かと

すると残った60㎝水槽の黒メダカたちが死にはじめた

半数になったところで7匹を大瓶に移し

60㎝水槽を掃除してリセット

その7匹の黒メダカのうち4匹が大瓶で死んでいた

そして1匹だった白メダカも死んだ

残ったのは楊貴妃2匹と黒メダカ3匹の5匹だけ

大瓶0614

この2ヶ月くらいで1/10に減った

一体なにが悪いのか


にほんブログ村



メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月11日(日) 記事No.1818
中瓶0611


3色魚鱗の瓶のメダカにエサをやる時に昨日より2匹減っているのに気づいた

よく見ると3色魚鱗1匹と楊貴妃1匹が死んでいた

楊貴妃はメダカの中では一番大きくて、体長が4㎝あった古株でボス的存在だった

3色魚鱗が1匹死んで全部で3匹になってしまった

この瓶で1匹の稚魚を見つけてすくった

それじゃあ予定を変更

3匹の親メダカを移動して稚魚の孵化を待ってみよう

楊貴妃ビオトープ0611

3色魚鱗の3匹は楊貴妃のビオトープに移動した


昨日大瓶に水を張りホテイアオイを12個入れているけど

稚魚が1匹も孵化していない

大瓶0611

まだ何匹かは孵化するはずなんだけど


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月08日(木) 記事No.1811
室内90㎝水槽に湧くアブラムシ

水面から出ているマツモ

アブラムシ10608

それにアナカリスに付いている

アブラムシ20608

早速千切ってビオトープのメダカに与えるとすぐに食べ尽くしてくれる

弱いメダカが、この時はサメの群れに見える


すると鳥の羽が落ちている

スズメの羽0608

これはスズメの羽毛、さてはメダカを狙って降りてきた様子

縁に止まっても水面には届かないので大丈夫だと思うけど

以前友人の家のメダカの瓶にスズメの水死体があった

メダカを食べようと水に落ちておぼれたようだった

でもそこは瓶の中にスズメが止まれる足場があったので何匹かは食べられていた

それに味をしめたスズメが無理をして水に落ちた

鳥の中では最弱のズズメもメダカには天敵

それよりも、たまに田んぼで見かけるサギに狙われたら打つ手がない


にほんブログ村

メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月07日(水) 記事No.1809
今朝90㎝水槽を見るとアマゾンフロッグビットにびっしりとアブラムシが

浮草0607

ホテイアオイにまでいる

ホテイアオイ0607

外は雨だし面倒くさいけど、親メダカのエサになってもらおう


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月07日(水) 記事No.1808
60㎝水槽で毎日メダカが死んでいくのが

今日はやっと止まった

60㎝水槽0607

昨日水草をバケツに移してメダカが動きやすくしてみた

水草0607

今朝見ると、水草に付いていた卵から稚魚が3匹孵化していた

稚魚0607

稚魚は生まれているのに、途中で死んでしまう


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月07日(水) 記事No.1807
昨日は九州が梅雨入りして、今日は雨の予報だったので

四国も梅雨入りすると思っていたら、やはり梅雨になりました

これから1ヶ月半ジメジメとした季節ですが、梅雨もないと夏には水不足になるし

梅雨は梅雨でそれなりの情緒もある

空だった大瓶にも雨水がたまっている

大瓶0607

瓶にも

瓶0607

ビオトープにも雨が

ビオトープ0607

雨が降るとメダカたちは何だか楽しそうに見える


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月06日(火) 記事No.1806
60㎝水槽のメダカだけが死んでいる

朝2匹と夕方2匹

メダカの死0606

それも楊貴妃と白系だけで、先住の黒メダカは死なない

去年から冬を越してきた黒を除くメダカが多く死んだ

50匹くらいはいたと思うけど、もう10数匹になってしまった

外の大瓶の補修をせずにそのまま飼っていれば死なずに残っていたのだろうか

病気かストレスか原因が分からない


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月05日(月) 記事No.1804
元々は外の大瓶で飼っていてめったに死ななかったメダカたち

水漏れを補修するために室内の90㎝水槽に入れたら毎日死んでいく

それで補修して丸1日経った大瓶に戻すともっとたくさん死んでいく

接着剤が原因だと思い60㎝水槽の黒メダカと合流させた

大瓶のスイレンも入水槽に入れたので狭くなり窮屈そうだった

そして今日2匹の楊貴妃が死んでいた

楊貴妃0605

外のメダカは自由に泳ぎまわっているのにスイレンのためにあまり自由に泳げない

そこでスイレンを外の小瓶に移した

瓶0605

こちらのメダカは小さいのが5匹なので大丈夫かな?


スイレンがなくなった60㎝水槽はメダカたちがある程度は自由に泳げるのでストレスがなくなればよいのだけど

60㎝水槽0605



にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月04日(日) 記事No.1803
4月から5月にかけて採取して孵化させて育てようとした約500個のメダカの卵は

ほぼ全滅に近い

孵化したけどエビに捕食されたのは250匹くらい

残っている稚魚は50匹いるかどうか

幹之と楊貴妃を分けて入れた孵化水槽はそれぞれ100個くらいの卵を入れたけど

育っているのはそれぞれの水槽で約10匹ずつくらい

稚魚水槽0604

この2つの水槽にはエビもいないのに孵化していないのか

なぜ稚魚が育たないのか訳が分からない


そこで調べてみたら

稚魚が育たない一番の原因は餓死らしい

稚魚用のエサは与えていた

エビが同居している水槽は稚魚が残してもエビが食べると思い多目に与えていた

エビがいない水槽では残ると水質が悪化すると思い少なめに与えていた

これが少なすぎたのかも知れない


エビに捕食された事でもかなりショックだったけど

外に置いておくとボウフラが湧く

このボウフラにさえメダカの稚魚は補食されるらしい

とりあえずエサを多目にあたえてみることにする


にほんブログ村

メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月04日(日) 記事No.1802
アマゾンフロッグビットを室内水槽と外の瓶やビオトープに浮かばせている

室内水槽は日が当たる時間が少ないので一番青いし根も伸びない

ただ最近アブラムシが付いていて葉を食べている

稚魚水槽10604

毎日ビオトープの親メダカに食べさせているけど次の日はまた付いている

稚魚水槽20604

外の瓶で少し影になる部分はまだ緑色を保っているけど根は伸びている

根が伸びると藻が付くので時々切っている

中瓶10604

昼から西日が当たるビオトープはもう捨てないといけないくらい茶色になっている

ビオトープ0604

こうなるとアブラムシも美味しくないのか付いていない

アマゾンフロッグビットはうまく育ってくれない


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年06月03日(土) 記事No.1801
瓶とビオトープで何種類かを試している

田んぼの土を沈めた瓶

土の濁りが落ち着くまでに日数がかかったけど水が一番澄んでいる

ミジンコなどもいるしバクテリアもいるので水替えの必要がない

田の土0603


次は意外なことにメダカを買った時に底に沈んでいた黒い軽石

たぶん小さな穴が多いのでバクテリアがいるのだろう

水は結構澄んでいる

軽石0603


三番目は赤玉土のビオトープ

こちらもバクテリアがいるのだろうと思うけど藻が付くので藻を除けている

赤玉土ビオトープ0603


四番目は砂利を入れたビオトープ

水が緑色になって来ている

砂利ビオトープ0603


一番汚れているのは水だけの瓶

小瓶0603


手間から考えると軽石が良さそうだけど、どこにあるのか分からないし金額も分からない

手間がかかるけど田んぼの土は無料、しかし掃除はできない


にほんブログ村
メダカ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |